新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

メンテナンスに出していた Nikon F2 Photomic が帰ってきました!

先日(といっても3か月前ですが)、メンテナンスに出していた

フィルム一眼レフ(Nikon F2 Photomic)が戻ってきました。

※写真右側のカメラです。左側ではありません(笑)。

 

珍しくフィルムを入れそこなったり、その他もろもろのしくじりをしてしまいましたが

何とか写真は撮れるようになりました。

 

区内のアーケード付き商店街に行った際になんとなく撮ってみました。

「あ、なんか良さげ。じゃ、とりあえず撮るか、パシャ」という感じで

撮ってみた写真がコレ。露出とかは、標準装備の露出計を頼りにしてみました。

Nikon F2 Photomic は、1970年代にプロの方が使われていたものなので、

基本素人のわたくしが撮ってもそれっぽい写真は撮れます。

なんというか、味があるというかなんというか、レトロっぽいというか。

令和なのに、なんとなく平成初期を感じてしまうのは気のせいでしょうか。

 

あと、シャッター音(パシャ)という金属音がまたヨイんですよね。

しびれるんですよね。

昔からの相棒「Nikon New FM2」のシャッター音は、

「カシャ」という多少重みのあるシャッター音とはまた違う感じなのですが、

やっぱりいい音なんです。

ちなみに Nikon F2 Photomic のシャッター音は「パシャ」という軽快な音が

します。多少軽い感じもするんですが、それもまたいいんです☆

 

さらに話題は続きまして、

この種類のカメラの仲間は、その昔に冒険家の植村直己さんがNIKON

特注モデル(ウエムラスペシャル)の作製を依頼したことでも有名です。

※詳しくは以下のリンクをご参照くださいませ。

 

news.mapcamera.com

 

Nikon F2 Photomic は、昔から相棒として使っている

フィルム一眼(Nikon New FM2)よりもワンランク上の重さを誇るります。

よって、多少持ち運びには苦労しますが、

その他の荷物を軽量化することでなんとかバランスをとりたいな、と(笑)。

 

次は、Nikon F2 Photomic の露出について少し書こうと思います。

果たして令和元年中に書けるのか。。。

 

今シーズン初の10km越えランニングをしてみる。

今シーズン(2019-2020)シーズンに入り、

初めての10km超えランを実施しました。

だいぶ今さら感が漂うのですが…。

 

コースはこんな感じ。

前半が軽いアップダウンがあったけど大して気にならず。

f:id:sandplover_petro:20191117214313j:image

 

走行記録とか。

f:id:sandplover_petro:20191117214349j:image

 

キロあたりのスプリットは、

下り坂と平坦部分では多少早めることができた。


f:id:sandplover_petro:20191117214814j:image


f:id:sandplover_petro:20191117214759j:image

そこまで速くないペースだけれど、

余力を残しての終了だったから、まぁヨシとします。

 

 

 

 

小雨の降る中少しだけジョグをしてみる。

10月になったとはいえ、

まだまだアツい日が続いています。

 

と言ってみたものの、

走ってみたら小雨が降り出しました…。

 

そのおかげか、なかなか心地よいジョグにできました。

 

コースはこんな感じ。最近の基本コース。
f:id:sandplover_petro:20191006111324j:image

 

1キロあたりのタイムはこんな感じ。

f:id:sandplover_petro:20191006111409j:image

 

アップダウンはこんな感じ。


f:id:sandplover_petro:20191006111537j:image

 

少し下り坂になりかけたとこで、

ぐいっとスピードがあがってる感じかと。

 

9月は風邪を引いたりしてたんで

ほぼ走れずじまい…。

今月以降はある程度走りたいところです。

 

"Resumen de Girona FC vs Rayo Vallecano (3-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノは、プリメーラからの降格仲間であるジローナとアウェイで対戦しました。

 

ジローナは、大砲(ストゥアーニ)がいらっしゃるのが一番の脅威だったのですが、その予感が当たりまくってしまう結果になりました。

 

ラージョの左サイドバックは、移籍してきたばかりのルナが入りました。アキエメ移籍、ティトは右サイドで使わざるを得ない(右サイドのアドビンクラが代表に招集されている)という事情はあったにせよ、ほとんどぶっつけ本番だったはず。

 

試合開始直後は、エンバルバが右サイドを疾走しセンタリング→ゴール中央で待ち構えていたこれまた新戦力(ほぼぶっつけ本番)のデカい系FWウジョアがヘディング。このシュートは惜しくもGK正面。

 

そうこうしてるうちに、ラージョはいつの間に左サイドを崩されてジローナの大砲ストゥアーニに先制を許します。マークについていたのはCBカテナ。さすがに荷が重いか?てか、バだったらもっとひどい体たらくだったとは思いますが。

 

前半終了直後、左サイドバックのルナがライン際を駆け上がってセンタリング→中央でトレホが体ごと押し込む形になりかける→力のないボールは残念ながらポスト郵便。。

 

後半もストゥアーニに蹂躙されかけたものの、どうにかこらえていた感じ。しかし、55分にエリア内でCBカテナが豪快に引っ掛けてしまいPK。これを決めたのがまたしてもストゥアーニ。。

 

この後、中盤で左サイドバックのルナがいい感じでジローナからボールを奪います。このボールを逆サイド(右サイドの大外)にいたエンバルバに展開します。ジローナは虚を突かれたかたちになり、エンバルバは何故かドフリー。エンバルバは右足で豪快にゴール!これで、1-2となります。

 

