新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

2021J1シーズン第9節:浦和-徳島(関根のヘディングが決勝点だけど、勝負の分かれ目はGKの判断?!)

 

鹿島、清水と連勝し、ここ数年していない3連勝を目指して

徳島との戦いに臨みました。

  

スタメンは、4−1−4−1。

DFは右から西、岩波、槙野、山中。

中盤はアンカーに伊藤敦樹、

その前に右から順に、関根、小泉、武田、明本。

FWは武藤。

 

鹿島戦以降、スタメン+ベンチのメンバーは変わりなし。

 

前半開始早々に武田が負傷して途中交代。。。

代わって入った杉本がほぼ使い物にならず、前半40分あたりまでは

押されっぱなし。前半残り5分で浦和が盛り返して、前半終了。

 

後半は、浦和が多少押し始め、60分に関根がCKからの

ヘディングシュートを決めて先制。これが決勝点となり

浦和が徳島に1−0で勝ちました。

 

f:id:sandplover_petro:20210411234027j:plain

 

 

 

以下、気になったことについて。

 

 

1.杉本について

武田の負傷退場で急遽出場することになったのが杉本。

リカルド・ロドリゲス監督が「武田の役割を武藤にやらせたが、

失敗した」と認めたくらいなので、武藤との組み合わせも失敗・・・。

 

周囲への指示をするものの、それがうまく連動せず。

そして、指示されるとなんかタラタラと動き出すように見える。。。

後半は積極的に動き出してるように見えるのだけれど、

殺人タックルまがいのものを繰り出しまくる。。。

 

杉本は、結局シングルタスクの選手なので、

「攻めと守りのバランスが上手くとれない」というのがホントの

ところなのかと。

 

これは簡単に修正されそうにないので、杉本はやっぱり

難しいのかもしれません。。。

 

 

2.西について

前回も西べた褒め的なことを書きました。

西って、機を見る力(よく言われる戦術雁)がすごいなと。

※ふてぶてしいのは言うまでもなし。

 

武田が負傷退場してから前半40分くらいまでは、

後ろで不安定な動きを繰り返す岩波に後ろ髪ひかれる感じで

対面の左SBにも先手を取られる感じがすごくしていました。

 

それが、前半40分くらいで突如変わります。

西が「残り5分だからいい感じで終わりたい」と思ったのか

「残り5分だからまぁ攻めてもいいでしょ」と思ったのかは

正直わかりませんが、西が攻めに絡みだします。

 

そこに小泉も加わり始め、関根と3人で徳島の左サイドを切り崩し

始めたのです。結果的にゴールにはつながらなかったものの、

ちょっと光明が見えた状態で前半を終了させることができました

(もしかしたら、杉本を経由しない攻撃が機能しただけかも)。

 

徳島的には、一筋縄では行かない西が攻めに満を持して参加してきて

リアクションを取る前にいろいろ浦和に切り崩されかけたというのが

ホントのところなのかもしれません。

 

西としては、これで一週間休めるので、

ここでしっかり体調を戻して週末のセレッソ戦に備えてほしいものです。

 

f:id:sandplover_petro:20210411234108j:plain

 

3.GKについて

浦和の得点は、徳島GK上福元がボールがエリア内で

ボールをキャッチしそこねて得たCKから。

西川だったら、ああいった判断はしなかったのではないか、と。

(たまに変なやらかししますが)

 

こういった試合を決めるものは、得てしてセットプレーだったりします。

特に徳島はセットプレーに難あり的な話もあったので。。。

ベタではありますが、勝負を分けるアヤは

もしかしたらGKにあったのかもな、とベタですが思いました。

 

 

 

【選手採点】

GK;西川(6.5)

ビックセーブは間違いなくチームを救った。

相手GKとの差が勝利を手繰り寄せるキーポイントだったとも言える。

 

DF;西(7.5)

ガツガツゴリゴリの相手左SBに多少苦労してる風にも見えたが、

何となく鎮火させ前半40分以降からは前に進出し主導権を握る一因となった。

 

DF;岩波(5.5)

フィードにミスが多いように思えてならない。余裕がありすぎるから?!

