新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2021-01-02:板橋区の保育園探しアプリのアップデートをしました(1次選考終了時の欠員情報更新)

板橋区の保育園探しアプリ、更新してみました。

前回の更新で、令和2年度の更新は一旦終了となるはずだったのですが、、、

更新することにしました。

 

itabashi-nurserylist.glideapp.io

 

更新内容;

 

 

1.令和3年4月入所(1次選考終了時点)の欠員情報更新

年末に、板橋区から「令和3年4月入所分の1次募集終了時点の

入所最低指数」が公表されました。

この指数については今回は触れませんが、この情報には

1次選考時の欠員情報もありました。

 

これって2次募集をする方にとってはとても大事な情報になります。

欠員がある保育園の中から、入所可能な保育園を選ばないと

いけないので。。。

 

「この情報をどう更新するか」ということを年末年始で考えました。

かっこいい形で更新するのもよいのですが、年末年始で探される方も

いらっしゃると思ったので、「特記事項」に埋め込む形にしました。

 

2.欠員情報の見方(こうやって調べてください!)

肝心の欠員情報ですが、こうやって見ます。

1.アプリを開き、画面右下の

 「板橋区内保育園リスト」をタップします。

2.その後、画面右上の「虫めがね」アイコンをタップします。


f:id:sandplover_petro:20210103010304j:image

 

3.テキスト検索画面が表示されるので、

 「◯歳欠員」と入力してください。

 ※「◯」は、検索したい年齢を入力してください。


f:id:sandplover_petro:20210103010319j:image

 

4.【特記事項】欄に、欠員のある年次と欠員数が表示されます。

 

f:id:sandplover_petro:20210103004244j:plain

 

 

3.予想値とのズレが発生しているケース

実際の欠員数と、画面中央にある予想値とで

数値のズレが発生していると思います。

(かなりの確率で発生しているかと)

 

その場合は、【特記事項】に書いてある数値を信頼してください!

 

ズレが発生していると思われる理由を少し推測しました。

多分、こういった理由かと思います。

 

現時点で在籍している方が何らかの事情で退園されたりしたケースになります。

例えば、4歳児クラスの定員が14で、3歳児クラスの園児数が10人だったとします。

この場合、予想では4歳児クラスの入園可能数は4名となります。

しかし、現在の3歳児クラスの生徒がなんだかの理由で2名退園した場合、

4歳児クラスの入園可能数は6名になります。

こういった変化が、多くの保育園で発生しているのではと思います。

 

 

4.欠員の発生状況のばらつき

当然のことながら、応募時点で応募の多い保育園があったり、

入りやすい年次、そうでない年次があります。

 

例えば、1歳児は当然のことながら激戦区で、

空きがある保育園は2つとなっています。

一方、4歳児や5歳児となると、相当数の欠員があります。

 

年次だけではなく、立地条件(駅チカであること)などの

条件も当然あります。

 

「保育園が足りない!」と叫んでいるテレビ局は政党がよくいますが、

彼らがこういったばらつきを把握して叫んでいるのかはよくわかりません。

ただ、「年次によるばらつき」、「その他条件によるばらつき」は

当然のことながら発生します。

数そのものが足りないのもあるのですが、需要にあった保育園が

足りていないことのほうが重要な問題なのかと思います。

 

少し横道にそれましたが、

当アプリを有効利用いただくことで、少しでも効率よく

みなさまの需要にあった保育園を見つける際の助けになれれば幸いです。

 

 

 

という感じではありますが、

よろしかったらぜひスマホ

アクセスして試してみてください!

(デスクトップに保存しておくと、アクセスも楽です)


f:id:sandplover_petro:20210103010427j:image