新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第16節;札幌vs浦和(ルイ・ヴィトン帰りが大仕事をする)

ミシャとの殴り合いになったのは予想通り。


f:id:sandplover_petro:20200914003821j:image

そもそも、サイドからクロスを上げられたら高確率で失点する浦和と、

ミシャのサッカーが浸透し攻めダルマになりがちな札幌。。。

この2チームが当たったら、得点が増えないわけがありません。

 

DAZNの実況アナウンサーは「熱戦」とか一人で盛り上がってましたが

そんなの熱戦でも何でもなく、ただの殴り合いに過ぎないかと。

 

浦和は、前半は関根が得たPKを杉本が蹴りこんで先制します。

 

その後、右サイドの最終ラインあたりから青木が放ったロングフィード

得点をとり動きが軽くなった杉本が反応します。

札幌DFのまずい対応もありましたが、杉本の裏取りの走り込みが

見事にはまり、相手GK菅野の股を抜くというおまけ付きで追加点。

 

前半の給水タイム後、札幌がサイドからの圧力をとにかく高めます。

サイドバックの岩武が全然つけなかったところからクロスを上げられ、

お決まりのようなかたちで札幌FWジェイにヘディングを許します。

 

そして、舌の根も乾かないうちに、またしても左サイドからの

クロスをジェイに頭で押し込まれ一気に同点に・・・。

サイドバックが橋岡だろうとデンだろうと繰り広げられるこのシーン。

デンがうなだれるのもわかりますが、

そもそも「クロスをあげさせたら成す術ない」ことを教え込んでる

大槻監督の問題が・・・。

 

後半に入っても札幌の攻めは続きます。

攻め疲れという言葉がないのか?という感もしますが、

それはミシャのチームなのでないんでしょうね(笑)。

「GNフィールド張ってる浦和に対し、実体剣でボコボコせめる札幌」と

いう感じすら(ガンダム00好きな人なら通じるはず)。

 

そして気がつけばCKからこともあろうに杉本がオウンゴール・・・。

左利きの福森のCKにああいう角度で合わせれば、そりゃ

浦和のゴールに叩き込んじゃうよね、と。。。

※というか、CKの判定がまず誤審なんですけどね。

 競った岩武が札幌の選手に当てて出したのに、なぜか札幌のCKって。。。

 

この時点で、右MFマルティノス、左MF汰木が入っていたので

本来であればここで攻撃の芽は費やされたとみるのが

ある意味正しい浦和サポの見方だったのですが、この日は違いました。

 

CKからの流れで、汰木が左サイドからクロスを上げます。

これに反応したのが(ルイ・ヴィトンでのバイト帰りの)マルティノス

意識したかしないかわかりませんが、彼の手の動きに札幌GK菅野がつられ

キャッチできず、そのこぼれを槙野がゴールに押し込み3-3。

 

そして試合終了間際、右サイド奥深くで対面の福森を置き去りにした

ルイ・ヴィトンでのバイト帰りの)マルティノスが鋭い折り返しをします。

それに反応したのが柴戸。泥臭いゴールではあったものの、

価値ある逆転ゴールを決めます。

 

試合はこのまま終わり、浦和が札幌との殴り合いを制しました。

 

大槻監督は「個の強さと高さに苦しめられた」と言ってましたが、

あんた同じこと半年くらい言い続けてるでしょう、と。

サイドからクロス上げられて時点で「あとはCBの能力頼み」という

守り方をやめない限りは永久にこれが続くよと言いたいとこです。

それも含めて、大槻監督が「表現する」サッカーなんでしょうけど。

 

 

 

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

 

GK

西川(5.0)  

※報知; ※サカダイ;

3失点ともGK的にはどうしようもないものかと思いますが、

やっぱり3失点は。。。

 

DF

トーマス・デン(5.5)

※報知; ※サカダイ;

ジェイに目の前で合わされた1失点、ジェイに潰された1失点は。。。

しかし、橋岡よりは右サイドで使い物になりそうなことは

よくわかりました。

(橋岡だったら3点以上とられていたかもですし)

 

岩波(5.5)

※報知; ※サカダイ;

頑張ってはいたのはわかるけれども、やっぱ3失点は。。。

 

槙野(6.0)

※報知; ※サカダイ;

サイドバックの不安定さをみると、左サイドバックにいくしか

ない気もするのだけれども、大槻監督は頑ななまでにそれをせず。

同点ゴールはアウトサイドであわせるなかなかおしゃれなものでした。

 

岩武(5.0)

※報知; ※サカダイ;

この力でなぶり倒される。。。

現状では、「攻撃力のない山中」と評されても仕方ない気が。。。

 

武藤(5.5)

※報知; ※サカダイ;

攻守に絡むところは相変わらずすばらしい。

 

青木(6.0)

※報知; ※サカダイ;

杉本へのロングフィードは圧巻だった。

時折アナウンサーに関根と間違えられていた。

 

エヴェルトン(6.0)

※報知; ※サカダイ;

よくボールに絡んでいた。プレーレベルは安定しているように思える。 

 

関根(6.0)

※報知; ※サカダイ;

PKを奪った突っかけ、岩武をフォローすべく最終ラインに入るなど

前後左右に良く動いていた。もう左サイドバックでも良いのでは? 

 

杉本(7.0)

※報知; ※サカダイ;

PKを決め、裏抜けからの独走シュート、攻守に尋常でない動き。

この試合のMOMは彼でしょう(オウンゴールも決めちゃいましたが)。

てか、ヒートマップ見てると確実にトップ下の選手のそれ・・・。 


f:id:sandplover_petro:20200914003926j:image

 

興梠(5.5)

※報知; ※サカダイ;

 いつも通りのプレーだったが、まだ本調子ではない?

 

【途中出場】

柴戸(6.0)

※報知; ※サカダイ;

逆転ゴールの泥臭さはすばらしい。

急進的柴戸派が増えるのは全然わかる。


f:id:sandplover_petro:20200914003914j:image

 

汰木(6.0)

※報知; ※サカダイ;

3点目のセンタリングで結果を残した(とりあえず)。

 

マルティノス(6.5)

※報知; ※サカダイ;

ルイ・ヴィトンでのバイトがよっぽど気分転換になったのか、

試合の始めこそ審判にブーたれるシーンはあれど

3点目に間接的に絡み、4点目のアシスト。

福盛を一瞬で置き去りにしたステップはさすが元キュラソー代表!

(こんなことなら、エルメスでもどこでもバイト大歓迎w)


f:id:sandplover_petro:20200914003951j:image

 

山中(5.5)

※報知; ※サカダイ;

特に目立ったプレーはなかったように思えた。

 

  

【監督】

大槻監督(5.0)

※報知; ※サカダイ;

本当に日々の練習でサイドからのクロス対策はやっているのか?

「個の高さと強さ」のせいにしてるんだったら、

クロスを上げられた時点ではノープランってことじゃないか、と。。。

 

今日のDFラインの組み合わせも、槙野曰く「ぶっつけ本番」だったらしいし、

練習でもしてないことを試合でできるわけないだろう、と。。。