新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

シフト勤務の合間を縫って走ってみる

4月~5月初旬までは、変則的な勤務体系になるので

週に3日くらいは午後からの出社になっています。

 

これを利用して、少しだけ平日午前に走ってみようかと思いたちました。

平日に2回程度走れれば、5月のゴールデンウィークにある

春日部大凧マラソン(ハーフ)のトレーニングにもなりますし。

 

ていうわけで、走ってみました。

花粉もだいぶ和らいできたので、マスクなしでのランに戻りました。

そのかわり、走っていて暑いこと暑いこと。。。

 

そりゃ、冬じゃないんで暑いのは当たり前だし、

にも関わらず冬と同じ格好で走ってたら、そりゃ暑いにきまってます。。。

司馬遼太郎の「胡蝶の夢」の主人公、村田蔵六も似たようなことを言ってた気が。

 たしか、「夏は暑くて当たり前です」的な発言だったけど)

 

f:id:sandplover_petro:20180422002429j:plain

 

てなわけで、とりあえず7km走ってみました。

平均ペースがキロ5:16。春日部大凧マラソン(ハーフ)のスプリットは、

もうちょい落ちるとは思うのですが、まぁ安定してるかなと。

 

ちなみにシューズは、最近購入してみたスボルメのもので走りました。

タウンユースと兼ねているせいか、従来のシューズに比べて

足が自然に前に出る感じはないかな、という感じがしています。

ただ、これは自分のフォームの問題もあるかもしれないので、

何とも言えませんが。。。

 

ちなみに、スボルメのシューズを買った時のブログはコチラ。

 

シフト勤務の間は、午後からの仕事に影響のない範囲内で

走ろうと思います。

 

 

とりあえず読んでみようか、と(電車が好きな子はかしこくなる)

 

やっとこ基本情報試験が終わったんで(結果は野となれ山となれ・・・)、

とりあえず買ってた本が読めそうです。

 

で、今回読もうとしてる本はコチラ。

「電車が好きな子はかしこくなる」という本。

 

タイトルだけで判断して買っちゃいました(昔のCDのジャケ買いみたいな感じ)。

 

きかんしゃトーマス風に言うと

『「電車が好きな子はかしこくなる」、という本』てな

感じになるんでしょうか。。。

 

さて、なんでまたこの本を読もうかと思ったかというと、

最近、ウチの子がプラレールにはまりだしたことが一因なんです。

 

それにかこつけて電車好きにするべく(笑)、

その下準備の一冊として、ちょいと読んでみようと思った次第でございます。

さてと、どんな内容なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

ねりまこぶしハーフマラソンを走ってみる(今回は無事完走!)

昨年は足を痛めて途中リタイアせざるを得なかった

「ねりまこぶしハーフマラソン」に出ました。

 

今回は、ふかやシティハーフよりは悪かったものの、

1時間55分切り(最後の1km程度は流した)を達成できました!

 

今回のミッションはこんな感じでした。

  1. 完走(これがなにより)
  2. ネットタイム1時間55分以内(ヘロヘロにならずにゴールする)
  3. ネットタイム1時間51分以内(すごく調子がよければ)

天気予報では、気温が高くなるって言っていたので、

多分ミッション3.は無理かなと思いつつレースに臨みました。

 

まずは、コースを。

そんなにアップダウンがないコースのように見えますが、

実は、少しだけアップダウンがあります。

 

 1か所目が、レース中盤(11kmあたり)。環八通りのトンネルをくぐるところが

そこそこの坂になっています。ただ、これは大した坂じゃないです。

 

2か所目が、レース終盤(17km過ぎあたり)にあります。

これは、光ヶ丘団地内の歩道橋的なものです。

 

坂自体は別に普通なのですが、17km走ってからの坂は正直堪えるもので。。。

わたくしめは、この坂でゲストの谷川真理さんに抜かれたのですが、

谷川さんも「ここ頑張りどころだからね~!」と言いながら走ってました。

※谷川さんはスタート最後尾からスタートしたらしいです。

 追い抜くランナーに声をかけながら走っていたようです。

 サービス精神がスバラシイです。

f:id:sandplover_petro:20180331214950j:plain

 

タイムのほうはこんな感じ。

 

