新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

ねりまこぶしハーフマラソンを走ってみる(今回は無事完走!)

昨年は足を痛めて途中リタイアせざるを得なかった

「ねりまこぶしハーフマラソン」に出ました。

 

今回は、ふかやシティハーフよりは悪かったものの、

1時間55分切り(最後の1km程度は流した)を達成できました!

 

今回のミッションはこんな感じでした。

  1. 完走(これがなにより)
  2. ネットタイム1時間55分以内(ヘロヘロにならずにゴールする)
  3. ネットタイム1時間51分以内(すごく調子がよければ)

天気予報では、気温が高くなるって言っていたので、

多分ミッション3.は無理かなと思いつつレースに臨みました。

 

まずは、コースを。

そんなにアップダウンがないコースのように見えますが、

実は、少しだけアップダウンがあります。

 

 1か所目が、レース中盤(11kmあたり)。環八通りのトンネルをくぐるところが

そこそこの坂になっています。ただ、これは大した坂じゃないです。

 

2か所目が、レース終盤(17km過ぎあたり)にあります。

これは、光ヶ丘団地内の歩道橋的なものです。

 

坂自体は別に普通なのですが、17km走ってからの坂は正直堪えるもので。。。

わたくしめは、この坂でゲストの谷川真理さんに抜かれたのですが、

谷川さんも「ここ頑張りどころだからね~!」と言いながら走ってました。

※谷川さんはスタート最後尾からスタートしたらしいです。

 追い抜くランナーに声をかけながら走っていたようです。

 サービス精神がスバラシイです。

f:id:sandplover_petro:20180331214950j:plain

 

タイムのほうはこんな感じ。

 

1~10km。

 

f:id:sandplover_petro:20180331215213j:plain

 

おっと、ちょっと見づらいので記録拡大。

f:id:sandplover_petro:20180331225035j:plain

総じて、キロ5:20を切るペースで走れました。

ランナーの数が多いので、なかなかスピードが出ないとは思っていましたが。。

そんな中でのキロ5:20程度なので、ぼちぼちかと。

いいペースで走る感覚をつかめてきているのかもしれません。

 

11km~ゴール。

f:id:sandplover_petro:20180331215654j:plain

ここからは、練習でもそんなに走れていない距離です。

12kmは、なんで落ち込んだのかがあんまりわからないです。

昨年リタイアのトラウマがあり、知らないうちにペースダウンしていたのかも。

 

15km付近では、DJのケイ・グラントさんがしゃべっていました。

「もう少しで給水ポイントだよ~」的なことをしゃべってた気が。

高いところからしゃべってたんで、風が吹いたりしたら大変だな

(昨年の雨は大変だったんだろうな)と思いながら走ってました。

で、給水所で数秒止まったため、キロ5:28くらいになってます。

実質は、キロ5:25ではいけてるはず。

 

光ヶ丘団地内に入ってからの難関(17~18km付近の歩道橋)は、

何とかキロ5:30で乗り切りました。

18kmがキロ5:30になっているのは、給水ポイントで5秒程度止まったからです。

 

19kmは、歩道橋が全部終わり気が抜けたので、タイムが遅くなったかなと。

 

そして、光が丘公園に戻ってきたあたり(21.0kmと21.19km)で、

3つのミッションのうちの2つ(完走と、ネットタイム1時間55分以内)が見えたので、

無理をせずに流しました(そのために、タイムがガクンと落ちいています)。

 

何はともあれ、今回は無事に完走することができました!

前回はもらえなかった、完走者だけがもらえるフィニッシャータオルもゲット☆

 

で、最終的なタイムは、1時間57分52秒となりました。

ネットタイムは、1時間53分23秒。

ミッション1(完走)だけでなく、ミッション2(ネットタイム1時間55分以内)も

コンプリート!

 

完走後のお楽しみは、無料配布される練馬名物すずしろ汁。

真ん中に、練馬大根をおろしたものが入っています。

 

このコースは、基本的には沿道の声援が途切れないコース(都会ということもあり)。

運営もシステマチックで(当日受付が不要)、参加者にとっては嬉しい大会かなと。

 

ただ、参加者が多いので(こればかりは仕方ない)、中盤も思ったよりは

選手がばらけなかったイメージがあります。

 

今回は、「1時間55分以内をヘロヘロにならずに走れた」かつ

「翌日にひどい筋肉痛がなかった」感じでした。それが何より嬉しかったな、と。

 

今シーズンは、あとは5月に春日部大凧マラソン(ハーフ)を残すのみ。

春日部大凧マラソンは、一昨年(2016年)は、終盤歩くペースになり、

2時間10分を超えてしまった悔しさが残るレースになります。

 

昨年(2017年)は、ねりまこぶしハーフのケガが癒えずに泣く泣く見送ったため、

その分もあわせて今回はリベンジを果たしたいと思います。

とはいえ、ゴールデンウィークの暑い時期に走るコースなので、

おそらくネットタイムで2時間を切れれば万々歳かな、という感じです。