新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

都知事選に立候補していた小野泰輔さんの本を読んでみる

 

春先の東京都知事選で、

注目していた小野泰輔さん。

 

都知事選終了後は、以前副知事を務めていた熊本県

災害ボランティアに行っているとの話を聞いていました。

 

ところが、ひょんなことからいつの間にか

書籍をだしていたことを知りました。

 

kindle unlimited に含まれていたので、

早速読んでみました。

 

内容は、特に目新しいものはありませんでした。

多分、twitterハッシュタグの内容にプラスアルファをした

感じなのかなと思います。

都知事選のときに色々と注目していたこともあったので、

 既に知っていたというのが正直なところです)

 

しかし、twitter というものはどうしても情報が流れてしまうものなので

kindle版という形であれ書籍にまとめたのは良いことだと思います。

(タイトルに61万票と出ていますが、維新の会の全面サポートが

 あったことも正直大きいのか、と)

 

底が浅い政策とも言い難い発言しかしなかったり、

耳聞こえのいいワンフレーズのキーワードしか言わなかったり、

とりあえず政府を批判しとけばいいや的な候補が多い中で、

小野泰輔さんの主張する政策には比較的頷けるものが大きかったな、と。

 

とはいえ、疑問も思うところもそれなりにあったのも確かです。

それゆえに、twitterハッシュタグを追いかけていたのです。

そのハッシュタグの返信で、丁寧に答えていたのがとても印象的でした。

(少なくとも、緑のひとよりも数段具体的なことを言っているのは

 把握できました)

 

「国政に出るための布石」とか、「経験が不足している」とか、

なんとか太郎さんのシンパから「レイシスト」だとか言われてましたけど、

ホントの意味で全うなことは言っていたのではないかと思います。

(国政に出るための布石、というのは当たってはいると思うのですが)

 

小野泰輔さんは、自分と同年代ということもあるので、

今後も勝手に注目していこうと思います。