新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

強風の吹き荒れた、第4回久喜マラソン大会を走ってみる

2018-2019シーズンの走り納めに選んだのは、

実家にほど近い久喜(鷲宮)を走る、久喜マラソン大会でした。

 

※実は、自宅のすっごくそばを走る練馬こぶしハーフマラソン

 応募できなかったので、こちらに申し込みを(略)。

 

コースはこんな感じ。

坂はほとんどない(最後に宇都宮線の陸橋を渡るくらい)ので、

風さえなければそこそこいいタイムが出るコースか、と。

f:id:sandplover_petro:20190326004903j:plain

 

事前にゼッケンとかは送られてくるので、受付はラクラク

体育館(アリーナ席あり)を使えるので、着替えとかもラクラク

しかも、ある程度勝手知ったるコースを走るので(たいていは自転車で

通ったことがあるコース)、無駄なプレッシャーもなくレースに臨めました。

 

不安があるといえば、前日に左足薬指をタンスにぶつけて強打して

あざになってたことくらいでしょうか。。でも、このあざも前日夜に

バンテリンを塗ったおかげか、痛みは引いてました。よかったよかった。

 

スタート15分前に真面目にスタート地点にスタンバったおかげか、

たいしたロスもなくスタートできました。風もこの時はそんなに吹いてなかった...。

 

スタート~10km

f:id:sandplover_petro:20190326003252j:plain

最初の1kmは、足に痛みがないかを確かめながら走ったので

ちょっと遅くりましたが、それ以降はキロ5:30を切る感じで行けました。

ほぼ練習通りか、と。

 

5~8kmは、つば九郎と並走できました(その後、突き放されましたが)。

8km付近での鷲宮神社折り返し近辺は、なかなか面白かったです。

いろんな人の仮装が見れたんですよね。大きい鉛筆のかぶりものをしてる方、

リラックマの方(顔が全然出てなかった気がするけど...)、

マッカーサー元帥(杉戸マラソンでも走ってた)などなど、

なかなかパンチの利いた仮装ランナーが多かった気がします。

さすがに写真は撮れませんでしたけどね。

 

11km~20km

f:id:sandplover_petro:20190326003333j:plain

12kmからは、風の影響をもろに受けるようになりました。

思ったよりタイムが出ていなかったな、というのが正直なところ。

とはいえ、13kmの5:32を除けば(宇都宮線のガード下をくぐったので

多少の登りがあった)、まぁ許容範囲内の出来でした。

 

ただ、思いのほかきつかったのが、14~16kmの新幹線のガード下コース。

ここは日陰になったうえに、目印になるものがそんなにないので。。。

しかも、風が強い。。。

振り返ると、案外ここがポイントだったのかもしれません。

 

17kmからは再び久喜市内に。コースをほぼ完ぺきに把握していたこともあり、

快調に飛ばせました。知ってるコースは、自然と足が出るんですよね。

 

18~19kmは、このコースの難関である宇都宮線の陸橋越えがあるので

多少ペースが落ちるのはやむを得ないところでした。

歩かなかったこともあったので、キロ5:40でまとめられたのかな、と。

(登りが延々と続く大山登山マラソンから比べると、この陸橋は全然楽ですし)

 

そして、陸橋を降りてからはバテはしたもののペースが戻ってきました。

市役所前の久喜女(だったはず)のみなさんの声援が何気に力になりました。

テンション上がると、自然と頑張れますしね。

 

21km~最後

f:id:sandplover_petro:20190326003452j:plain

ま、最後は何とかまとめれたかなと。

21.06kmのところが異様に遅いのは、スマホ操作にもたついてしまい

記録を止めれなかったためと思われます。。。

 

結果、気になるタイムはというと、、、

グロスタイムで、1時間52分52秒というものでした。

ネットタイムでは、1時間51分29秒。

歩いてしまった前回のハーフ(ふかやシティマラソン)よりも、

10秒だけですがヨイ記録を出せました。

(タイムを気にしすぎずに、あえて集中せずに楽に走れたのも

 結果としてよかったのかもしれません)

 

久喜は強風が吹いてた中でこの記録を出せたので、及第点かと思います。

ちなみに、レース後の風はこんな感じでした。

相当吹いてますね。。。

杉戸マラソンの時の超強風と比べると全然マシだったので、

風に対する感覚が鈍ってしまったのかもしれません。。。

 

