新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第7節;横浜FCvs浦和(何でもないところからの得点で勝つ)

 

浦和はDFきかんしゃトーマス・デンが欠場、

岩波がお休みでマウリシオがベンチ。

鈴木大輔が再開後初めてのスタメン出場でした。

また、槙野は今シーズン初めての先発出場と

なりました。 

 

右サイドMFは柏木が起用されました。

パスの起点ができるのは良いのですが、

長澤と比較するとどうしても守備力が落ちる。。

右サイドから左サイドに振られて

失点を重ねるパターンに対しては

さして手を打たずに試合に臨むことになりました。

(大槻監督的には「橋岡、あとはやれ」という

 感じなんでしょうが…)

 

なお、左サイドMFは山中との相性が

決していいとは言えない関根が入りました。

そろそろ少しは熟成されてほしいんですが…。

 

試合は、横浜FCに危なっかしいシーンを

時折作られるものの

選手の質だったりフィニッシュの質だったり、

というところで事なきを得ます。

 

浦和も、右サイド中央タッチラインあたりからの

レオナルドのロングシュート、

ペナルティエリア外からの山中の

キャノンシュートという感じで

そんなに悪くはないところを見せます。

(山中のインナーラップが功を奏しました)

 

横浜FCは、左サイドの山中というよりは、

右サイドの柏木と橋岡のところを狙っていたようです。

前述したとおり、質の問題もあり、

前半は何事もなく0-0で折り返します。

 

後半は、

柏木が中盤でボールをキープ→関根

→レオナルドとつないで先制点を奪います。

横浜FCの下平監督は

「なにもないところから取られたゴールなので

もったいない」的なことを言っていました。

ちなみに浦和の得点シーンは、

以下のような感じでした。

 1.横浜FCのストッパー(35番)は、

  柏木からのパスを受けた

  関根を見すぎてしまい、レオナルドの

  「膨らむ走り」が見えてなかった。

 2.レオナルドは、難なく横浜FCのストッパー

  (35番)の裏とりに成功。

  興梠の空けたスペースに巧く入り込めた

  時点で勝負あり。

  追いすがるDF(4番)に追いつかれることなく

  シュートを決める。

  追いすがるDG(4番)的には、マークに

  ついてたはずの興梠が目の前から消え、

  いきなりレオナルドがダッシュ💨

  ついてるDF的にはたまったもんじゃない的な

  ところか?!

下平監督は

「DF(35番)の集中力が散漫だった」的な

ことを言いたいのかもしれませんが、

歓声で遮られることはないのですし、

そこは他のDFの声掛けなりでカバーしないと

いかんとこですよね。

「なにかDF陣が問題を抱えていた」ことは

重々承知で言わなかっただけかもしれませんが。

「何か原因はあったから発生した」失点なのですし、

その物言いは正直どうかと思いました。

そもそも、興梠とレオナルドの動きについて

いけなかったわけだし。

 

そして、試合終盤に浦和は

なぜか5バック気味にし、

自らペースを手放しにかかります。

大槻監督的には、

「わかりやすいようにマンマークにしたかった」

のかもですが、

「別に布陣を変える必要ないじゃん」と

普通に思いました。

そして、何回か危ないシーンを迎えますが

横浜FCのシュート精度の低さに助けられました

(枠にすら飛ばず)。

 

試合終了直前、

「なにもない」ところから浦和に追加点が

生まれます。

こんな感じだったでしょうか。

1.横浜FCの右WBの緩いバックパスを

  杉本がカット

2.浦和左サイドのライン際でボールを

  キープした杉本が、

  インナーラップしてきた柴戸にパス

3.柴戸はライン際までボールを持ち込む。

  横浜FCはDF(4番)が

  ついてくるので精一杯。

  他のDF(5番、26番)は遅れてゴール中央に

  侵入してきた伊藤涼太郎の動きにも釣られた?