 

DF;槙野(6.5)

相手の大きなFWをほぼ封殺。

やることがハッキリしてるとさすがの強さを見せる。

 

DF;山中(6.5)

多少控えめ感を感じるときもあったが、クロス精度はかなり高い。

今日は要所でのクリアが目立った。

 

MF;伊藤敦樹(6.5)

柴戸とは違った持ち味を見せ、中盤の底として奮闘。

クリアとブロックに冴えを見せ、読みの良さを証明した。

 

MF;関根(6.5)

ショートコーナーで相手のマークがずれたのを見逃さず、

ヘディングで決勝ゴールを決める。切れ味は素晴らしく、好調さをキープ。

ただ、余計なイエローカードをもらう悪癖も引き続きキープしている。。。

 

MF;小泉(6.5)

武田途中交代の煽りをモロに受けたひとり。

前半終了間際から前の意識が増え始める。

何となくだけども、J1の当たりに慣れてきた気が。

 

MF;武田(6.0)

相手左SBにムキになってボールを奪いにいき、

足首をひねって試合序盤で交代…。

交代前後でチームがガラリと変わったことからも、

武田の重要性がわかるかなと。

 

MF;明本(6.5)

ハードワークは素晴らしい。

前半のシュートを決めていればとは思うけれど、

替えが効かない選手であることを今日も証明。

 

FW;武藤(6.0)

小泉と共に、武田途中交代の煽りをモロに

受けたひとり。献身性は相変わらず素晴らしい。

 

MF;柴戸(6.0)

武藤と交代して出場。伊藤敦樹と共に中盤に蓋をした。

体調面がいっぱいいっぱいだったので、短い出場時間となった模様。 

 

MF;杉本(5.0)

武田と交代して出場。

試合に入ることができずに時間が過ぎていった…。

後半は焦りからか危険なタックルも連発。

前節清水戦でのゴールはどこへやら…。

 

DF;宇賀神(採点なし)

関根と交代して出場。出場時間が短いため採点なし。

 

 リカルド・ロドリゲス監督(6.5)

武田の交代として杉本を入れざるを得なかったのが

きつかったのだろうけれど、試合中にいろいろ修正できるのは素晴らしい。

 

彩湖周辺とか荒川河川敷をマラニック的に走ってみる(かなりのマイナスイオンあり)。

 

ここ数週間はまとまった距離を走っていなかったので、

暑くなりすぎる前に久しぶりに10km以上を走ってみました。

 

街中を走ると、「基本マスクをする必要がある」ので

「なるべくマスクをしなくても走れそうなところ(=人通りが少ないところ)」を

狙って場所を選定したところ、河川敷付近にまとまりました。

 

河川敷ならば、人通りが街中ほどは多くないので

前方から走ってきている人が見えた時点でマスクをすればまだ間に合います。

 

で、今回走ったコースはこんな感じになります。

f:id:sandplover_petro:20210410205532j:plain

彩湖に入るまではマスク必須ですが、彩湖に入ってからは

人通りがみえないところ(特に堤防の上)は多少要件が軽くなります。

 

今回は、和光市戸田市を結ぶ幸魂大橋(さきたまおおはし)を

走って渡って、彩湖に入ることにしました。

 

今まで走ったことがなかった場所なのでホントに歩道があるのかは

正直わかっていなかったのですが、普通にありました(笑)。

f:id:sandplover_petro:20210410210320j:plain

地図で見ると、一般道と外環道が同じ場所を走っているように見えたので

歩行者用道路があるのか不安だったのですが、

まぁ落ち着いて考えたらありますよね。

新大宮バイパスでいうところの笹目橋みたいなもんでした。

 

幸魂大橋の入り口。歩行者用道路は、笹目橋の倍くらいありました。

f:id:sandplover_petro:20210410210425j:plain

 