風が強かったのは確かですが、本音を言うと1時間50分は切りたかったところ。

それをするにはやっぱりキロ5:15くらいでまとめないとキツイですね。。

ま、それは夏場にさぼらず走ってスピードとスタミナをつけるよりないか、と。

 

あと、この大会は他とは違く感じるところがありました。

その一つが、バンド演奏が多かったということ。

久喜市役所前のベンチャーズコピーバンドがいたり、

その他4つくらいのバンドが演奏していてくれたはず。

 

音楽を頭の中で脳内再生しながら走ると、いいリズムで走れるんですよね。

特にテケテケ系のベンチャーズとかは。

序盤はこのテケテケのおかげでリズムが作れたといっても過言ではありません。

 

そして、レース後はおなじみの気象予報士平井さんが。

会場でパンフレットを見て「平井さん走るんだ!」ということを知ったんで

とりあえず後ろ姿だけでも撮れてよかったです。

ちなみに平井さんの記録は、1時間47分くらいだったらしいです。

f:id:sandplover_petro:20190326012943j:plain

 

あと、実は、完走サポートのゲストランナー宮崎さんを

スタート前に見かけていたんですよね。

「さすがにスタート前だからなぁ」と思って遠慮しちゃったのが心残り。。。

せっかくだから一緒に撮ってもらえばよかったな、と

(とつぶやいたら、ご本人からレスをいただけて、二重でビックリ!)

 

完走サポートランナーの方って、走るだけではなく

周りの人を励ましながら走ってるんだから、ホントにすごいと思います。

(現に、さいたまマラソンでは、5時間切りサポートランナーの方の

 おかげでグロスで5時間を切れましたし)

 

そして、気になる参加賞はというと、、、

f:id:sandplover_petro:20190326013813j:plain

スポーツタオルでした。

ウチの家族曰く「結構いい色してるから、娘のプールタオルに使えそう」

とのことでした。

ラソン大会に出ると「タオル富豪」になってしまうのですが、

夏になったら娘のプールタオルとして使わせてもらおうかと思います。

標高差650メートルをひたすら登る「第34回大山登山マラソン」に参加する

2018-2019のマラソンシーズンもそろそろ終わりに近づきつつあるものの、

レース記録をあまり書けていない状況に少し焦りつつあります(汗)。

今回は、第34回大山登山マラソンに出たときのことを。

 

前からなんとなく興味があった「大山登山マラソン」を走ってきました。

この大会は、伊勢原駅北口~大山阿夫利神社下社(海抜680メートル)までの

9.0kmを走るコースで、

標高差650メートルを一気に登り切る(下りはナシ)なかなかに過酷なレースとして

知られています。

 

手元のアプリで集計したところ、標高差はこんな感じになりました。

※多少の誤差はあるものの、登りばっかということは気がついてもらえるか、と。

f:id:sandplover_petro:20190316225323j:plain

 

会場に早く着きすぎてしまったため、久しぶりに大会の開会式も観てきました。

ゲストは結構たくさんいたのですが、俳優の永井大さん(特命係長只野仁の部下)も

来ていました。なにやら、ランニングの番組をやってるだとかで。。。

背の大きさが際立ちました。にしても、実物はテレビで見るよりもイケメンだった

気がします(そりゃ、中越典子さんのダンナさんだし)。

 

あとは、伊勢原市ゆるキャラこと「クルリン」もいました。

実物、結構かわいかったなと。

https://www.instagram.com/p/BuzkTSUH4wL/

伊勢原のゆるキャラ「くるりん」が大山登山マラソン会場に降臨!

 

スタートは伊勢原駅北口ロータリーから。

ウェーブスタートのためか、スタートは激混みといわけでもありませんでした。

f:id:sandplover_petro:20190316233110j:plain

 

スタート~3kmくらいは、緩やかな登り。

キロ6分と抑えて入ったこともあり、抜かれはするもののキツさは感じませんでした。

 

3kmを超えてからが、徐々に登りがきつくなってきました。

そんなに飛ばしてないこともあり、少しずつ他の選手を抜かすことができるように

なってきました。

また、以前厚木マラソンで似たような坂を走ったことを思い出したこともあり、

なんとなく気が楽になりました。

 

そして、4km付近で永井大さんを追い抜かせました。

抜かすときに「横っ腹が痛いっす」と御付のランナーに言ってたのですが、

大丈夫だったのでしょうか?

