新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

令和時代の初日に、今はなき母校のあたりを走ってみる。

新しい時代の幕開けということで、

坂道を含むコースを走ってみました。

 

義理の両親の地元と、大学(もうその場所にはないけど)の

場所が遠くないので、卒業以来ほとんど見ていなかった

学生時代の一人暮らし先をちょっと見てみようかと思いまして。

 

コースは、こんな感じでした。

6~7km、9~10kmが結構な上り坂だったので、

ひーひー言いながら走りました(途中少しだけ歩きましたが)。

 

f:id:sandplover_petro:20190501222742j:plain

 

歩いてしまったところ(ていうか、坂がきつすぎたところ)は、

タイムが如実に下がっています。

まずは、スタート~10.0kmまでを。

7.0kmのところと、10.0kmのところですね。。

8.0kmのところは結構な下り坂なので、必然的にペースが上がってます。

f:id:sandplover_petro:20190501222528j:plain

 

次は、11.0km~ゴールまでを。

11.0kmのところは、坂の峠のピークを下ったところなので

ペースが上がってます(滑るのが怖くてブレーキかけましたが)

f:id:sandplover_petro:20190501223654j:plain

 

で、気になる勾配はこんな感じでした。

一番高いところが109mを記録していたので、高度差は約100mだったのかもです。

f:id:sandplover_petro:20190501222837j:plain

 

走っている途中にいろいろと観察しながら走ったのですが、

自分が学生時代に住んでた学生会館は老人ホームに変わっていました。

少子化の時代に備えて、老人ホームに転用できるように作っていたと

いう話は聞いたことがありましたが、まさかホントにそうなってるとは。

 

そして、学校があったところは日産の研究所に。

こちらも話には聞いていましたが、実際に見ると。。。

チャペルはきれいになくなっていました(研究所には必要ないですし)。

 

とまあ、こんな感じで色々変わっていたのですが、

大山の眺めだけは変わっていませんでした。

曇ってはいましたが、きれいな山の形がしっかりと見えました。

(2か月前くらいに、この山の中腹まで走っていったのが信じられない...)

 

「兵どもが夢の跡」というのを感じずにはいられなかった、

令和時代最初のランニングでした。