新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第13節;浦和vs大分(とりあえず結果は残した)

 結果は2−1で浦和の勝利、

しかしチームの充実度では1−4で

浦和の敗北という感じでした。


f:id:sandplover_petro:20200830001009j:image

 

大槻監督の大好きな「表現する」という言葉を使わせてもらえば、

大分のほうがはるかに「らしさ」を表現できていたのか、と。

(大分的には決めきれなかったのが致命傷ですが)

 

浦和の先発は、ほぼ想定の範囲内という感じ。

宇賀神がケガ(有料サイトからの情報)らしいので、

サイドバックはまたしても山中。

FWには興梠がスタメンとして戻ってきました。

 

先制されたのは浦和。

左サイドから鋭いサイドチェンジをされる→相手選手に寄せた橋岡に

グラインダーのボールがわたる→その後、山中がマークに付いていた相手を

離してしまう→フリーでシュート打たれて先制。。。

 

その後は、浦和も反撃に出ます。

相手ゴール陣内で細かいパスを繋げ右サイドの橋岡がセンタリング→

興梠が狙っていたが、その前にレオナルドが侵入→

レオナルドのヘディングシュートが決まり同点に追いつきます。

※興梠とレオナルドは同じポジションを

 使おうとした模様。

 ゴールへの嗅覚に関してはどちらも同じようです。

 

同点に追いついた3分後、浦和が大分陣内左サイドからのFKを得ます。

キッカーは山中。今回はシュート性のいいボールを入れる→

橋岡が頭ですらす→逆転ゴール!

 

珍しく、前半のうちに逆転に成功します。

 

後半は、興梠が抜ける前と後で偉い違いに。。。

もはや2の手、3の手が見えないと思われる杉本を興梠の代わりに投入。

ほとんど守備をやらされた上に、大槻監督からの「左サイドを守れ!」

発言で左MFとして活動していた模様。。。

 

ただ光明も少しありました。

サイドバックとして途中出場した岩武が、

思いの外使えるようになっていました。

これは密かに好材料かと思います。

 

ただ、大槻監督の意図が選手に伝わっていないことも明らかに。。。

関根→汰木、デン→岩波、山中→岩武を投入した時点で

どう守るかが選手には明確に伝わっていなかったのでは、と。

 

大槻監督は4バック維持のつもりだった

らしいのですが、

気がつけばピッチ上は5バック状態に。。。

 

そこで大槻監督が

「汰木は今まで通り左MF、杉本はFW」という

役割を課したように視えました。

 

しかし、しばらくすると大分が更に攻め込み

浦和のサイドハーフがバックラインに

吸収されることに。。。

このとき、大槻監督はラインを上げて対応と

いうよりはシックスバックになっても

構わないからとにかく最終ラインに人を集め、

その前に3枚(柴戸、エヴェルトン、杉本)を置く

という感じにしたようです。

 

大槻監督は「チームの要求」とかそれっぽいことを

言っていますが、多分これは練習しておらず

大槻監督の思いつきだったのではないか、と。

思いつきだったら、そりゃ選手に意図は

通じませんよね。

選手のスキルには上積みはあったとしても

肝心要の監督の能力はちっとも上積みはない、

というわけです。 

 

尻が浮くサッカーというよりは、

歯ぎしりがギシギシするサッカーの

構築に力を注ぐ大槻監督。。。

片野坂監督との差は歴然かと…。

 

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

 

GK

西川(6.0)  

※報知; ※サカダイ;

1失点目はしかたがない。。

前方へのフィードは鋭さを維持していた。

 

DF

橋岡(6.5)

※報知; ※サカダイ;

1得点1アシスト。

水曜に試合がなかったのが効いたか?

ただ1失点目の動きの遅さはなんだったのか、と。

監督と橋岡本人は「ピッチにいる選手が云々」と

言っていたけれど。。。 


f:id:sandplover_petro:20200830001411j:image

 

 

(きかんしゃ)トーマス・デン(6.0)

※報知; ※サカダイ;

興梠に鬼のようなスピードの楔を入れるのは

毎度のことながらすごいと思ってしまう。

大事を取って?岩波と交代した。

 

槙野(6.0)

※報知; ※サカダイ;

今まで通り普通によく守っていたと思う。

声というものを重要さを、浦和の若手は彼から

どれだけ学べるか(おちゃらけたとこは学ばなくてもよい) 

監督が「1失点目のときのコーチング云々」をしたのは彼では?

 

山中(6.0)

※報知; ※サカダイ;

1失点目はマーカーから一瞬目を離してしまい、失点。。。

その代わり、2点目のFKで取り返す。

プラマイゼロというところか。後半終盤に岩武と交代。

 

長澤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

運動量豊富なところはいつも通りすばらしい。

 

柴戸(6.5)

※報知; ※サカダイ;

今日もこれでもかというくらい走り、ボールに絡んでいた。

いるといないとでは大違い。

 

エヴェルトン(6.0)

※報知; ※サカダイ;

いつもよりは前に出てプレーしていたようにも思えた。

ショートパスの精度の高さには感心させられっぱなし。

 

関根(6.0)

※報知; ※サカダイ;

後半に魅せた突破からのシュートは見事。

水曜に試合がなかったのでコンディションが戻ってきた?

 

レオナルド(6.5)

※報知; ※サカダイ;

橋岡のクロスに飛び込んだゴールは見事!

 

興梠(6.0)

※報知; ※サカダイ;

 

レオナルドの黒子に徹しているように見える。

1つ1つのプレーは素晴らしい、連携は悪くないんだけれど。。。

 

【途中出場】

武藤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

右MFとして出場。よく動くし、気の利いたプレーはするし、

控えめに言ってすごいと思います。

 

汰木(5.5)

※報知; ※サカダイ;

後半はシックスパックの一番左を担当していた。

守り重視ならばピッチに送り込むのは

彼でなくてもよかったのでは?

 

杉本(5.0)

※報知; ※サカダイ;

監督は献身性をべた褒めしていたが。。。

攻めに関しては数歩先が見えていない気がしてならない。

采配の犠牲者ともいえるのかも。 

 

岩波(6.0)

※報知; ※サカダイ;

得意のフィードはほぼなかったが、

守り切るのは守りきった。

 

岩武(6.0)

※報知; ※サカダイ;

カットインからの右足シュートは惜しかった。

  

【監督】

大槻監督(5.5)

※報知; ※サカダイ;

 

勝つには勝ったけれど、それだけという感じ。

3年計画の「さ」の字も感じられない。

大分の片野坂監督との違いはかなり大きいのでは?

監督インタビューでは「なんとなく」だけれど

ピッチ内の監督との意識のズレもあることを

伺わせていた。求心力は大丈夫?