 

そして、6.5kmあたりまでは至って快調な感じで走れました。

他のランナーが疲れるところをひたすら抜いてく感じでした。

とはいえ、さすがにここで足が止まってさすがに歩き始めてしまいました。

7km過ぎに訪れる参道入り口までは走りたかったのですが。。。

f:id:sandplover_petro:20190316235018j:plain

そして7~8kmは、参道を通るコースになりました。

このコースは無理して抜かすコースではなかったので、ひたすら歩きました。

 

そして、8km直前あたりからが、いよいよ山道に。

ここからは、ほぼトレランなコースであるだけに、止まらないことを目標に

行きました。

ここからゴールまでは、登山の経験が活きたためか、

思ったよりも選手を抜かすことができました。

 

自分は普通のランニングシューズを履いていったのですが、

中には裸足で走っているランナーもいました。

いろいろなランナーの方がいて然るべきかと思うのですが、

個人的にはいかがなものかと思いました。

てか、確実にケガするんじゃないか、と。

 

そして、大山阿夫利神社(海抜680メートル)でゴール!

タイムは、1時間16分22秒(ネットタイムは1時間15分49秒)でした。

※アプリ上では、8kmのところが一部「一時停止」と

 みなされてしまったらしいです。。。

f:id:sandplover_petro:20190316225925j:plain

 

目安タイムというものがよくわからないまま走ったので、

このタイムが「初挑戦の割にはよかったのか?」否かは

よくわからないのが本音です。

 

確かにキツいコース(心臓破りのコース)ではあるのですが、

7kmを割り切って乗り切れれば、思っていたよりもきつくなかったかもです。

次回走る際は、7kmの参道前までは歩かずに走りたいな、と。

 

で、この大会の参加賞は、バックパックでした!

この大会は、片道コースである関係上、荷物をゴール地点まで送ってくれないのです。

(「着替えとかは、バックパックに入れて自分で持っていって!」というスタンス)

なので、参加賞のバックパックを背負って走ってる人が結構いました。

 

自分も初めてバックパックを背負って走ったのですが、思ったよりも気にならずに

すみました!

しかも、他のランナーの方によると「今大会のデザインはあたり」だそうです。

気になるバックパックは、こんな感じ。

f:id:sandplover_petro:20190316125642j:plain

なかなか地味なデザインのため、季節がよくなってからの帰宅ランにも

十分使用可能なデザインかなと思います。

ま、帰宅ランに限らず、家の周囲を走る際にも銭湯とかに行きたいときは

フル活用しようと思います。

 

 

超強風が吹き荒れる中、第35回杉戸新春マラソンを走ってみる(10kmの自己ベスト更新)

毎年恒例となっている、出身地でのマラソン大会

「杉戸新春マラソン大会」に行ってきました。

 

距離は10km。コースは田んぼのど真ん中。

強風に見舞われることが多いのが特徴の大会です。

 

また、この大会は「仮装の部」という『純粋な仮装で勝負する』

ことのできるある意味珍しい大会です。

(もちろん、10kmの部でも仮装して走ってる人はいます)

 

今回から、プログラム、ゼッケン、記録用チップと参加賞が

事前郵送になりました。

 

その中に、ゼッケンが2枚入ってました。

番号が入ったいわゆる「ゼッケン」だけでなく、「伝言板」なるゼッケンも

入っていました。『なんでもいいから自由に書いて走ってね☆』という感じの

ゼッケンでした。

 

「文字を書いてもどうせ誰も読まないし、まじめなことを書いてもねぇ」と

思ったので、とっさに思いついたアンパンマンを書いてみました(笑)。

 

あと、この大会は小規模な割にはゲストが豪華なんですが

気象予報士の平井さんと井田さん(@KankoHiroko))、

今回は上記の2名に加えてなぜかお隣の久喜市長と、あの川内優輝さんの弟さんの

川内鴻輝さん(@k_ksports)がゲストとして参加していました。

なので、ゲストランナーが総勢4人(久喜市長は置いといても、

実質3人?!)という相当豪華な大会になりました。

 

井田さんは、そのうち親子の部にゲストランナーとして

走ったりしそうな気が(そしたら、ウチの子も一緒に走らせたいな、と)。

 

さて、ここからレースの記録に。

ハーフの練習ばっかりしてたんで、記録は50分を切れれば御の字と

思ってレースに臨みました(一緒に走ったどんぐりさんにも、その旨を伝えといた)。

 

でも、終わってみれば10kmの自己ベスト(47分24秒 ※ネットタイムは47分20秒)で

ゴールできました!

