新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第19節;浦和vs横浜FC(埼スタにて内部崩壊の進捗を確認する。。。)


f:id:sandplover_petro:20200926233127j:image

浦和は、三ツ沢でのしっぺ返しを食らいました。

 

まずは失点シーン。


1失点目は西川のいらんパフィードミスから

ショートカウンター気味に決められる。。。

 

2失点目は柏木が痛んでいて10人の時に、

むりやりボールを取りに行くも

うまくいかず裏を取られてジ・エンド。。。

 

いずれも取られたのは松尾。

元浦和ユースのみなさんは、ここぞばかりに恩返しを

してくださいます。彼も例外ではなかった、と。

 

3日前に行われた清水戦からいくぶんメンバーを

変えました。

サイドバックにはデン。

橋岡が清水戦で頭を何回も強打したために

大事をとったのかもしれません。

とはいえデンも川崎戦で小破していたはず。

多分体は戻り切っていなかったのではと思います。。

 

右サイドMFには柏木を、左サイドMFには関根を投入しました。

ボランチの2人はエヴェルトンと柴戸です。柴戸の勤続疲労が気になります。

FWは、レオナルドと杉本の二人。

 

前半は右MFの柏木がやりたいよーにプレーし、

たまにいいパスを見せるものの位置取りとかは全く回りとあわず。

というか、合わせる気がないのでしょうか。

というか、なんでそんなチームの輪を乱すような選手を

監督は起用しているのでしょうか?

そのほかの選手も、思い思いのプレーをしていて

「人のためにプレーしている」ようには見えませんでした。

もちろん、試合後に「このチームは人のために

プレーしていることが少ない」と述べた某選手も含めて。

 

後半は、なんとその柏木がCHに。あおりをうけたのはエヴェルトン。。。

右MFには関根がまわり、左MFには汰木が入りました。

 

後半は、浦和がボールは回っているように見えました。

しかし実情は、ボールが欲しい選手が思いつきで柏木のそばにいき

「ボールください」という感じを現地では受けました。

それは、チームプレーでも何でもなく、単なるわがままなプレーです。

「人のために動く」と言っている選手は、

単に自分が気持ちよくプレーできてることに満足しているだけなように

見受けられました。

「自分が人のためにプレーしている=人のためにプレーさせてやってる

 =自分、エライ!」的な。。。

 

大槻監督は、なんでこれを認めたのか?

もう求心力そのものがないように思えるのですが。。。

 

また、整備しているはずのDFラインもぶっちゃけ微妙で。。。

サイドバックの山中が移動するのに、CBの槙野がポジションを変えずに

ステイしている。。。そこを埋めているのはボランチの柴戸。。。

それって、中盤薄くなる気がスゴイするのですが。

 

さらに!左MFの汰木は「Youは何しにニッポンへ?」状態。。。

申し訳ないのですが、左サイドをクラゲのように

浮遊しているだけな気がしました。なぜその選手をベンチに

置いておくのか?すっごく疑問です。

 

ある意味今日のハイライトがマルティノス

いつも通り、お助けメカ「トカゲッテル(ムテキング)」くらいの

ヘタレっぷりを見せると思いきや、なぜかやる気満々!

守備に戻るし、なかなかいいCK蹴るし、無理やりサイドバックやらされてる

長澤との連携は悪くないし。

そりゃ、自分の周囲のバックロアーの皆さまも盛り上がります。

てか、それしか盛り上がる所はなかったのですが。

 

そして、柏木の試合後のコメント

「自分は真ん中でプレーする選手だと改めて感じました。

 そこでプレーしてたくさんボールに触る。それによって

 自分のリズムが上がってくると感じました」

のところは。。。これって、チーム方針に公然と

反旗を翻したことになるのかと。

「自分は本来使われたくないところで使われている。だから

 結果が出ない。そんなのそこで使ってる監督が悪い」と

言ってるようなもんですよね。

 

浦和のフロントのことだから、どうせ放置するんでしょうけど。

 

現地でこの試合を見て、去年から積みあがってるものはないように

思えました(ほぼ)。

今年は、もしかしたら埼スタに足を運ぶことすら

ムダかもしれないです。DAZNで十分かもと

思ってしまいました。

f:id:sandplover_petro:20200926233051j:image

以下、現地で見ていた感覚を。

 

GK

西川(5.0)  

