新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第8節;浦和vs清水(肝心なとこでの守備意識欠如が。。。)

 

浦和は、岩波がまたしてもお休み。

CBは前節好プレーを魅せた槙野と、

ケガから復帰のきかんしゃトーマス・デンでした。

サイドバックは、またしても

変化なし(右が橋岡、左が山中)。

 

ベンチに武富が初めて入ったことと、

ファブリシオがベンチからも外れたことが

目新しところかと。

 

試合は、どっちも「なんだかなぁ」の試合展開。

清水は、浦和の両サイド深いところ(特に右)に

狙いを定めていました。それを警戒してか、

守備的MFの2人(青木とエヴェルトン)が

ズルズル下がり、

清水のトップ下に簡単にボールをつけられる。

そして、ダイレクトやスルーパスでサイドの

奥深くを狙われ、クロスを上げられるという

感じの攻めでした。

 

ま、クロスを上げても今日のセンターバック

組み合わせでは特に破綻することもなく

弾き返していたのですが、

青木ときかんしゃトーマス・デンが

イエローカードを貰ってしまう代償もありました。

 

浦和は、清水のパスがミスるところ

(ダイレクトで3本目をつなごうとしたあたり)で

ボールを奪えるシーンはよくありました。

でもでも、ボールが収まらないのと、

清水よろしく浦和もつなぎでミスるので

結局主導権は掴むに至らず。

 

チャンスも、前半10分台にあったひとつのみでした。

こんな感じだったでしょうか。

きかんしゃトーマス・デンがエヴェルトンに

ギリギリの感じで縦パス

→エヴェルトンは素早く前方に抜け出そうと

している汰木にスルーパス

→汰木は抜け出そうとするも抜け出せず、

右サイドに逃げる

→その後、中央に走り込んだ杉本にパス

→杉本はシュートふかす(宇宙開発)。

汰木は何とかうってほしかったけど…。 

 

清水も中盤で頭を抱えるパスミス

多発していたので、

カウンターが強いチームであれば

3失点くらい食らっていたかもしれません。

しかし、幸か不幸か相手は浦和。

前半は、結局0-0で終わります。

 

後半は、イエローカードを貰ってしまった

青木に代わり柴戸がイン。

柴戸がボランチ左側に入ったことで、

エヴェルトンがボランチ右側に。

(エヴェルトン的にはこのほうがやりやすい?)

 

そして、スローインから浦和が突如先制します。

浦和の得点シーンは、

以下のような感じでした。

関根がサイドでスローイン獲得

→すばやくスローイン

→レオナルドがカットインし前にいた杉本にパス

→パスは清水DF立田に弾かれるが

 レオナルドの前にボールがこぼれる

→ヴァウドとかを切り替えしでかわしてシュート

→GKもバランス崩され、結果浦和のゴール

 

流暢にパスを繋いだわけではなく、

崩しきったわけではないものの

レオナルドの個人技で点をとってしまったという

感じです。

 

その後、汰木→荻原、関根→武富の交代をするも、

だんだん清水に押し込まれるかたちに

(そりゃ清水は点取りたいからね)。

 

試合終盤に、浦和はCK崩れから失点を許します。

こんな感じだったでしょうか。

CKのこぼれをレオナルドがかき出し損ねる

→清水MFが浦和左サイドでキープ

→レオナルドが当たりに行くも清水MFに

 かわされる

→その後杉本が当たりに行くも、あっさり

 かわされる(しかも諦める)

→センタリングをあげられ、お決まりのパターンで

 浦和失点

 

レオナルドもレオナルドですが、

このシーンはとにかく杉本。

 

前節横浜FCでも同様の場面があり、

DAZN解説の水沼パパに

相当こっぴどく指摘されてた覚えがあります。

 

今回は、それが失点につながってしまった、と。。。

走れなくなった選手を使っている監督も監督かと

(武藤という守れる選手がベンチにいるのに)

 

終盤間際、相手ペナルティエリア内に侵入した

エヴェルトンのパスからレオナルドに

惜しいシーンが生まれたものの得点にはならず。

 