 

序盤の3kmくらいまでは、周囲の速い方のペースに乗っかりました

(追い風というのもありましたが)。

 

中盤は、超強風(向かい風)と飛ばしすぎで崩れるかと思ったのですが、

思いのほかペースが崩れずにキロ5分前後で走ることができました。

 

後半から終盤も、超強風(向かい風)とかなり多くのランナーほぼ抜かれたことで、

「かなりペースが遅いのかな~」と思っていたのですが、

中盤と変わらないペース(キロ5分前後)で乗り切れていました。

 

ゴール付近に近づき時計を確認すると、47分台前半で行けそうな雰囲気が

出てきました。ちょっと頑張ってスパートしてみたところ、

無事に47分台前半(47分24秒)でゴールできました!

 

今までの10kmの自己ベストから、15秒近く短縮させることに成功したことに

自分でもちょいとビックリしました。

 

今回は、キロ5分ペースで走っていた平井さんよりも先にゴールできました。

おそらく、「速いほうは川内さんに任せちゃえ」的なノリだったのでしょうが。 

 

以下、今回の計測結果です。

一時停止の17秒というのは、ゴール後に立ち止まっていた秒数になります。

なので、アプリでの計測は、ネットタイムと同じ47分20秒ということに。

珍しく、ピッタリな数値になったなと。

f:id:sandplover_petro:20190127223015j:plain

 

今回は、1kmごとの表示がなぜかありませんでした。

強風で倒れるから掲示をやめたのか、それとも経費節減のためなのか

理由はよくわかりませんが。。。

 

走った時に身に着けていた時計は、GPS機能がないものだったので、

キロごとのペースは気にしないで「感覚で」走れたことが

今回の結果につながったのかもしれません。

 

先週のフロストバイトロードレースでは、ハーフの自己ベストを更新できたので

その勢いが持続できたのは嬉しいところです。

 

次のレースは、2月末にあるふかやハーフマラソンが控えています。

寒いからといって練習をさぼらず定期的に走ることができれば、

今後も大崩れすることのない安定したレース運びができそうです。

 

 

2019年の計を(緩く)立ててみました。

2019年が始まってから、早くも3日が経とうとしています。

三が日が、早くも終わろうとしています。

 

というわけで、遅れましたが新年明けましておめでとうございます。

本年も、いろいろなことをユルユルとしていきたいと思いますので、

どうかよろしくお願いいたします。

 

さて、「一年の計は何とかにあり」ということで、

簡単ではありますが、少しだけ立ててみました。

 

1.フルマラソンネットタイムでの4時間20分切り。歩かず完走!)

2018年のさいたま国際マラソンでは、グロスタイムで5時間を切ることができました。

ネットタイムでは、4時間40分を切ることができました。

歩かずに完走するレベルとなると、おそらくネットタイムが4時間20分くらいになるはず。

多少半端ではありますが、まずはこのラインを狙おう、と。

さいたま国際マラソンは出たいけれど、まずは2020年の東京マラソン

申し込むところからスタートします。。。

 

2.日々のジョギング(毎月できるだけ均等に距離を走れるようにする)

2018年は、何とか走行距離400km超え(401km)を達成することができました。

しかし、月ベースで走行距離を見てみると、まぁ凸凹が激しくて。。。

f:id:sandplover_petro:20190103222331j:plain

12月に、年間走行距離の25%を固めて走ってたんですよね。

一方、一番走りこんどかないといけない10月はほぼ走れず状態。。。

6月、7月もほとんど走れませんでした。。。

2018年のさいたま国際は、ビギナーズラックで5時間切りができたからよいものの、

2回めはうまく行くとは限らないので、しっかり夏場に走りこんどきたいな、と。

 

3.銀塩カメラの修理資金の貯金(Nikon F2 Photomic)

2018年に何度か当ブログにも出てきた、Nikon F2 Photomic という銀塩カメラ

1970年台に作られた、なかなかイカツイ銀塩カメラです。

f:id:sandplover_petro:20180923002434j:plain

 

2018年は、メインで使っている銀塩カメラNikon New FM2)をオーバーホールに出しました。

オーバーホール後の調子は至って好調な感じです。

なので、今度は2台めの銀塩カメラをオーバーホールに出したいと思っています。

ただ、金額が相当可愛くないんです・・・(汗)。

昼ごはんとかを倹約して、消費税が増税になる前にオーバーホール資金を貯めたいな、と。

Nikon F2 Photomic は、ウチの叔父の形見の品なので、何とか復活させたいのです)