4.柴戸が切り替えして上げたボールを

  エヴェルトンがヘディング。

  エヴェルトンについてきていた

  横浜FCの8番(レッズユースの佐藤)は、

  ついていくのが精一杯でかぶる。

突然決定力がアップするエヴェルトンが、

長い距離をよく走りきり

試合を決定づけるヘディングを決め、2-0とします。


f:id:sandplover_petro:20200726231608j:image

 


f:id:sandplover_petro:20200726231554j:image

 

これだって、結局は横浜FCが注意力散漫に

なった末のことなんですよね。。。

別に他のチームのことなんで別に良いのですが。

 

そして試合終了。

浦和は横浜FCの質の低さにも助けられた

感はあるものの、2−0で勝利しました。


f:id:sandplover_petro:20200726231536j:image

 

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

 

GK

西川(6.0)  

※報知; ※サカダイ;

そんなに枠内に飛んでくることはなかったものの、

過去2試合と比べると格段に楽な展開だったかと。

 

DF

橋岡(6.0)

※報知; ※サカダイ;

対面の横浜FC(37番の松尾)に苦しめられたが、

何とか乗り切った。

 

鈴木(6.0)

※報知; ※サカダイ;

危なっかしいシーンはあったものの、

無失点にまとめる。

勘所を掴めばコーチング能力という最大の長所が

活かされやすくなると思う。

競争は厳しいとは思うが、CB争いは

面白くなったのでは?と思う。

 

槙野(6.0)

※報知; ※サカダイ;

今シーズン初めてCBとしてプレー。

岩波には多少欠けている(ように思える)

力強さを見せつけた。

鈴木にもあったが、相当な危機感があったと思う。

存在感はさすが!

 

山中(6.0)

※報知; ※サカダイ;

得点には直接絡まなかったものの、

前半のキャノンシュートは凄まじかった。

 

柏木(6.0)

※報知; ※サカダイ;

右サイドで先発出場。諸刃の剣となりつつも、

1点目の得点シーンの起点となった。

いると確かに攻めにバリエーションが出るのだが、

右MFでいいのかは悩ましい。

とはいえ他に適正ポジションは…。

 

エヴェルトン(6.5)

※報知; ※サカダイ;

サボらず走り切り、

試合終了間際にヘディングでゴール奪取!

地味だけれど欠かせない選手。

 

青木(6.0)

※報知; ※サカダイ;

粛々とプレーを続け、

中盤をしっかりと締めることに成功。

 

関根(6.0)

※報知; ※サカダイ;

柏木が入ったことで色々なところでパスを

受けれるようになった気はする。

1得点目も中に絞った結果かと。

山中とのギクシャク感解消は、

待つよりないのかと。。。 

 

興梠(6.0)

※報知; ※サカダイ;

得点から遠ざかって入るけれど、

そんなに悪くないように思う(見てる感触では)。

1点目は自身が囮になりスペースを空け、

それをレオナルドが使った。

負傷交代は気になるところ(臀部?)。

重症でないことを願う。

DAZNでサービスショットがぬかれていたので

平気だとは思うが。

 

レオナルド(6.0)

※報知; ※サカダイ;

1得点目は、うまいコース取りで相手DFの背後を取り、

そのまま持ち込んでゴール!

2得点目のときに下がっていたにも関わらずピッチに

入っていた(ように見えた)のはご愛嬌。

あとから処分がなきゃいいのだけれど。。。

 

 

【途中出場】

杉本(6.0)

※報知; ※サカダイ;

DAZN解説の水沼パパには、伊藤と共に

「もっと守らなくてよいのか?」的なことを

言われていたが。。。

ポストに当てたシュートも、

シュート自体は良かったと思う。

得点につながるパスカットは見事!

(監督からも「ケンユー!」的な声は出ていたが)

 

武藤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

大槻監督による「謎の5-3-2システム」採用時は、

右WBとしてプレー。いると安心できる選手。

FWへのコダワリをなくせれば、右MFでよいのでは?

 

柴戸(6.5)

※報知; ※サカダイ;

得点に繋がった猛ダッシュは見事!

守備固めは、

「武藤の右MFと柴戸の左MFでよいのでは?」と

思える出来だった。

※得点に絡んだので、採点しました。

 

伊藤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

今節は2トップとして試合終盤に出場。

杉本と同じく水沼パパからはDAZNで苦言を

呈されてはいたが、

2点目のシーンでは相手DFを3人ほど

引きつけていたことも事実

横浜FCのDF側の質の問題はあれど)。

今は試合に出ることが大事なので、

このまま出場を続けてほしい。

※一応得点に絡めたとは思うので、採点しました。

 

【監督】

大槻監督(5.5)

※報知; ※サカダイ;

連敗を止めれたのはヨシとしても、

試合終盤の5バックはどうかと。

FWの二人(杉本、伊藤)への意思疎通が

取れていなかったし、

橋岡と山中(特に山中)不在時のプランBを

試していないのも気になる。

CBを思い切って2枚とも替えてきたのは、

博打なのか計算づくか。。。