新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第14節;C大阪vs浦和(終わってみれば0-3。。。)

 


f:id:sandplover_petro:20200906001620j:image

前半はそこそこ、後半は自滅という感じの試合でした。。

 

浦和のスタメンは、前節大分戦と変わらず。

 

前半は、C大阪の柿谷に中央からこじ開けられそうになったり

しましたが、なんとか最終ラインで防いでいたという感じでしょうか。

試合終了後のC大阪ロティ―ナ監督の言葉から推測すると

「決して良い選択ではなかった」ということになるのでしょうが。

 

一方の浦和は、C大坂が基本様子見だったこともあり

ボールだけは持て、FWにくさびを入れてということもある程度

できる状況ではありました。山中もなんとなく有効活用

できているフシはありましたし。

 

しかし、後半に入ると展開は一変します。

C大阪がFW柿谷を下げてきて、サイド攻撃をより強化してきたことが

その一因かと思います。

 

後半開始早々、右サイドで長澤が精度の前方へのパスをミスったことが

きっかけとなり、カウンター気味の攻めを喰らうことに。

浦和は左サイドの山中が簡単にクロスを上げられてしまい、

逆サイドの橋岡が相手を見失い(あろうことに見失った相手は都倉)、

得点を許すお決まりのパターン。

 

60分くらいに、興梠、関根→杉本、武藤をピッチに。

武藤は左サイドMFに入りそれなりに奮闘していましたが、

杉本は相変わらずのプレー。他の選手よりテンポが遅すぎるだけでなく

自分の間合いでシュートを撃っても決まる気配なし。。。

 

大槻監督は、さらに長澤を下げ汰木を投入。

武藤を右サイドMFにし、汰木を左サイドMFにします。

その直後に惨劇が訪れました。

 

浦和左サイド深くに侵入したC大阪阪本に対応した山中が

まぁ見事にフェイントで交わされる始末。

そのカバーを汰木が全くできずという状況。

センタリングを入れられ、デンに当たってオウンゴールという展開。。。

山中はサイドバックとしてやっちゃいけないことを

これまでもやってきましたが、見るに耐えない守りでした。。。

 

試合終了間際は、GK西川と橋岡に代わって入っていた岩武の

連係ミスからC大阪藤尾にJ1初ゴールを許し万事休す。。。

 

DAZN実況アナウンサーの「終わってみれば3点差がついていた」

という言葉通りの試合となりましたとさ。

 

試合終了間際のプレーは、GK西川がDF岩武を制してボールをキープ。

確かにC大阪藤尾に詰められていましたが、簡単に前に放り出せば

よかったはず。

にも関わらず切り返しを入れてC大阪藤尾の右足にボールが当たって

無人のゴールに蹴りこまれるというこちらも見るに無残なかたちでした。。。

西川は柏戦でもこういったお粗末系のプレーで失点されています。

大槻監督じゃなければ、GK交代させられるべきプレーだったのではないかと。

 

とはいえ、結局は監督の差が如実に出た試合だったかと(またしても)。

後半開始前に修正できたC大阪ティーナ監督と、またしてもサイドからの

攻撃にろくすっぽ対応できなかった浦和大槻監督。。。

 

槙野が望んだのかどうかは全く分かりませんが、

試合終盤の2失点のシーンで彼をFWの位置にあげたのには

いったい何の意味があるのでしょうか。

1点差ならともかく、2点差ですよ、2点差。

槙野本人が望んだのであれば「気持ちだけでプレーするな」と

言いたいところです。

 

もし大槻監督からの指示だったのであれば、

「じゃ、杉本の意味ないじゃん。どうせ練習してないんでしょ、

いつかの5バックのときみたいに」と言いたいところですが。

 

 

3年計画とかいうことで、浦和フロントは「最初の1年目だから」

くらいにしか思っていないのでしょう、多分。。。

カネの面でもチーム状況の面でも新型コロナウイルスの面でも

難しいことはあると思いますが、借金してでもまともな監督を

連れてきたほうがよいと思いますよ。

C大阪ティーナ監督だって、C大阪では2年目なのですし。。。

 

 

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

 

GK

西川(5.0)  

※報知; ※サカダイ;

2失点はGK的には仕方がないと思いますが、

3失点目の対応は。。。

岩武にもしっかり指示しないといけないですし、

あそこで切り返しはいらないですし。。

一度懲罰でベンチから外すくらいやってもよいのでは?