1~10km。

 

f:id:sandplover_petro:20180331215213j:plain

 

おっと、ちょっと見づらいので記録拡大。

f:id:sandplover_petro:20180331225035j:plain

総じて、キロ5:20を切るペースで走れました。

ランナーの数が多いので、なかなかスピードが出ないとは思っていましたが。。

そんな中でのキロ5:20程度なので、ぼちぼちかと。

いいペースで走る感覚をつかめてきているのかもしれません。

 

11km~ゴール。

f:id:sandplover_petro:20180331215654j:plain

ここからは、練習でもそんなに走れていない距離です。

12kmは、なんで落ち込んだのかがあんまりわからないです。

昨年リタイアのトラウマがあり、知らないうちにペースダウンしていたのかも。

 

15km付近では、DJのケイ・グラントさんがしゃべっていました。

「もう少しで給水ポイントだよ~」的なことをしゃべってた気が。

高いところからしゃべってたんで、風が吹いたりしたら大変だな

(昨年の雨は大変だったんだろうな)と思いながら走ってました。

で、給水所で数秒止まったため、キロ5:28くらいになってます。

実質は、キロ5:25ではいけてるはず。

 

光ヶ丘団地内に入ってからの難関(17~18km付近の歩道橋)は、

何とかキロ5:30で乗り切りました。

18kmがキロ5:30になっているのは、給水ポイントで5秒程度止まったからです。

 

19kmは、歩道橋が全部終わり気が抜けたので、タイムが遅くなったかなと。

 

そして、光が丘公園に戻ってきたあたり(21.0kmと21.19km)で、

3つのミッションのうちの2つ(完走と、ネットタイム1時間55分以内)が見えたので、

無理をせずに流しました(そのために、タイムがガクンと落ちいています)。

 

何はともあれ、今回は無事に完走することができました!

前回はもらえなかった、完走者だけがもらえるフィニッシャータオルもゲット☆

 

で、最終的なタイムは、1時間57分52秒となりました。

ネットタイムは、1時間53分23秒。

ミッション1(完走)だけでなく、ミッション2(ネットタイム1時間55分以内)も

コンプリート!

 

完走後のお楽しみは、無料配布される練馬名物すずしろ汁。

真ん中に、練馬大根をおろしたものが入っています。

 

このコースは、基本的には沿道の声援が途切れないコース(都会ということもあり)。

運営もシステマチックで(当日受付が不要)、参加者にとっては嬉しい大会かなと。

 

ただ、参加者が多いので(こればかりは仕方ない)、中盤も思ったよりは

選手がばらけなかったイメージがあります。

 

今回は、「1時間55分以内をヘロヘロにならずに走れた」かつ

「翌日にひどい筋肉痛がなかった」感じでした。それが何より嬉しかったな、と。

 

今シーズンは、あとは5月に春日部大凧マラソン(ハーフ)を残すのみ。

春日部大凧マラソンは、一昨年(2016年)は、終盤歩くペースになり、

2時間10分を超えてしまった悔しさが残るレースになります。

 

昨年(2017年)は、ねりまこぶしハーフのケガが癒えずに泣く泣く見送ったため、

その分もあわせて今回はリベンジを果たしたいと思います。

とはいえ、ゴールデンウィークの暑い時期に走るコースなので、

おそらくネットタイムで2時間を切れれば万々歳かな、という感じです。

 

スボルメの新しいランニングシューズ「STRELLA」を買ってみる

 

フットサルとかランニングのウェアで有名なスボルメが、

新しくランニングシューズを作ることになったらしいので、

気になって新しくオープンした銀座店に行ってみました。

 

フットサルのウェアを販売し始めた時代から、

「スボルメはセンスがいいな」と思っておりました。

シューズは当たりはずれがあるとはいえ、普段履きで履いても

全然OKと思ってたので、初めから買う想定でお店に♪

 

また、モニターキャンペーン的なこともやっていたので

2ヶ月はいてアンケートに答えると、同じ種類の同じサイズのシューズが

もう1足もらえる(!)という幸運にも巡り合えました。

 

で、購入したのはコチラ。

ランニングだけの用途というのは、もったいないくらいの

カッコよさ☆

 

まずは試し履きということで、散歩をしてみました。

ランニングシューズなので、ゆったりという作りではないです。

ただ、想像していたより軽い!