オーバーホールに出すとすれば、Nikon New FM2の面倒もみていただいた

日暮里にある写真屋さん(三葉堂寫眞機店さん)にお願いできればベストです。

 

4.年に2回くらいは山に登る

2018年は、終わってみれば1回しか山に登れませんでした。。

その時の縦走(名栗湖〜棒ノ折山〜高水三山)は面白かったのですが、

「やっぱり一回だけじゃねぇ。。。」というのが正直なところでした。

なので、春に1回、夏に1回という感じで行きたいな、と。

山小屋泊にもデビューしたいのですが、そうなると今持ってるバックパック

買い替えが必要になるんですよね。また費用が。。。

 

5.1ヶ月に1冊くらいは本を読んで、ブックログをつける

2018年も読むには読んでいたのですが、このブログにブックログは

残せていませんでした。。

せっかくkindle unlimited にも入ってるんで、読んだものは今年こそは書いてみようかと。

それでないと、何の本を読んだのかも忘れてしまいますしね。

 

6.子供をサッカースタジアムにデビューさせる

試合に飽きて走り回る(スタジアムの周囲を)とかでも構わないんで、

2019年こそはデビューさせたいところです。

 

 

埼玉スタジアム開催のルヴァンカップ予選(比較的緩い雰囲気)を狙っていたのですが、

浦和がACLに出場するのでルヴァンカップの予選が免除になってしまいました。

さすがにトーナメントのピリピリした雰囲気はまだ早いとも思うので、

どの試合に連れていこうかは思案中です。。

浦和レディース(西が丘サッカー場開催、または駒場開催)あたりが妥当かも。。。

 

と、以上6項目を書いてみました。

まとまりは特にないのですが、こんなところでしょうかね。

 

2019年末にどれだけ実行できているか、結果発表は年末までお待ちください!

 

大みそかのジョギング(2018年通算400km達成!)

2018年の締めに、少し走ってみました。

少し体重が減ってきたおかげか、スピードを出すのが少し楽になってきました。

 

なので、あんまり意識しなくてもキロ5分は切れるようになってきました。

もちろん、短いキロ数限定ではありますが。。

 

f:id:sandplover_petro:20181231224329j:plain

ロードは信号待ちとかの障害はあるものの、

風景がころころと変わっていくのが心地よいんです。

4.0kmは、5:14と5分をオーバーしちゃっていますが、

結構な上り坂がったので致し方なしか、と。

 

ともあれ、これで2018年の走行距離は通算401kmとなりました。

目標にしている400kmはスレスレではあるものの達成できました☆

 

2016年、2017年は目標値に達成できなかった(目標値に問題あり?!)ので、

それから見たら進歩できたのかな、と。

とはいえ、12月に113km(フルマラソン含む)を走りこんだので、

もうちょっと計画的に走るのが2019年の課題でしょうか。

 

ちなみにこの日は、初詣のリサーチ(徳丸北野神社)を兼ねてのジョギングでした。

京都の北野神社と同様に、牛がいました。

 

また、元旦に開催されると思われる舞台の準備も

バッチリ整ってました。

 

第4回さいたま国際マラソンを走ってみる(完走!) 

人生初となるフルマラソンさいたま国際マラソン」にチャレンジしました。

 

さいたま国際マラソンは、アップダウンが多いコースとして有名なコースである一方、

資金難もまことしやかに囁かれているコースでもあります。

 

2週間前のハーフで不本意な結果(15km付近で足を痛め、以降歩き...)だったものの、

完走目的にチャレンジしてみました。

目標は、ズバリ完走!行けるとこまでキロ6分ペースで行き、

それ以降は歩いて何とかゴールへ、という算段でした。

(制限は6時間だったので、半分歩いてもどうにかなる計算はあった)

 

結果はというと、無事完走できました!!!

グロスタイムで5時間切り(サブ5)というオマケもついてきました!!!

