新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2021J1シーズン第13節:浦和-仙台(彩艶さんとユンカーさん)


すっかりお得意様にさせていただいている

仙台との一戦でした。

  

スタメンは、4−4−2。

GKは鈴木彩艶。

DFは右から西、岩波、槙野、明本。

中盤は右から関根、阿部、伊藤敦樹、小泉。

FWは武藤、ユンカー。

 

鈴木彩艶、ユンカーはリーグ戦初出場!

 

 

【前半】

とにかく噛み合わずという感じ。

 

小泉が自陣深いとこでミスパスしたり、

周りから「ヨシオー」という声がすごくかかる。

噛み合わないポジションだったせいか、

それとも疲労のせいか。

 

多分、左サイドバックの明本を前に

押し出したかったんでしょうが、そこがギクシャク。。

 

ユンカーのとこには、

なかなかボールが回ってこない感じでした。。。

武藤からのセンタリングを頭であわせるも枠外、

というのが一番惜しいシーンだったかと。

(敢えてユンカーに関するブログを読まないで

 試合を見たのですが、あんまりヘディングが

 得意でないことはわかりました。

 浦和あるあるの「背が高いのにヘディング苦手」の

 系譜を見事にひいてるFWかと)

 

GK鈴木彩艶は、先に記した「小泉のミスパス

誘発した仙台のシュート」をブロックしたことで

多分方の力が抜けたのかと。

ハイボールへの抜群の安定感(ニョキッと手が伸びて

くる感じ)ととにかく飛ぶゴールキック

存分に披露してました。

 

【後半】

修正には定評のあるリカルド・ロドリゲス監督。

選手は変えなかったのですが、西がボール回しに

積極的に参加するように(ファルソ的なもの?)。

その結果、西、阿部、関根でなんとなくリズムが

出せるようになってきました

 

仙台は手倉森サッカーの代名詞である

「アフターチャージ(危険なバックチャージ)」で

対抗するものの、右サイドの3人のパス交換で

なかなかそれを発揮する機会もできず。

 

浦和は関根が自陣CKの混戦から抜け出し

かなりの長い距離をドリブル独走し、

前方を走るユンカーへスルーパス

ユンカーはいいシュートを打つも相手GKに

弾かれるなんてこともありました。

(ユンカーは両手を上げて「違うんだよ〜」

 的なアクションをしていた)

今思うと、かなり浦和ペースになってたのかと。

 

そして、そうこうしているうちに、

浦和が先制点を取ります。

 

右中盤にいた西が、右サイドに張っていた関根にパス

→関根がペナルティエリア付近にいた小泉にパス

→小泉がさらに中にいた武藤にパス

ペナルティエリア中央にいたユンカーが右斜め前に流れる

→武藤がすかさずユンカーにスルーパス

→ユンカーはたっぱを活かして左アウトでトラップ、

 その後GKの動きを見て左アウトでゴールに流し込む

 

たまたま目の前で見ていたのですが、

とにかくキレイな流れでした!


f:id:sandplover_petro:20210509191936j:image

 

そして、関根からのパスを受けた小泉が

ドリブルで仕掛けたとこで、

仙台DFがたまらず肘鉄を小泉に喰らわせて

浦和がFKを獲得。

 

小泉と阿部がスポットに立ちました。

このときは、あまり過度な期待をしてませんでした。

多分直接決まることはないんだろうな、と。
f:id:sandplover_petro:20210509212801j:image

 

でも、この期待はいい具合に裏切られました!

蹴ったのは阿部。

f:id:sandplover_petro:20210509212833j:image

このFKが見事にゴールに吸い込まれました!

本人がインタビュー時に「多分入ったと思った」と

言ったくらいのシュートでした。

 

これで、浦和はぐっと楽になりました。

気をつけるのは出会い頭的なことだけ。

「世界を知っている」マルティノスのシュートには

多少肝を冷やされましたが、

それは鈴木彩艶がきちっとセーブして事なきを得ず。

(基本は対面の明本にノーファールで潰される

 パターンでした)

相変わらずブーブー言ってるんでしょうが、

まぁ元気でやってるようです。


f:id:sandplover_petro:20210509214323j:image

 

試合は、浦和が2-0で勝ちました。

前半の内容はオイオイという感じでしたが、

後半は持ち直してというとこでしょうか。


f:id:sandplover_petro:20210509230047j:image

 


f:id:sandplover_petro:20210509230101j:image

 

 

【選手採点】

GK;鈴木彩艶(6.5)

リーグ戦初出場も、ミスっぽいミスは1つくらい?

ハイボール処理の安定感とキックの飛距離が抜群。

 

DF;西(6.5)

後半はボール配給の起点のひとつとなる。

バランスを取れる貴重な選手。

 

DF;岩波(5.5)

決定的なミスはなかったものの、不安定感が…。

とはいえ、槙野と共に無失点で試合を終えた。

 

DF;槙野(6.0)

岩波とは対象的に力強さが目立った。

対面の荒いFWをなんとか抑え込んだ。

 

DF;明本(6.5)

前半は仙台の攻撃の矢面に立つことが多かったが、

後半は左サイドの上下動を繰り返し行い

ほぼ制圧に成功。

ちなみにマルティノスは明本タイプが多分苦手。

 

MF;関根(6.0)

調子は決して悪くなかったが、試合の波に

乗り切れなかったのかも。

それでも、2得点には関与した。

 

MF;阿部(6.0)

久しぶりにFKからのゴールを決める。

前半はバランス取りに工面するも、

後半は西と共に右サイドの攻略に一役買った。

 

MF;伊藤敦樹(5.5)

本人も認めているように、多少思い切りが

かけてきているのは感じられる。

後半は主に左サイドのフォローに走っていた

印象が強かった。

 

MF;小泉(6.0)

前半は役割を明確に落とし込めなかったことが

あったのかも。前線に出るとさすがのプレーで

攻撃に貢献した。

 

MF;ユンカー(6.5)

エリア内では決定的な仕事ができることを

証明した。ゴールシーンは見事!

ただ、「背が高いのにヘディングが苦手」という

浦和の長身FWの伝統も漏れなく受け継いでいる模様。

 

FW;武藤(6.0)

ゴールこそなかったものの、ユンカーへのアシストで

存在をアピール。

 

FW;杉本(5.5)

ユンカーと交代して出場。

ユンカーと比較してしまうとその存在感が…。

動き回れるのは相変わらずだが、先を読んだ動きが

できなければ…。

 

FW;興梠(5.5)

武藤と交代して出場。

相手DFとのかけっこに優勢勝ちできるくらいまで

体を絞れてきたのでは?

あと数週間で初ゴールが取れるのでは?

 

MF;金子(5.5)

阿部と交代して出場。

前を向いてプレーしようとする姿勢は垣間見えた。

 

MF;汰木(6.0)

小泉と交代して出場。

珍しく?右サイドにも頻繁に顔を出してプレー。

キープ力は現チームの中でも有数であることは示した。

 

MF;田中(5.5)

関根と交代して出場。

スピードを活かしたプレスは相変わらず。

もしかしたら、周りに気を使いすぎていて

自分のプレーが出せてないのかも

(戦術理解してないというよりも)

 

 

 リカルド・ロドリゲス監督(6.5)

小泉をサイドに置くのがあまりうまく行ってないのは

案外悩みのタネなのかも。

ただ、補正自体は相変わらず的確。