普段走ることの多い河川敷の上を行くコースなので、長めはいいです。

冬だったら寒いのでしょうが山々は普通にきれいに見えると思います。

f:id:sandplover_petro:20210410211459j:plain

 

幸魂大橋を渡りきると、こんな建物が見えたのでちょっと入ってみました。

彩湖自然学習センター」というものらしいです。

2021年4月現在はコロナ禍であるため展示しかやっていないようですが、

自然情報は基本ここで手に入るようです。

f:id:sandplover_petro:20210410211657j:plain

 

魚のことや、外来種のことが主に展示されていました。

メダカとカダヤシについての説明も。

f:id:sandplover_petro:20210410211851j:plain

 

尾びれと尻びれのところに違いがあると。

2つ並べてくれていると、違いがよくわかります。

f:id:sandplover_petro:20210410211939j:plain

 

ビジターセンターとしての機能も果たしているので、

自然情報もありました。

f:id:sandplover_petro:20210410212101j:plain

家からそんなに遠くないことはわかったので(電動アシスト自転車があれば)、

また今度訪れてみようと思います。

 

そして、彩湖・道満グリーンパークの方へ。

ソーシャルディスタンスを保ちながらバーベキューをしている方や、

テントを張ってのんびりしている方、

小規模なウルトラマラソン大会もやっていました。

お隣の緑のたぬき都知事が見たら発狂する(Go Mad 状態になる)風景ですが。。。

 

それを横手に見ながら、再び荒川河川敷に出てのんびりと

爽やかな雰囲気のなかでジョギングをしてきました。

途中、ウグイスの鳴き声や、セッカの鳴き声が聞こえてきて

のどかな感じで気分良く走ることができました。

2020年のプリキュアじゃないのですが、

「生きてるって感じ」がすごくしました。

 

ちなみに、彩湖の南端あたりは、こんな感じの砂利道になります。

f:id:sandplover_petro:20210410212853j:plain

 

砂利道を抜けて少し走ると、そこは新大宮バイパス

荒川を再び渡り、板橋/和光市側の荒川河川敷で植物写真を少し撮ってから

流し気味でラン終了。

 

少しだけ、河川敷で撮った写真を。

これは多分セイヨウタンポポだと思うのですが、綿毛がキレイでした。

f:id:sandplover_petro:20210410213036j:plain

それにしても、最近のスマホは画質がホントによいですね!

 

こちらは、多分アカツメクサかなと思います。

植物系はそんなに強くないので、正直微妙ではあるんですが。。。

f:id:sandplover_petro:20210410213355j:plain

 

 

そして、こんなにダラダラとマラニック風に走ってみたところ

いつの間にか距離は15kmに迫るものとなっていました。

 

標高30メートルは、多分和光市の中かと。

標高マイナス8メートルは、彩湖のあたりかと思います。

意外とアップダウンがあったんだな、というとこでしょうか。

f:id:sandplover_petro:20210410210143j:plain

 

8kmで遅くなっているのは、彩湖の周りで写真を撮ったりしながら

のんびり走っていたからかと思います。

 

1kmあたりのスプリットはこんな感じです。

f:id:sandplover_petro:20210410213926j:plain

12kmが遅かったのは、笹目橋の歩行者用道路がすごく狭く

自転車とすれ違うたびに止まっていたからかと思います。

※下の画像参照。 

f:id:sandplover_petro:20210410214527j:plain

幸魂大橋の半分以下の広さという感じです。。。

 

しばらくすると長い距離は走りづらくなる気候になるので

走れる間に走っておこうかな、と。

 

【File:011】懐かしのミニエコーの画像を引っ張り出してみる(なつかしの辰野支線。クモハ123)

 

これは、2006年3月の写真です。

当時、中央本線の辰野支線(辰野〜塩尻)の間を走っていた

クモハ123。

f:id:sandplover_petro:20210404200353j:plain

 

なんでまた「ミニエコー」と呼ばれていたのかは、

正直記憶がありません(JRに切り替わったときに「ミニエコー」とかいう

愛称がついていた気がする)。。。

 