 

f:id:sandplover_petro:20181218130640j:plain

不肖クマックマ、ハーフ以上は走ったことがなかったので、

20km以降は未知の領域でした。振り返ると、30kmまでは何とか持ったな、と。

 

では、ここからは10kmごとに。

 

1. スタート~10km

f:id:sandplover_petro:20181218131129j:plain

さいたまスーパーアリーナから、北浦和駒場スタジアムを通過し、

東浦和駅入り口まで行くコース。

多少のアップダウンがあったものの、キロ6分は守れたかな、と。

 

2. 10km~20km

f:id:sandplover_petro:20181218131201j:plain

東浦和駅入り口から見沼有料道路(田んぼの真ん中)、浦和美園駅を通過し、

さいたまスタジアムを折り返す感じ。

体が温まってきたためか、知らず知らずのうちにペースが上がっていました。

18km付近でキロ5:34となってるのは、埼スタにいたレッズサポの皆さまの

声援の賜物です!「天皇杯決勝、お願いします!」という思いを込めながら

走っておりました。

 

3. 20km~30km

f:id:sandplover_petro:20181218131233j:plain

ここからが未知の領域になります。

4号バイパスつきあたり(神明交差点)を折り返し、来た道をひたすら走る。

浦和美園駅を通過し、見沼有料道路(田んぼの真ん中)まで行く感じでしょうか。

 

半分を越えたあたりから、給水だけでなく「給食」も現れます。

給食は初経験なので、楽しみでした(うっかりサプリを忘れたのもあるのですが)。 

ここの給食は、あの「十万石まんじゅう」とか「彩菓の宝石」とかがあったので、

それだけでワクワクした感じに☆

 

しかし、ペースは着実に落ちていき、キロ6分は維持できないレベルに。。

キツイ登坂では歩いちゃいましたし。。。でも、ここで無理していたら

確実に足を攣っていたと思うので、そこはやむを得ずかもです。

とにもかくも、30kmまではネットタイム3時間前後で行けました。

 

4. 30km~40km

f:id:sandplover_petro:20181218131312j:plain

この区間が一番のふんばりどころ(足を攣ったりするものこの区間)。

陸橋を2つほど超えるうえに、アップダウンが案外あるところです。

 

この時点で、足は出なくなっていたので、あとは無傷で走ることを心掛けました。

その結果、「上りは歩き、下りと平坦なとこではユックリ」という

超安全策をとらざるをえなかったのですが。。

300メートル走って、200メートル歩くという感じで何とか乗り切りました。

ここで足を攣ったりしたら、完走なんて夢のまた夢ですし。。

 

心残りなのが、給食の「うなぎ」が見つからなかったことでしょうか。。

 

5. 40km~ゴール

f:id:sandplover_petro:20181218131340j:plain

ここまで来たら、目指すは完走!(ネットタイムでのサブ5も行けそうだし)という

感じでのんびり走っていました。

 

しかし、41km過ぎに、完走サポート隊なる方に追いつかれ

「我々より前に行けば、5時間(グロス)切れますよ!」とか言うもんなので、

 「じゃ、やってみようかな」という感じで少しギアを上げました。

 

さらに、師匠のどんぐりさんも沿道から「5時間行ける!」と言ってくれたんで

「もう、上げるしかないな」ということで、さらに少しギアを上げました。

キロ8分~キロ6分に上がってるのを見れば、そこは明らか(汗)。

※ちなみにそばを走っていた仮想ランナー(麦わらのルフィさん)は、

 ギアセカンドくらいの感じで走りすぎていきました。

 

てなわけで、気がついてみたらもうゴール!

前述したように、グロスで5時間切れるというオマケもつきました!!!

これは、最後にもらったメダルです。

いや、Qちゃんじゃないけどかじりつきたくなりました(笑)。

 

完走できた要員は、足を攣ることなく、最後までなんとかやりすごしたのが

大きいかな、と。

あとは、初マラソンで怖いもの知らずだったのもあったかもしれません。

 

それと大事なところで、少しでもベストの体重に近づけた状態で走ったことも

あります。 レース2週間前は、ベストから5kg増だったんですが、

2週間で、ベストから3kg増まで何とか減らしました。

体力が減るリスクはあったのですが、それより体にかかる負担を軽減できたのが

大きいか、と。

 

2019年までフルマラソンを走ることはないですが、

また来年のさいたま国際マラソン(来年も開催が決定!)に出たいと思います。

 

ねこねこ55の歌を買う。

Eテレ不定期にやってる知る人ぞ知る番組、

ねこねこ55のテーマソングですが、

「ダウンロードできないよなぁ」と思ってました。

 

がしかし!

ダウンロードできることを知りまして、

迷わずダウンロード♪

 

ねこねこ55に出てくるネコもかわいく、

うちの子もはまってるんで、

ダウンロードくらいはしてもよいのか、と。

 

元気が出る曲なんで、朝とかに聞くと良いかも。

ちなみに歌ってるのはチャットモンチーです。

ねこねこ55のオープニングテーマ

ねこねこ55のオープニングテーマ