いくらキャプテンでも、やることはちゃんとやらないと。

 

DF

橋岡(5.0)

※報知; ※サカダイ;

1失点目の都倉への対応は。。。

センタリング来る前に背後を確認してなかったから

都倉の侵入がわからなかったのでは?

センタリングもよくなってるとはいえ、

平均的なSBになったくらいのレベルに過ぎないかと。

 

トーマス・デン(5.5)

※報知; ※サカダイ;

パワー系のFWは苦手にしているフシあり。

くさびのパスはほれぼれするくらいのスピードなのですが。。。

 

槙野(5.5)

※報知; ※サカダイ;

チームのために色々腐心しているのはよくわかる。

ただ、試合後のインタビューで「リアクションの練習云々」と

いうのはまた波紋を呼びそうな気も。。。

 

山中(5.0)

※報知; ※サカダイ;

攻撃面に限って言えば、前節よりもバリエーションも増え

関根との連携もあってきていると思う。

ただ、いかんせん守備面が。。。仮にもサイドバックなのだから

やっぱり最低限の守りはしないと。

 

 

長澤(5.5)

※報知; ※サカダイ;

運動量豊富なところはいつも通りすばらしい。

ただ、パスの精度の粗さが目立つのも確かなので。。。

ちなみに1失点目は彼のミスパスから始まってしまいました。 

 

柴戸(6.0)

※報知; ※サカダイ;

興梠に鬼のようなパスを出し走らせる、自分自身も走り回る。

走ることにかけては貢献できていると思う。

 

エヴェルトン(6.0)

※報知; ※サカダイ;

前線に顔を出しよく絡んでいたのは確かだが、

この日は効果的な仕掛けはそこまではできなかったようにも。。。

 

関根(5.5)

※報知; ※サカダイ;

山中との息もあってきたように思える。

次節鳥栖戦を見据えてか、60分頃に交代。

 

レオナルド(5.5)

※報知; ※サカダイ;

珍しくシュートの精度を欠いていたように思える。

 

興梠(6.0)

※報知; ※サカダイ;

攻撃の組み立てに参加をし、柴戸や山中の無茶なパスにも

疾走して追いつく、といった部分での貢献度は相変わらず絶大。

ゴールという見やすい成果は出てないものの、彼の評価を下げる

要員ではないように思える。

 

【途中出場】

武藤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

交代直後は左サイドMF、その後右サイドMFとして出場。

彼が右サイドに回ってから失点を喰らった事実を踏まえても、

汰木との守備での効果は一目瞭然。。。

 

汰木(5.0)

※報知; ※サカダイ;

2失点目の時、彼は何をしていたのか?

当たり損ねのヘディングと、レオナルドへのセンタリング以外は

ほぼ見せ場なし。

 

杉本(5.0)

※報知; ※サカダイ;

他の選手よりテンポが数段スローモーなため、

古巣のC大阪選手にすぐに囲まれて為す術がなくなる。。。

なんでベンチ入りできているのか?と感じざるを得ない現状に

彼は本当に気がついているのだろうか?

 

岩武(5.0)

※報知; ※サカダイ;

試合に入れなかったのかもしれないが、終始不安定だった気も。

3失点目の西川との連係ミスは致命的。。。

西川からの指示があいまいだったのか、岩武自身が指示を呑み込めて

いなかったのかは不明だが。。。

 

青木(ー)

※報知; ※サカダイ;

 終盤10分、次節鳥栖戦を見据えて?!慣らし運転のために

登場(としか思えない)。

 

 

  

【監督】

大槻監督(5.0)

※報知; ※サカダイ;

 本当に日々の練習でサイドからのクロス対策はやっているのか?

やっているとしたら、指導が効果的ではないのでは?

ティーナ監督と違い、 試合の流れを変えれない部分は致命的。。。

そもそも、試合終盤のパワープレーの練習はしていた?

どうせまたぶっつけなのだろうけど。


f:id:sandplover_petro:20200906001701j:image