しかし、終盤には以前パコ・ヘメス時代によく見た光景が待っていました。遮二無二攻めてボールを取られてカウンターという最悪の自体に。。CBカテナは0-2になった時点(58分)で交代し、中盤のマリオ・スアレスも78分でベンチに下がっていたので、まともに守れるのはCBサベリッチくらいのもの(CBのティトは使い物にはならない…)。

 

ジローナのストゥアーニにとっては願ったり叶ったりの状況ってわけだったようで、89分のカウンターを難なく決めて試合を終わらせました。マークについていたCBサベリッチは、ストゥアーニの動きを見失い万事休す。

 

終わってみれば1-3の敗戦。ラージョは意外なことに2019-2020シーズン初の敗戦になりました。ま、パコ・ヘメス監督のラージョにしてみれば、負けるときはこんなもんかと。見慣れたラージョが戻ってきた感じです、ハイ。

 

ハイライトを見る限りでは、左サイドバックのルナ、CFウジョアはそこそこ使えそうな感じ。右サイドバックのアドビンクラがペルー代表から戻ってきたら、しばらくはティトと併用されるかたちになるかと思います(アドビンクラも守備は怪しいので、スタートは右アド&左ルナにしといて、ヤラれてる方にティトを入れて守備を固める感じになるのか、と)。

 


Resumen de Girona FC vs Rayo Vallecano (3-1) - YouTube

9月のプチ坂道ジョグをしてみる

 

9月になったので、

「少しは涼しくなったかな」と思い、

少し坂道があるコースを走ってみました。

↓こんな感じ。
f:id:sandplover_petro:20190917093913j:image

 

調子に乗って、少しアップダウンがあるとこを

選んでしまったので、9月といえども結構暑かったです。。

↓成増近辺は案外坂道が…。

f:id:sandplover_petro:20190917094152j:image

 

キロあたりのスプリットはこんな感じ。

ま、前半は坂なのでこんな感じか、と。


f:id:sandplover_petro:20190917094359j:image

 

ランタスティックのアプリからいろいろ試し、

スマホからでもそこそこの情報は取得できることが

わかりました。

アプリからは、以下のような画像が作れるらしいです。

f:id:sandplover_petro:20190917094529j:image

"Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノは、難敵デポルをホームに迎えての一戦でした。デポルの柴崎岳が試合に出ていたようですが、ハイライト動画からは確認できず(確実にいたんでしょうけど)。

 

前節左サイドバックをやらされているティトが出場停止となったため、左サイドバックには第1節と同じようにアキエメが入りました(アキエメはこの試合を最後にバルセロナBへと移籍…)。

 

ラージョは、30メートルほどの距離からよく曲がるFKを決められて先制されてしまいます。GKアルベルトの動きがおかしかったのも、相当ボールが落ちていたことで納得。

 

しかし、ラージョは前半のうちに逆転に成功します。

左CKから、そんなに上背はないのに昨シーズンに加入して以来ヘディングでのゴールを重ねているMFマリオ・スアレスがまたしてもヘディングで得点!

 

その後は、左サイド深くに侵入したMFエンバルバがあげたクロスを、MFアルバロ・ガルシアがキープ。トラップしてから素早い動きで左足シュート。これがゴールとなります。プリメーラでもそこそこやっていたアルバロ・ガルシアだけに、ここらへんは格が違ったのかもしれません。

 

後半は、左サイドからえぐられるシーンが。アキエメが多分狙われているんでしょうけど、WOWOWのせいでフルタイムの画像が見れないので詳細はわからず。てか、こんな体たらくでアキエメはバルセロナBに行って良いのか、と。カテゴリー的には1つ落ちるし、ハクはつくとは思うのですが。ま、有名になったらラージョ的には「アキエメはオレが育てた」という感じになるはずです(ホントに育ててるし)。

 

そうこうしているうちに、ラージョは3点目を取り試合を決めます。左サイド深い位置から(多分)MFアルバロ・ガルシアがセンタリング。中央でFWピオバッカリが結構鋭いシュートを放ちます。このシュートがポストにあたり跳ね返ってきたところを、フラフラとゴール前に侵入していたMFポソがシュート!!

 

ラージョは相変わらずのディフェンスっぷりなんでしょうが攻め勝つという「パコ・スタイル」で勝利しました。

 

 

 


Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1) - YouTube

"Resumen de Real Sporting vs Rayo Vallecano (1-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノはアウェイで難敵スポルティングと対戦。youtubeでのダイジェストを見たのでメモ書き程度に。

 

セットプレー後のゴタゴタから、スポルティングのボルハ・ロペスに先制を許します。反射神経がたまに驚異的になるGKアルベルトでもどうにもならず。多分シュートの瞬間が見えてないんじゃないか、と。

 

その後、スポルティングが追加点をあげたように見えましたがオフサイド。右サイドバックのアドビンクラが怪しかったもののオフサイドという判定に至ったようです。

 

ラージョは右サイドから縦パスに、9番のアンドレス・マルティンが抜け出します。アンドレス・マルティンは右足でGKとポストの間を打ち抜き同点に追いつきます。

 

スポルティングが一人退場になりラージョがイケイケのように思えたものの、この日左サイドバックに入っていたティトがやらかしてしまい一発レッド…。次節はさらに難敵のデポルなのにどーすることやら。

 

てなわけで、ラージョ・バジェカーノは2節連続の引き分けに終わりました。

 


Resumen de Real Sporting vs Rayo Vallecano (1-1) - YouTube