※報知; ※サカダイ;

2失点目はとにかく、1失点目のパスミスはいかんでしょう。。

 

DF

トーマス・デン(5.0)

※報知; ※サカダイ;

いつもより不安定なプレーが多かった気が。

もしかしたら、川崎戦のケガが思わしくない状態で

強行出場したのかもしれません。。。

(だとしたら強行出場させた監督・コーチが悪い)

 

岩波(5.5)

※報知; ※サカダイ;

前半のみで交代となる。。。

フィードを活かす機会もあまり多くなかった気が。。。

 

槙野(5.5)

※報知; ※サカダイ;

DF全体が見えていない気がしてならない。

1人のプレーヤーとしては頑張ってるのはわかるが、

山中がスライドしたのにどうして自分はスライドせずに

柴戸を戻らせるのか?「4バックの守り方、大丈夫ですか?」

という気が現地ですごくした。

 

山中(5.5)

※報知; ※サカダイ;

今日は珍しく山中サイドから破綻することはなし。

スピードでぶっちぎったり、独力突破できるタイプではないので

今日みたいな局面ではきついかもしれない。

 

柏木(5.0)

※報知; ※サカダイ;

前半は右サイドでやりたいようにやって、チームに迷惑をかける。

後半はCHに入り、同じくやりたいようにやる。

ボール自体は回ったけれど、それは柏木が王様としてふるまった

からにすぎない。「人のためにプレーする」なんていうのは詭弁で、

結局は「自分が気分よくプレーしたい」だけなのかと。。。

 

エヴェルトン(5.5)

※報知; ※サカダイ;

柏木CHのあおりを受けて、前半のみでピッチを去る。

横浜FCの下平監督に言わせると「エヴェルトンの裏を狙った」との

ことだが、それ自身は彼の責任ではなく、チームとしてカバーできなかった

監督の責任だと思う。

 

柴戸(5.5)

※報知; ※サカダイ;

縦横無尽に走り回るけれど、攻撃で効果的な面はなし。

 

関根(5.0)

※報知; ※サカダイ;

前半は左サイド、後半途中までは右サイドでプレー。

内側にしぼった形でボールを受けることが多く、

柏木との連携もあっていたとは思う。

でもいらんカードをもらって次節FC東京戦は出場停止。。

 

杉本(5.5)

※報知; ※サカダイ;

レオナルドに全く信用されていないのは痛すぎる。。。

とはいえ、すごい勢いで前線を駆けずり回っているのは

現地で見て改めて思った。キレイにプレーしすぎる気持ちが

強いのは相変わらず。。。

※もしかしたら、堀監督時代のズラタンのように

 サイドMFとしてのうほうが活きやすいかもしれない。

 

レオナルド(5.5)

※報知; ※サカダイ;

空回りしまくっている気がする。

チーム状況にイライラきてるのもわかる。

ただ、冷静にならないと。。

 

【途中出場】

宇賀神(5.5)

※報知; ※サカダイ;

後半開始早々から右サイドバックとして出場、

後半の後半は左サイドバックに代わる。

攻撃面はともかく、守備面では安定している感はとてもある。 

 

興梠(5.5)

※報知; ※サカダイ;

本来の仕事ができなかったら、さすがの彼でも難しい。。。

 

汰木(4.5)

※報知; ※サカダイ;

45分間、何をしていたのかがさっぱりわからない。

分かる方、教えてくださいませ。

 

マルティノス(6.0)

※報知; ※サカダイ;

気分が乗ったのか颯爽とドリブルし、

颯爽と守備に戻りボールを奪っていた。

また、右サイドバックをやらされていた長澤との

相性も思っていたよりよさそう

(なんのオプションにもならないけど)。


f:id:sandplover_petro:20200926233017j:image

 

長澤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

練習で一度もやったことがないであろう右サイドバック

やらされる。。。できることを頑張っていたように思う。

  

【監督】

大槻監督(4.5)

※報知; ※サカダイ;

 

柏木との相性が最悪であることはよくわかった。

あと、サイドバックで長澤を無理使いするのならば、

ベンチメンバーの構成を少し考えろ、と。

チームは掌握できない、ベンチメンバーの考慮もできない、

さらにはぶっつけ本番のこと(だと思う)をやりすぎる。

結局は個人能力に頼ったサッカーしかしておらず、

積み上げもひったくれもない。。。