新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

"Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノは、難敵デポルをホームに迎えての一戦でした。デポルの柴崎岳が試合に出ていたようですが、ハイライト動画からは確認できず(確実にいたんでしょうけど)。

 

前節左サイドバックをやらされているティトが出場停止となったため、左サイドバックには第1節と同じようにアキエメが入りました(アキエメはこの試合を最後にバルセロナBへと移籍…)。

 

ラージョは、30メートルほどの距離からよく曲がるFKを決められて先制されてしまいます。GKアルベルトの動きがおかしかったのも、相当ボールが落ちていたことで納得。

 

しかし、ラージョは前半のうちに逆転に成功します。

左CKから、そんなに上背はないのに昨シーズンに加入して以来ヘディングでのゴールを重ねているMFマリオ・スアレスがまたしてもヘディングで得点!

 

その後は、左サイド深くに侵入したMFエンバルバがあげたクロスを、MFアルバロ・ガルシアがキープ。トラップしてから素早い動きで左足シュート。これがゴールとなります。プリメーラでもそこそこやっていたアルバロ・ガルシアだけに、ここらへんは格が違ったのかもしれません。

 

後半は、左サイドからえぐられるシーンが。アキエメが多分狙われているんでしょうけど、WOWOWのせいでフルタイムの画像が見れないので詳細はわからず。てか、こんな体たらくでアキエメはバルセロナBに行って良いのか、と。カテゴリー的には1つ落ちるし、ハクはつくとは思うのですが。ま、有名になったらラージョ的には「アキエメはオレが育てた」という感じになるはずです(ホントに育ててるし)。

 

そうこうしているうちに、ラージョは3点目を取り試合を決めます。左サイド深い位置から(多分)MFアルバロ・ガルシアがセンタリング。中央でFWピオバッカリが結構鋭いシュートを放ちます。このシュートがポストにあたり跳ね返ってきたところを、フラフラとゴール前に侵入していたMFポソがシュート!!

 

ラージョは相変わらずのディフェンスっぷりなんでしょうが攻め勝つという「パコ・スタイル」で勝利しました。

 

 

 


Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1) - YouTube