クモハ123はJR東日本ではこの1両しか走っていませんでした。

割と長い期間走っていた電車とはいえ、

自分も結局1回しか乗らなかったので、写真撮っておいてよかったな、と。

 

 

f:id:sandplover_petro:20210404200648j:plain

 

 

ちなみに、昔の車両についてはこちらでも書いてます。

よろしかったら!

sandplover-petro.hatenablog.com

 

 

2021J1シーズン第7節:浦和-鹿島(西大伍にみとれてる間に勝ち点3を獲得する)

 

やりたいことは見えてきているのだけれど、

攻めがイマイチ(どこじゃない)のと、

決定的なとこでポカをしてしまうのは変わらない浦和。

 

結局、2月・3月のリーグ戦は結局1勝1分3敗で終えました。

いきなりチーム状況が変わるわけもないので、

妥当といえば妥当な成績なのかもしれませんが。。。

 

この日は、リーグ戦は同じ1勝つながりでも

いろいろとめんどくさい相手の鹿島。

マスコミもいろいろと監督同士の対立を煽っていました。

(品がない・・・)

 

スタメンは、4−1−4−1。

DFは右から西、岩波、槙野、山中。

中盤はアンカーに柴戸、

その前に右から順に、関根、小泉、武田、明本。

FWは武藤。

 

阿部、金子、田中達也といった準レギュラーと

伊藤涼太郎、大久保がベンチにいませんでした。

 

その代わりというとアレなのですが、ベンチには先日のエリートリーグで

CBをしていた工藤が入りました。

(選手紹介動画が間に合わなかったのはご愛嬌・・・)

 

試合は、終始浦和が鹿島にさせたいことをさせない展開でした。

鹿島はFWのエヴェラウドとか上田に入ると迫力はあるのですが、

そこまで行き着くことが少なかった気がします(というか少なかった)。

 

浦和は1トップと銘打っていたものの、

やっていたことは0トップ。

武藤が動き、空いたところを主に武田がなだれ込むという感じでしょうか。

リカさんほどの方が「なんで今まで0トップやらんかった?」と

いいたくはなるのですが、おそらくエリートリーグの武藤のキレを見て

いろいろアイデアをひねり出したんでしょう。

 

いずれにせよ、エリートリーグで結果を出した選手が

使われるというのはとても良い流れかと思います。

 

というか、今日は右サイドバックの西を見に行ったようなもんでした。

あの「飄々とこなしちゃう」感の半端なさを感じました。

 

しかも、そこそこ競り合いにも強い(見かけによらず)。

うちのTwitterのフォロワーさんが「山田暢久っぽい」と言われてる方が

いらしたのですが、案外そういうタイプなのかもしれません。

センスでサッカーしている的な。

 

指示出すときはしっかり出しているし、

要所要所でしっかりと味方に指示を出している姿も見えました。

 

VARの待ち時間のときにも集中を切らさないように

味方に声をかけることをしてました。

基本よくわからんサイコパスキャラんでしょうけど、

やるべきときは当然やるんだな、と。

 

自分が予想だにしないときに受けちゃったパスも

「あれ、いまきちゃったの?ま、これでいいでしょ」的な動きをして

何事もなかったかのようにさばいちゃうところもビックリ。

 

攻めでも常に効いているという感じでないのですが、

嫌なとこで的確に攻めに参加するというスタンスだったように思えます。

 

現に、先制点のシーンもそんな感じでした。

①左サイドから小泉がサイドチェンジ

②フリーで受けた西が左サイドを駆け上がってきた明本にセンタリング。

(ニアを柴戸が結構な勢いで走ってきて鹿島DFはそっちに釣られた気配も

 少しだけあり)

③明本がGKと1対1となり、冷静にゴールに流し込んで先制!

