新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

超強風が吹き荒れる中、第35回杉戸新春マラソンを走ってみる(10kmの自己ベスト更新)

毎年恒例となっている、出身地でのマラソン大会

「杉戸新春マラソン大会」に行ってきました。

 

距離は10km。コースは田んぼのど真ん中。

強風に見舞われることが多いのが特徴の大会です。

 

また、この大会は「仮装の部」という『純粋な仮装で勝負する』

ことのできるある意味珍しい大会です。

(もちろん、10kmの部でも仮装して走ってる人はいます)

 

今回から、プログラム、ゼッケン、記録用チップと参加賞が

事前郵送になりました。

 

その中に、ゼッケンが2枚入ってました。

番号が入ったいわゆる「ゼッケン」だけでなく、「伝言板」なるゼッケンも

入っていました。『なんでもいいから自由に書いて走ってね☆』という感じの

ゼッケンでした。

 

「文字を書いてもどうせ誰も読まないし、まじめなことを書いてもねぇ」と

思ったので、とっさに思いついたアンパンマンを書いてみました(笑)。

 

あと、この大会は小規模な割にはゲストが豪華なんですが

気象予報士の平井さんと井田さん(@KankoHiroko))、

今回は上記の2名に加えてなぜかお隣の久喜市長と、あの川内優輝さんの弟さんの

川内鴻輝さん(@k_ksports)がゲストとして参加していました。

なので、ゲストランナーが総勢4人(久喜市長は置いといても、

実質3人?!)という相当豪華な大会になりました。

 

井田さんは、そのうち親子の部にゲストランナーとして

走ったりしそうな気が(そしたら、ウチの子も一緒に走らせたいな、と)。

 

さて、ここからレースの記録に。

ハーフの練習ばっかりしてたんで、記録は50分を切れれば御の字と

思ってレースに臨みました(一緒に走ったどんぐりさんにも、その旨を伝えといた)。

 

でも、終わってみれば10kmの自己ベスト(47分24秒 ※ネットタイムは47分20秒)で

ゴールできました!

 

序盤の3kmくらいまでは、周囲の速い方のペースに乗っかりました

(追い風というのもありましたが)。

 

中盤は、超強風(向かい風)と飛ばしすぎで崩れるかと思ったのですが、

思いのほかペースが崩れずにキロ5分前後で走ることができました。

 

後半から終盤も、超強風(向かい風)とかなり多くのランナーほぼ抜かれたことで、

「かなりペースが遅いのかな~」と思っていたのですが、

中盤と変わらないペース(キロ5分前後)で乗り切れていました。

 

ゴール付近に近づき時計を確認すると、47分台前半で行けそうな雰囲気が

出てきました。ちょっと頑張ってスパートしてみたところ、

無事に47分台前半(47分24秒)でゴールできました!

 

今までの10kmの自己ベストから、15秒近く短縮させることに成功したことに

自分でもちょいとビックリしました。

 

今回は、キロ5分ペースで走っていた平井さんよりも先にゴールできました。

おそらく、「速いほうは川内さんに任せちゃえ」的なノリだったのでしょうが。 

 

以下、今回の計測結果です。

一時停止の17秒というのは、ゴール後に立ち止まっていた秒数になります。

なので、アプリでの計測は、ネットタイムと同じ47分20秒ということに。

珍しく、ピッタリな数値になったなと。

f:id:sandplover_petro:20190127223015j:plain

 

今回は、1kmごとの表示がなぜかありませんでした。

強風で倒れるから掲示をやめたのか、それとも経費節減のためなのか

理由はよくわかりませんが。。。

 

走った時に身に着けていた時計は、GPS機能がないものだったので、

キロごとのペースは気にしないで「感覚で」走れたことが

今回の結果につながったのかもしれません。

 

先週のフロストバイトロードレースでは、ハーフの自己ベストを更新できたので

その勢いが持続できたのは嬉しいところです。

 

次のレースは、2月末にあるふかやハーフマラソンが控えています。

寒いからといって練習をさぼらず定期的に走ることができれば、

今後も大崩れすることのない安定したレース運びができそうです。