新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

Tableau Public で入力データ自動更新を試してみる

 

以前に投稿した記事のコメント欄で

「Tableau Public で入力データの自動更新をできる方法はあるの?」

と聞かれました。

 

Google スプレッドシートでできることは知っていたのですが、

試すのも面倒だったので、今まで試してませんでした。。

 

でも、「せっかくなので試してみよう!」と思い立ち

今回試してみました。

※入力データを Google スプレッドシートで管理する方式です。

 

まずは簡単なVIZを作りました。都道府県別のCOVID-19死者数です。

元ネタは、4/24あたりまでの死亡者データを(おおむね)記載していました。

「4/29以降は東京のみ更新」という感じです。

以下の図の通り、4/29以降は東京しか死亡者数が表示されていません。

f:id:sandplover_petro:20200505121446j:image

 

夜中に元ネタを更新(神奈川、埼玉、大阪の死亡者を追加)し、

深夜2:00くらいに Google スプレッドシートを更新。

これで、翌朝にはVIZが最新の情報に更新されているはずです。

 

でも、なんか寝付けなかったので、

深夜3:00過ぎにVIZを確認。

 

確認したところ、神奈川、埼玉、大阪の死亡者数が表示されるようになりました。

※てか、「3:20に確認するな」というツッコミを受けそうなのですが。

f:id:sandplover_petro:20200505121736j:image

 

スクショは取り忘れたのですが、Googleスプレッドシートの更新時刻は

3:02だったようです。

(正確に言えば、VIZがパブリッシュされデータソースが更新された時間)

 

VIZのパブリッシュは、VIZが格納されているサーバのシステム時刻(3:00)に

行われると推測されます(サーバのロケーションに依存するのか、と)。

 

また、Web上からVIZデータの手動更新もできるようです。

ただし、これができるのはVIZの所有者だけかもしれませんので、

継続して確認します。

 

画像の下のほうにある「更新の要求」をクリックすると、

データが更新されるようです。


f:id:sandplover_petro:20200505122507j:image

 

Tableau Public は無償のツールなので、

製品版と差がつくことは仕方ありません。

でも、Google スプレッドシートでこういったことができれば

普段使いのユーザ(勉強中のユーザ)には十分かと。

 

よかったら、試してみてください!

(ここ違うじゃん!というのがありましたらコメントいただけると嬉しいです)