 

これが2021シーズンの浦和の「流れの中からの」初得点になりました。

f:id:sandplover_petro:20210403211636j:plain

 

その後、なぜか主審の荒木が「露骨に」と言っても過言ではないくらい

鹿島のファウルを甘くみて、浦和のファウルではないファウルを生み出す

ことに。

 

悪名高い「あ行審判」の一角である荒木なので、

これくらいは折込済といえば折込済なのですが、

それを差し引いてもいらっと来まくる判定が続きます(後半も)。

 

前半終了間際の同点にされたゴールにしても、

この不安定なジャッジがなければなかった可能性が高いといえます。

 

挙句の果てに、スタジアムにはこの表示が多く出されることに。

f:id:sandplover_petro:20210403212045j:plain

これを出さないと某マン村井から何言われるかわからないので

出しているのは理解できます。

ただ、応援ではなく抗議なんですよね。

 

一つ言えるのは、

同点にされたのが前半終了間際で良かったかもしれない

ということでしょうか。

 

ベンチに阿部という精神的な大黒柱がいないので、

何かあったら川崎戦のように瓦解する可能性もかなりありました。

同点にされてからすぐにハーフタイムに入ったので、

そこらへんの精神的な面は立て直しやすかったのかもしれません。

 

後半も、基本は浦和ペース。

「やればできるじゃん」というくらいに、浦和の選手が躍動していました。

そんな中で、武藤から出たスルーパスに反応した明本が

エリア内で倒される事象が発生します。

 

主審の荒木はPKを宣告したものの、

VARとして鎮座していたあ行審判の一角「飯田」から連絡が入ったのか

VARとなります。

しかし、結果はPKのままで変わらず。

蹴ったのはまさかの槙野。ACLPK戦でPKを蹴るのを拒否した「槙野」です。

「多分枠外に外して終わりだろうな」と大して期待せずに見ていましたが、

コースは甘かったものの、なんとかゴールイン。

浦和が逆転に成功します。

 

その後は、鹿島というより審判およびVARとの戦いになります。

武藤の粘りから生まれたチャンスから、関根がゴールネットを揺らすものの

VARでゴールならず(武藤がハンドしたとかいうのがその理由)。

 

もう、この図を現地で見てどんだけストレスが溜ったことか。

f:id:sandplover_petro:20210403213110j:plain

 

点差は1点差だったものの、

ザーグ、、、じゃなかったザーゴ監督も認めるように

鹿島的には2021年の最悪のゲームだったとのこと。

珍しく、浦和の狙い通りの勝ちであったと言えます。

f:id:sandplover_petro:20210403213759j:plain


 

次節清水戦、その次の徳島戦は確実に勝点を稼がないと

いけない相手でもあるので、いい弾みがついたともいえます。

 

 

 

【選手採点】

GK;西川(6.0)

要所要所で好セーブを見せていた。

 

DF;西(7.5)

飄々とした雰囲気で、攻守でチームを落ち着かせる存在。

ミスっぽいミスはほぼなく、本気で走ったらそこそこ速いことも

目の当たりに。多少地味めかもしれないけれど、

浦和に欠かせない選手であることはよーーーくわかりました。

なお、終盤は右MFとしてもプレー。

※特注マスクの背番号第一候補にあがってきました。

 

DF;岩波(6.5)

ひたすらフィードをしていたように思えた。

川崎戦までとは別人のように感じた。

 

DF;槙野(7.0)

相手が相手だけに燃えるものもあったのか、

キャプテンマークをつけた責任感からか、

相手2トップをほぼ完璧に封じ込めた。

 

DF;山中(6.5)

イエローカードを貰ってからしばらくは勢いがなくなったように

見えたが、試合全体を通じては左サイドを明本とともに制圧。

 

MF;柴戸(6.5)

アンカーできるのか?という疑問は相当あったものの、

他MFのフォローももらいながら、中盤で汗をかきまくった感じ。

このまま行けば、阿部、金子、伊藤敦樹とは明らかに違うタイプの

中盤の底になるので、このまま調子を持続したい。

 

MF;関根(7.0)

VARでゴールが取り消される不運はあったものの、

キレが完璧に戻ってきた感あり。

※後半だけで、対面の鹿島DF(永戸)を2回尻もちをつかせたくらい。

この調子が続けば、右MFの定位置は遅かれ早かれ関根が取りそう。

 

