新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2020シーズンJ1第5節;FC東京vs浦和(16年ぶりにリーグ戦アウェイで負ける)

 

浦和レッズは、

FC東京にリーグ戦のアウェイで負けました。

2004年以来、16年ぶりです。

 

「なんで今までこんなに勝てなかったのか」は

置いといて、、、。

記録はいつか途絶えるものであり、

試合はその時よかったチームが基本は勝ちます。

今日はFC東京のほうがよかったということでしょう。

 

浦和はDFきかんしゃトーマス・デンが

欠場(体調不良らしい)。。。

DAZNではケガと言ってましたが、

試合後の大槻監督の会見では

体調不良と言ってました。

どちらが正しいかはさておき、

浦和の守備を支えていた立役者のひとりが

いなかったことは確かです。

 

前半の前半は腹のさぐりあい、

給水タイム後は少し浦和もいい形を作れてきました。

 

しかし前半の最後に、

右サイドからのクロスをGK西川が処理ミスをします。

 

そこを見逃さなかったのが

FWリカルド・オリベイラ

 

GK西川の処理ミスに連動する形で、

DF橋岡はボールに触ることができなかったため、

結果的にリカルド・オリベイラにゴールを

献上することに…。いわゆる「安い失点」です。

浦和は1点リードされて後半を迎えることに。

 

浦和は後半頭から汰木に変えて関根を投入しますが、

大した効果が出ず。

しばらくすると、そんなに悪くなかった長澤を

ベンチに下げ、

マルティノスを投入します

(次の試合を見越した交代かも)。

 

そして、守備では奮闘していた杉本を下げ、

レオナルドを送り込むなど前線を

バンバン変えてきます。

 

しかし、中盤のプレッシャーが強い、

かつもともとCBが強いFC東京を崩すには至りません。

 

そして、そうこうしているうちに、

青木が中盤でボール処理に手こずるところを

(イレギュラーバウンドしたようにも見えた)、

FC東京アダイウトンに見事にかっさらわれます。

アダイウトンは追いすがる浦和DF

(岩波とマウリシオ)がチャージできない位置で

ドリブルをし、そのままゴール。

 


f:id:sandplover_petro:20200719005624j:image

アダイウトンのコース取りが絶妙でした…。

この時点でほぼ試合結果は決まりました。

 

浦和は、DF橋岡を下げてMFエヴェルトンを入れ

中盤のテコ入れを図るもののうまく行かず。

結局、0-2で負けました。

 

途中から放り込み一辺倒になったこともあるのですが、

ベンチにパスを出せる選手が皆無だったのが疑問です。

エヴェルトンは中盤にリズムを作る選手であって、

ルーパスを出す選手ではないですし。。。

バラエティに富んだベンチ構成にするのも

必要なのでは?と思うのです。

要は、ジョーカーになりうる選手がベンチに

いなかった、と。

柏木、武田、伊藤をベンチに置いてみても

よいと思うのですけど。。。

(興梠あたりが「パスを出せる選手を」とか

言ってそうな気もします。。。)

 

試合後は、FC東京のMF橋本の

退団セレモニー(ロシアにいくらしい)が

あったそうです。MF橋本の言葉のなかで

「わがまま言いますが、18番を

空けといてください(笑)」というのがありました。

浦和の選手は、ただ「行ってきます」しか

言わない選手がほとんどなので

こういった感じは聞いてて新鮮でした。

そこまで興味はありませんが(むしろほぼない)、

頑張ってきてください。


f:id:sandplover_petro:20200719005639j:image

 

以下、DAZNで見ていた感覚を。

(他媒体とどれだけ採点の差があるか、楽しみです)

 

GK

西川(5.5)  

※報知; ※サカダイ;

前半終了間際の処理は痛い。。。

 

DF

橋岡(5.5)

※報知; ※サカダイ;

動いてはいたものの、色々難儀しているように

見えました。リーグ戦初の途中交代。 

 

マウリシオ(5.5)

※報知; ※サカダイ;

できることはやっているとは思うのですが、、、。

低い位置でボールを持ちたがることもあり、

今の大槻監督の目指すサッカーとは

マッチしないのかもしれません。

 

岩波(5.5)

※報知; ※サカダイ;

スピードがいささか足りないマウリシオの

カバーを考えていたためか、

いつもより低い位置でのボール回しが

多かった気がしました。

柏戦はお休みかも?!

 

山中(6.0)

※報知; ※サカダイ;

自身の守るサイドは相変わらず狙われてはいたものの、

出来自体はそこまで悪くなかった気がします。。

 

長澤(6.0)

※報知; ※サカダイ;

ベンチに下げるほどの動きには見えなかったが。。。

次節柏戦を睨んだ交代だったのかもしれません。 

 

柴戸(6.0)

※報知; ※サカダイ;

橋岡が下がってからは右サイドバックのポジションへ。

相変わらず精力的にボールに絡んでいたので

個人的には中盤で残しておきたかったな、と。 

 

青木(5.5)

※報知; ※サカダイ;

多少不運なところはあるにせよ、

失点に絡んでしまったので。。。

CBが下がりすぎていた(と思われる)のも

影響したか、いつもよりカバーすべきエリアが

広かった気がしました。

 

汰木(5.0)

※報知; ※サカダイ;

少し目立つ動きはしたものの、

再開当初のようなキレキレ感はなし。

研究されてきた+自身のコンディションが

だんだん落ちてきているのかも。

とはいえ、山中とのコンビが一番あっているのも

汰木なので変えれないのかもです。。。

 

杉本(5.5)

※報知; ※サカダイ;

基本、守備に奮闘していた。

ただ、今日は杉本はピッチに残しておいたほうが

よかったのでは?

 

興梠(5.5)

※報知; ※サカダイ;

DFとの駆け引きは相変わらずすごい。

時間が経つに連れチームが単純なクロス放り込みに

転じたので、興梠自身の頭の上をボールが

通過するシーンが多くなり、見せ場が

なくなったように思えます。 

 

【途中出場】

関根(5.0)

※報知; ※サカダイ;

ボールに絡めているものの、

まだまだ動きが重いように。。

筋肉つけすぎて俊敏性が失われているように

思えるのは自分だけでしょうか。。。

 

マルティノス(5.0)

※報知; ※サカダイ;

ファウルを受けてイエローカード

誘発したことくらいが見せ場。

ていうか、ボールを軽く取られすぎ。

スペースないとこで使うのは厳しいのは

わかってるんですが、いい加減どうにかしろ、と。 

 

レオナルド(5.5)

※報知; ※サカダイ;

細かいところでの強引さは今日もよく見えました。

そもそもボールがつながらないので。。。。

 

エヴェルトン(5.5)

※報知; ※サカダイ;

試合終盤から中盤のボール支配率向上のために投入。

しかし、入った時間には既にFC東京が引いて

守っていたため効果があったのかは微妙。

自身の調子はあんなもんかと思われる。

 

【監督】

大槻監督(5.0)

※報知; ※サカダイ;

選手交代がことごとく外れ。。。

杉本は交代させずに残しておいたほうが

よかったのでは?

などなど、試合の流れが見えていないような

交代が多いように思えた。