新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

青梅マラソンの試走をしてみる

今シーズンのメインディッシュである

青梅マラソン」まであと半月となりました。

 

「ハーフ以上の距離の場合はできる限り試走する」と

いうコンセプトに則り、

青梅マラソンのコースを試走してみました。

 

青梅マラソンは、基本的には往路と復路が同じコース。

なので、基本は片道を走っとけばコースは把握できる

ことになります。

 

ホントは全コース走れれば1番良いのですが、

時間的制約もあるので、今回は行けるとこまで

行ってみることに。

 

スタート地点にはこんな道路標識が!

まぁ、わかりやすいこと(笑)。


f:id:sandplover_petro:20200202153219j:image

 

また、折返し地点にも!

またしても、わかりやすいこと(笑)。


f:id:sandplover_petro:20200202153255j:image

 

コースは、「ずーっと登り」という感じではなく

アップダウンが延々と続くという感じでした。

10メートル登って5メートル下るを繰り返すみたいな

感じかな、と。

走ってみて、折返し以降も小さいアップダウンが

発生することはわかりました。

 

今回は、スタートから18kmくらいのところまで

走ってみました。
f:id:sandplover_petro:20200202154638j:image

 

こうみると、ひたすら山の中っていう感じ。

コンビニは、7.5km地点以降は見なかった気が。

そのかわり、青梅マラソンの日に半額メニューが

あるお蕎麦屋さんは見つけました。
f:id:sandplover_petro:20200202154758j:image

 

勾配は、8kmくらいまでか意外と厄介なはず。

行きも帰りも同じような坂を登らないといけないんで、

帰りが楽になるってことはまずないんですよね。。

20km以降を走らなかったことで、

ここを事前に経験できなかったのは地味に痛い…。

帰りの電車との兼ね合い(1時間に2本)を

鑑みると仕方がないとこはあるのですが。
f:id:sandplover_petro:20200202154931j:image

 

キロあたりのスプリット。

10kmくらいまでは、少し早すぎ感もありました

(キロ5:30くらい)。最初に調子に乗って

ハイペースにしないように抑えないとっていうとこ

でしょうか。

 

坂のきつくなる10〜15kmは、キロ6分くらい。

「これくらいで乗り切れたか」というのが

正直な感想です。

 

それ以降は、疲れもあったのかキロ5:50くらい。

あんまり伸びてなかったなという印象。

なぜか向かい風になったことも影響してるかも

しれません。

本番では、キロ6分を見込んどいたほうが無難かも。

f:id:sandplover_petro:20200202155613j:image

 

そして、試走してる方も多い多い。

30kmフルで試走されてるランナーさんも

相当数いらしたようです。

すれ違う時に「手を上げる」、「こんにちはと言う」、

「会釈する」と言う感じにしてくれるランナーの方が

結構いたので、一人で走ってるときもそこまで

孤独感は感じませんでした。

すれ違ったみなさま、

本番まで怪我なく乗り切ってほしいところです。