なので、普段履きとして歩いても、疲れはなさそうです。

 

とりあえず、中距離(10km)くらいを繰り返し走ってみて、

様子を見てみようかなと。

 

練馬こぶしハーフマラソンの試走もどきをしてみる(後半部分のみ)

開幕まで残り8日に迫ってきた

練馬こぶしハーフマラソンに備えて、

軽く試走をしてみました。

 

今回は、時間の関係もあったので、

後半部分(たぶん12km付近から)の試走としました。

※前半は、2月に試走済。

 

試走したコースは、東京メトロ平和台駅から、光が丘公園までの9km。

 

普段から何回か走っているところなので、

初めてのコースではありません。

ただ、通しで走るのとそうでないのとは、

感じるものも違ってくるので、ちょいと走ってみました。

 

f:id:sandplover_petro:20180317215106j:plain

一見坂がないコースに見られがちなのですが、実はそれなりにあるんです。

 

4.5kmあたりからは光ヶ丘団地の中を走るのですが、

5~6kmの間に3個ほど陸橋の上り下りがありまして。。。

 

今回の試走は9km程度だったのでそんなに影響はなかったものの、

15km以上走ってからのこのアップダウンは思ったよりもキツいかもしれません。

 

タイム自体はキロ5:15程度でまとめることができ、

足が痛くなることもなく、フォームが崩れるようなこともなかったので

まぁいい感じなのかなと。

 

さ、あとはカゼをひかないようにしないと!

 

 

久しぶりに平日にランニングしてみる

ふかやシティハーフマラソンの後は、

しばらく走れていなかった。

 

「短い距離でもまぁいいか」ということで

試しに平日夜に走ってみました。

距離は4kmちょいだから、そんなに大したことはないです。。

 

以下、アプリの計測結果です。

f:id:sandplover_petro:20180310220228j:plain

抑えて走ろうということもなければ、めちゃくちゃ飛ばそうということもなし。

フォームを気にして(足の着地の時に、ベタベタかかとをつかないようにする)、

走ってみました。

 

タイム的には、キロ5分ちょい。

自分で思ったよりもスピードが出ていてビックリしました。

(気温が5℃ということで、走りやすさはあったとは思うのですが)

 

いい感覚のフォームを継続していって、ねりまハーフの完走を目指そうか、と

(昨年度のリタイアのリベンジは、完走することでしか果たせないし)。

 

ハッピーセットのオマケ(2011年はやぶさ)の秘密を知る

最近ウチの子の遊び道具として

本来の職務に戻った「ハッピーセットのオマケ(はやぶさ)」3台。

 

 

2011年にハッピーセットのオマケでウチに引き取られて以来、

玄関のオブジェとして過ごしてきました。

 

ウチの子が動くものに興味を持ちだしたので、

先日、おもちゃとしての役割を解禁させました。

 

今日、ふと裏面を見ていると、何かスイッチがあることに気がつきました。

「〇」と「×」ってやつです。

 

そして、スイッチを「〇」にしてみたところ

いきなり彼が輝き始めました!

暗いところで光る仕様だったようです。

ウチに引き取られてから7年間知らずに過ごしてきました。。。

 

しかし、3台中光ったのは1台のみ。

はやぶさコリラックマバージョン」は光らず。

 

最後の1台(正当なシールバージョン)も、光らず。

これら2台は、メンテナンスが必要なことが判明しました。

 

で、調べてみたところによると

プラレールの中にボタン式電池が入っている模様。

 

ネジが△というプラレール独特のものなので

別途購入の必要がありそうですが、

せっかくなので子供の遊び道具充実を名目にして

ちょっとおもちゃメンテナンスでもしてみようかと。

 

こんな感じで、

遊びゴコロがふつふつと湧き上がってきちゃうのであります(汗)。

 

ま、ウチの子の「あれ?なんか光るよ!」というびっくりたまげた顔も

見てみたいですしね。

 

てなわけで、もしかしたら近日中に

「3台ともライトがつきました!」的な投稿がアップされているかも。

期待せずにお待ちくださいませ(笑)。