また、エヴェルトンがフリーで

ヘディングシュートを放つ機会も

あったものの、得点にはつながらず。

浦和も清水も痛み分けという感じで、

勝ち点1を分け合う形になりました。


f:id:sandplover_petro:20200802000233j:image

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

追記。報知は大槻監督に辛いけど、気持ちは

全然わかります。

 

GK

西川(6.0)  

※報知;6.0 ※サカダイ;

前半終了間際のシュートはよく止めたと思います。

失点はノーチャンスだったか、と。

 

DF

橋岡(5.5)

※報知;5.5 ※サカダイ;

清水にとにかく裏を突かれ続けた。

失点シーンは既視感というかなんというか。。。

 

きかんしゃトーマス・デン(6.0)

※報知;6.0 ※サカダイ;

前半は多少らしくないところも見られたが

後半は安定していたと思う。

 

槙野(6.5)

※報知;6.0 ※サカダイ;

テーピングは痛々しかったが、

DFを締めていたと思う。

出ればさすがに仕事はする。

ピッチ外のことは置いといて、

岩波にもこういったところは

吸収してほしい。

 

山中(6.0)

※報知;5.5 ※サカダイ;

汰木とのコンビだったためか、

とてもスムーズに見えた。

クロスのスピード、質は見ていてもうなるばかり。

(はやく現地で見たい)

 

関根(6.0)

※報知;6.5 ※サカダイ;

噛み合わないところがあるのは確かだけれど、

素早いスローインで得点の契機を作った。 

 

エヴェルトン(6.5)

※報知;6.0 ※サカダイ;

試合終了間際のフリーのヘディングは

決めてほしかったが、

局面での強さ、目立たないけれど効果的な

パスは相変わらず。

 

青木(5.0)

※報知;5.5 ※サカダイ;

色々と後手にまわり、イエローカード

頂戴してしまった。

カードの影響があったか、デザインされた交代かは

わからないが、前半のみでピッチを退いた。

 

汰木(5.5)

※報知;6.0 ※サカダイ;

ここ数試合よりはまともだったとは思うけれど、

前半のチャンスのところはできればシュートで終わって

ほしかった(よくボールをキープしたとは思うが)。

 

レオナルド(6.5)

※報知;6.5 ※サカダイ;

得点シーンは見事。ほぼひとりで清水DF陣を

崩しきった感じがした。

失点シーンに繋がったところは、わかりやすいクリアに

してほしかった。。。

 

杉本(5.0)

※報知;5.0 ※サカダイ;

前線での守備と攻撃は頑張っていたとは思う。

ただ、失点シーンの軽い守備はいかがなものかと。

ポジション的に武藤と比べられてしまうので。。。

2試合連続で同じようなプレー(守備意識欠如プレー)を

してるので。。。

 

【途中出場】

柴戸(6.5)

※報知;6.5 ※サカダイ;

好調さはキープしていると思う。

飛び出し、あたりの強さなどなど。

 

荻原(5.5)

※報知;6.0 ※サカダイ;

左サイドでゴリゴリしかけていて、当初は

ある程度効いていたように思えた。

ゴリゴリ感が出るのはいいのだけれど、

去年と同様に

空回りしている感も否めず。

 

武富(6.0)

※報知;採点なし ※サカダイ;

浦和復帰後初出場。右MFとして出場。

無難にまとめていたように思えた。

ルヴァンカップではスタメンで見てみたい。

  

【監督】

大槻監督(5.5)

※報知;5.0 ※サカダイ;

 

「5人交代制を今後も続けてほしい」と

言っていた割に、選手交代は3人しかせず。

試合展開とベンチ入り選手の構成上

なかなか難しいことはあったかもしれないが、

ベンチ入り選手の構成は監督に責任があるはず。。。

へろへろの杉本を守れる選手(武藤)と

交代させるタイミングを逸したのか、

高さが欲しかったのか知らないが、

勝ち点2を落としたかたちになった。

一応5.5にはしているが、

5.0とつけてもよかったくらい(報知は5.0)。