新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第24節;浦和vs仙台(こうもチームは変わるものか。。。)

 

f:id:sandplover_petro:20201019003117j:plain

前節出場停止のDFデンは引き続きベンチ外。

小破でもしてるんでしょうかね?

 

先発メンバーは、前節柏戦から変わらず。

Winning teams never change というか、

勝ってもいないけど前節水曜日と同じメンバーでした。

 

柏戦が再開後最もまともな試合だっただけに、

大槻監督がメンバーを変えたくなかった理由もわかります。

 

 

ボランチ2名は、長澤とエヴェルトン。

「どっちかが中盤に鎮座して、どっちかが攻める」という

タイプではないので、どう出るかと思ったのですが

ズバリ吉とでました。

 

仙台の中盤が脆弱ということもあったにせよ、

あれだけ前方にも顔出していればまぁ仙台にとっては

脅威だったはずだ、と。

しかも左には最近覚醒した感のある汰木がいるし、

右にはいろいろと厄介なマルティノスがいます。

 

DFラインでボールをとって素早く回そうとしても、

汰木にパスカットされるシーンもよくありました。

汰木のポジショニングが今までよりよかった風にも見えたのですが、

多分ゴールをあげて一気にまわりが見えてきた感じなのかと

思います。

 

チーム状況が浦和以上に上がらない仙台にとっては、

いくらマルティノスを抑えたとしても、汰木がいるし、

長澤やエヴェルトンも上がってくる、さらには普通に苦手の興梠もいると

きたら、パニックになるしかないような気も(加えて武藤もいる)。

 

CBシマオ・マテの相棒はユースから引っ張り出してきた選手で、

まぁすっかりパニックになってた気が。

シマオ・マテもほとんど何もできてなかった気もしますが。

彼はファウル上等のチームじゃないと活きないのですかね。

来年あたりしれっと清水あたりにいるかもしれませんが。

 

浦和はサイドが蹂躙でき、中央も突破できる、しかもロングボールも

供給できるとなるとまぁ楽な展開でした。

中盤が自陣ゴール前まで戻りボール奪取し、テンポよくつなぐ

切れ目のないサッカーをしたのも大きな要因だとは思いますが。

 

とにもかくにも、興梠が言うように「ウチが強かったのが相手に

問題があったのかわからない…」というのが正直なとこかと思います。

 

浦和が先制点をとれば強いのは周知の事実ですが、

以下の3つの事実もありましたので。。。

 ・仙台のCHからのパスが緩い

 ・仙台がまともにボールを納められない、

 ・仙台が浦和殺しのパターンを多く発動できない(しない)

 

マルティノスのFK、アシストしたときの切れ込み、

汰木の吹っ切れたようなアシスト(ヒール含む)、

興梠の難しい体勢からのヘディングシュート、

レオナルドの変態的なトラップからの6点目、

決まらなかったけどもエヴェルトンの地味にレベルの高い

トラップからのシュートなどなど。

まぁ今日の浦和はいいとこが多くありました。

 

でも、相手がJ1最下層を漂う仙台というのも事実。

セレッソ戦はそんなにうまくいくわけはないので、

どうやっていくのかは注目です。

 

にしても、チームの流れが変わるとこうも変わるもんなんでしょうか。

 

なお、ボール支配率は見事に40%。

知る人ぞ知る21世紀初頭のマラガのハンマーパンチのようなサッカーを

繰り広げました。

シュートの数も両チーム変わらないのに、この得点差ですからね。

f:id:sandplover_petro:20201019003320j:plain

  

以下、DAZNで見ていた感覚を。

 

GK

西川(6.5)  

※報知; ※サカダイ;

地味にファインセーブを随所に見せていました。

久しぶりの文化シヤッター

 

DF

橋岡(6.5)

※報知; ※サカダイ;

最後のクロスはよく上げ切ったと思います。

 

岩波(6.5)

※報知; ※サカダイ;

 

久しぶりの無失点に見事に貢献。

精度の高いロングフィードも見せていました。

 

槙野(6.5)

※報知; ※サカダイ;

仙台の1トップにほとんど仕事させなかったように思えます。

水際で良く踏ん張ったなと。

 

宇賀神(6.5)

※報知; ※サカダイ;

 

気の利いたプレーは相変わらずです。

 

マルティノス(6.5)

※報知; ※サカダイ;

 リーグ戦の今シーズン初ゴールはまさかのFKから。

相手ペナルティエリアの深くに侵入させたら

相当怖い選手(気分が乗っていれば)。

レオナルドへのアシストもかなりのものだったと思います。

f:id:sandplover_petro:20201019004002j:plain

 

長澤(7.5)

※報知; ※サカダイ;

 

良く走りこんだ先制点といい、攻守に絡む運動量といい、

とにかく仙台を蹂躙していたように思えます。

柴戸に決定的に欠けている攻撃的な要素があるので

しばらく重用されると思われます。

 

エヴェルトン(6.5)

※報知; ※サカダイ;

後半のゴール前でのトラップ~シュートの流れは

点にはならなかったけれどハイスキル。

涼しくなって調子が戻ってきた?

 

汰木(7.0)

※報知; ※サカダイ;

2アシストは見事。自信が出てきたというのは簡単だけれど

ホントに自信が出てきたんでしょうね。

あとはセレッソみたいにしっかりしたチームとやったら

どうなるかってとこですかね。

 

興梠(7.5)

※報知; ※サカダイ;

柏戦の落とし前はつけたと思います。

これぞ興梠というプレーを随所で見せていたように思います。

f:id:sandplover_petro:20201019004518j:plain

 

武藤(7.0)

※報知; ※サカダイ;

チームの潤滑油となり、浦和の攻守をホントに影から支えてました。

古巣仙台というのもあったんでしょうが。 

 

【途中出場】

杉本(6.0)

※報知; ※サカダイ;

レオナルドの6点目につながるパスは彼から。

汰木ともいろいろあってきた気がします。

 

柴戸(6.0)

※報知; ※サカダイ;

ケガから復帰したものの、長澤と比べるとやっぱり

見劣りが。。。攻撃面をどうにかしないとですかね。。。

 

レオナルド(7.5)

※報知; ※サカダイ;

6点目の変態的なトラップからのシュート、ポストにぶつけてしまった

シュート、見どころはたくさんありました。

f:id:sandplover_petro:20201019004935j:plain

 

 

 

山中(6.0)

※報知; ※サカダイ;

チームの勢いに乗れつつあるようにも思えました。

しばらくは途中出場が続くか?

 

【監督】

大槻監督(6.5)

※報知; ※サカダイ;

 

多分、やりたいことは表現できてたんでしょうね。

仙台のクセをおそらくしっかり見抜けて、汰木などに

落とし込めていたんだと思います(珍しく)。

さて、セレッソ戦はどうなるか?