新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

STAYHOME中に、ぼうずめくりはいかが?

 

 COVID-19の影響をモロに受け、緊急事態宣言が出されてしまっています。

仕方がないとはいえ、親子ともども家にいる時間が増えることに。

 

ためてあったDVDを何時間もぶっ続けで見せるわけにもいかず、

とはいえ外に積極的に出るわけにもいかない(周りの目も正直・・・)。

となると、新たな遊び方を開発するしかなくなってくるわけです。

 

そこで目をつけたのが、「ぼうずめくり」。

 

ホントは百人一首自体をできればよいのですが、

それはさすがに小さい子供には難しいところ。

そこで、「ぼうずめくり」にたどり着いたわけです。

 

「え?ぼうずめくり?」という反応もあるかもしれません。

でもこのぼうずめくり、結構バカにできないんですよ。 

 

1.ぼうずめくりっていうのは、シンプルなルールなので子供が覚えやすい

百人一首の読み札をめくって、「殿」か「姫」か「坊主」かがわかれば

 あとはルールが簡単。これって、3歳児でも十分に楽しめるくらいの

 簡単なルールなんです。

  1.「殿」が出たらめくった札を取れる

  2.「姫」が出たらもう1枚取れる&

    場にたまっている札を取得できる

  3.「坊主」が出たら無条件で札を

    放棄させられる

  4.最終的に自分の札の数が多いほうが勝ち。

 

 ローカルルールもあるようですが(「皇族」が出たらもう2枚取れる、等)、

 そのローカルルールはなくても十分楽しめそうです。

 また、「蝉丸」を坊主として扱うか否かなど・・・。

 そいうったルールについては、こちらのサイトを参照ください。

 かるたを作られている会社さんのブログとは思えぬ

 くだけた感じが面白かったです!

www.tengudo.jp

 

2.PC環境とプリンタと厚紙があれば、それっぽいものを作れる

⇒自宅に百人一首がある家はそんなに多くないとは

 思うのですが、フリー素材であればネットで

 紹介してくれているサイトがあります。

100poem.blog.fc2.com

 

 画像ファイルはかなり小さいサイズになのですが、

 それは編集すればヨイので、

 大きな問題ではないかと思います。

 (Excelで編集する場合は、

  5.6cm x  4.1cm 程度でいい感じになります)

 

 プリントアウトしハサミで切ってみたら、

 こんな感じに。思ったよりそれっぽい感じに。


f:id:sandplover_petro:20200425225154j:image

 

ペラペラな状態でも十分楽しめはするのですが、

裏返しにすると丸見えになることが判明。

これだと、「坊主」か「姫」かが丸わかりに…。

(画像左が「坊主」です)
f:id:sandplover_petro:20200425225748j:image

 

これの対策のために、札の裏面に厚紙を

貼り付けることに。こうこうすれば、

「坊主(姫)漏洩対策」はバッチリです(笑)。


f:id:sandplover_petro:20200425225824j:image

 

そして、実際にやってみたところ、

子供がどはまりしたので、慌てて23枚増産しました。

そして、今はこんな感じになってます。


f:id:sandplover_petro:20200425230217j:image

 

でも、これでもまだ33枚。。。

子供の気に入り次第では、残り67枚を緊急増産しないといけなくなります。。。

これを作るのは、なかなか家内制手工業になりそうです。

(厚紙だって、そんなにふんだんにはないし)

 

はさみとのりが使えるくらいの年齢の子であれば、

札を作る過程から楽しめるかもしれませんね。

 

あ、作るのがめんどくさいかたは、フツーに買われるのももちろんアリです。。。

 こちらは、百人一首のローカルルールのとこで紹介させていたただいた、

大石天狗堂さんの製品になります。

小倉百人一首 歌かるた 標準取札

小倉百人一首 歌かるた 標準取札

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

というわけで、気が向きましたらぜひぜひ「ぼうずめくり」を!!!