MF;小泉(6.0)

対面した鹿島のレオ・シルバにはかなりの高確率で当たり負けしたものの

サカダイの記者みたいに酷評するできでは当然なかった。

先制点につながる大きな展開は見ていてキレイなサイドチェンジだった。

前半のヘディングは「ゴールに!」という声も上がっているかもだけれど、

真横から見ていた身としては、折り返すのが精一杯だったと思う。

 

MF;武田(6.0)

武藤が作ったスペースに入り込んで鹿島DFを悩ませていた。

前半のFKは見事だった。もしかしたら、0トップのトップ下が

適任なのかもしれない。

 

MF;明本(7.5)

先制点、逆転となるPKを取得した。

当たり負けはしない、走れる。汰木と田中達也

結構な差を現時点ではつけた気がする。

 

FW;武藤(7.0)

本人のインタビューから「0トップ」という言葉は

出てこなかったものの、「0トップ」としての役割を

全うしてチームを活性化した張本人。

エリートリーグで武藤の生き生きとした動きを見て

使い方を再考したのかも。

 

MF;伊藤敦樹(6.0)

柴戸と交代して出場。ベテラン選手のような振る舞いで

チームを締めた。

 

MF;興梠(6.0)

数度目になる試運転。武藤と交代して出場。

試合にだいぶ入れてきている感は感じた。

ただ、武藤とのコンビを見てみたいところ。

 

MF;杉本(5.5)

小泉と交代して出場。

試合終盤のGKとの1対1は決めてくれ、と。

それ以外には何もなし。

 

DF;宇賀神(6.0)

足が攣った関根と交代して出場。

 

 リカルド・ロドリゲス監督(7.0)

自身の誕生日に勝利をプレゼントされる。

やりたいことがだいぶチームに浸透してきたように見えた。

 

2021-04-03:板橋区の保育園探しアプリのアップデートをしました(令和3年5月入所の空き状況更新)。

板橋区の保育園探しアプリ、更新しました。

今回は、令和3年5月入所の空き状況を以下のアプリに反映してあります。

 

itabashi-nurserylist.glideapp.io

 

 

更新内容;

 

 

1.令和3年5月入所の保育園空き状況更新

引っ越し等もあったためか、年齢ごとにぽつりぽつりと

空きが出ている状況です。

アプリの画面左下の「空きあり保育園」から探すと

探しやすいかもしれません。


f:id:sandplover_petro:20210403005344j:image

 

画面右上の虫眼鏡アイコンをクリックして

「◯歳空きあり」と検索すると、空きあり保育園の一覧が標示されます。

数字は半角で入力する仕様となっています。

※画面右上の「フィルタ」アイコンを使うと、

 地区での絞り込みも可能です。

 

こんな感じで、検索結果が表示されます。


f:id:sandplover_petro:20210403005430j:image

 

 

2.2021年4月オープンの保育園情報も更新!

2021年4月から、板橋区認可保育園は新たに4つが追加と

なっています。

それらの保育園の情報(電話番号やウェブサイト)もアップしました。

ウェブサイトはスマホでも見やすいレスポンシブデザインになっている

ようでしたので、スマホから園の様子をチェックされる方にとっては

嬉しいことかもしれません。

 

保育園詳細画面の真中にある

「保育園公式サイトをチェック!」ボタンを押すと

保育園の公式サイトにアクセスできます。

 

こんな感じの画面になります。

ブログをマメに更新されてる保育園も

だいぶ増えてきていますので、

気になった保育園はチェックしてみるのも

いいかもしれません。
f:id:sandplover_petro:20210403005745j:image

 

 

 少しでも、板橋区在住のみなさまの

保育園探しの力になれれば嬉しいです。

 

「ここ、こうしてほしいんだけど、できる?」と

いう要望にもできる限り対応できればと

思っていますので、

コメント等をいただけると嬉しいです。

 

 ※このアプリは、NoCodeツール「Glide」で作成しました。