新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

ポルトガルワイン「ビーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)」を飲んでみる。

 

カルディでセールしていたポルトガルワインを

買ってみたら、思いの外に飲みやすくビックリ!

 

vinho verde という種類のワインなんだそうですが、

ぱっと見は普通の白ワインです。

 

f:id:sandplover_petro:20210620001551j:image

ちなみに、verdeとはポルトガル語で「緑」の意味。

なのに、普通の白ワインの色をしています。

 

これは、「完熟前1〜2ヶ月」のブドウを使って

ワインにしたのが理由なんだそうです。

完熟前のまだ緑の状態のブドウを使ったという

わけなんですね。納得。

 

で、ポルトガルのどこで採れたのか。

ポルトガル北部(スペインの近く)の

ポルトオポルト)のそばにある、

Lausadaという所で作られたワインのようです。
f:id:sandplover_petro:20210620002017j:image

スパークリングワイン(というか微発泡?)で、

口当たりが爽やかなので、

知らぬ間に酒が進むタイプのワインです。

 

kindleで読書しながら、ついつい量が増えてしまう

ある意味では魔性のワインです。

 

飲みやすいということは、

量も増えがちということです。

故に「魔性」ということで(笑)。

そこには気をつけて飲んでもらえばと思います。

 

詳しくは、こちらのリンクを参照に!

【カルディ】Escapada Vinho Verde D.O.C. | ワインが好きなだけなんです

 

 

ハートづくしの子ども用自転車(補助輪付)を買う。

うちの子が、

「自転車欲しい、自転車欲しい」と

念仏を唱えるように言っていたので、

誕生日プレゼントとして購入することに。

 

地元の自転車屋さんに行ってみました。

行ったお店は、「サイクルベースあさひ」。

store.cb-asahi.co.jp

走っていたときに横目で見ていたとこなので、

「大きめのお店だから在庫なしってことはないんじゃないか?」と

思い、お店に行ってみました。

 

子ども用の自転車は数種類あり、

うちの子は口では「3つ乗ってみる!」と言って張り切ってました。

でも実は、初めから「コレ!」というものは決まっていたらしく、

3つ乗っては見たものの、結局初めに「コレがいい!」と

言ってた自転車に決まりました。

ファーストインプレッションって、大事なんですね!

 

それと、試乗してるときから「前に進むのが楽しいね!」と

言っていたのですが、それを聞いてた店長さんが

「前に進むだけで嬉しいんだったら、飽きることないね!」と

太鼓判を押してくれました。

(店長さん、親身に対応いただきありがとうございました!) 

 

で、購入したのがコレです。 

f:id:sandplover_petro:20210605212954j:image

 幼児の女子が好きであろうラプンツェルカラーっぽい

カラーリングです

(多分水色のエルサっぽいカラーリングがあったら、

 そっちに流れていたかと)。

 

一見普通の子ども用自転車に見えるのですが、

随所にハートがついているのが気に入った模様。

とりあえず、こんな感じでごさいました。

 

かごもハート。
f:id:sandplover_petro:20210605213055j:image

 

ベルの模様もハート。

f:id:sandplover_petro:20210605213132j:image

 

ペダルもハート。
f:id:sandplover_petro:20210605213529j:image

 

スポークについてる飾りもハート。

f:id:sandplover_petro:20210605213822j:image

 

自転車は買ってから数年は乗ると

思われるのですが、

次に買うのは多分小学校中学年。

 

だとしたら、こんなにかわいくて

キャピキャピしたのを買うのも多分最後だろうと

いうことで、結局これを買いました。

 

ただ、子ども用自転車には

輪っかのカギはつけれないとことなので

それは別途購入。

 

自転車に空気を入れるのは1ヶ月に一度で、

数ヶ月ごとに点検に来たほうがいいよとのこと。

無償でやってくれるとのことなので、

せっかくだから定期的に行ってみようかと。

 

あとは、自転車に飽きずに乗ってくれるのを

願うばかりです。

 

 乗ってみてからの感想は、また後日に書ければと思っています。

2021-06-02:板橋区の保育園探しアプリのアップデートをしました(令和3年7月入所の空き状況更新)。

板橋区の保育園探しアプリ、更新しました。

今回は、令和3年7月入所の空き状況を以下のアプリに反映してあります。

 

先日、区内の乗ったことのないバス路線に乗ってみて

試しにこのアプリを開いてみました。

「案外場所が正確に表示されるもんなんだな、さすがはGPS」と

いうことを今さらながらに感じました。

 

保育園の最寄り駅からこのアプリを使って、

実際に歩いたときの感覚を掴むのもよいのかもしれません

板橋区はそこそこ坂のあるところもあるので、

 ベビーカーや抱っこ移動を想定して、

 実際に歩いたほうが堅実かと思います)

 

itabashi-nurserylist.glideapp.io

 

 

更新内容;

 

 

1.令和3年7月入所の保育園空き状況更新

理由はあんまり見当がつかないのですが、

今年は一部の保育園で大量に空きが発生しているように

感じられます。

 

コロナの影響で東京都から人口が流出している影響を

わずかながら受けているのか、

 

それともコロナ感染にリスクを感じて保育園に

申し込んでいないのか(可能性は低いと思いますが)、

 

確かなところはまったくわかりません。。

 

ただ、引っ越し系で空きがポチポチ発生しているのであれば

これからもこの傾向は少なからず続くのかもしれません。

 

(ちなみにですが、うちの子が通っている保育園でも、

 半端な時期に退園者が出たりしています)


f:id:sandplover_petro:20210403005344j:image

 

以下、先月と同様の記載になりますが、

使いこなしていただければ結構使えるのかとも思いますので、

再度記載しときます。

 

画面右上の虫眼鏡アイコンをクリックして

「◯歳空きあり」と検索すると、空きあり保育園の一覧が標示されます。

数字は半角で入力する仕様となっています。

※画面右上の「フィルタ」アイコンを使うと、

 地区での絞り込みも可能です。

 

こんな感じで、検索結果が表示されます。


f:id:sandplover_petro:20210403005430j:image

 

 

 

 

 

 少しでも、板橋区在住のみなさまの

保育園探しの力になれれば嬉しいです。

 

「ここ、こうしてほしいんだけど、できる?」と

いう要望にもできる限り対応できればと

思っていますので、

コメント等をいただけると嬉しいです。

 

 ※このアプリは、NoCodeツール「Glide」で作成しました。

 

 

京王多摩センターでサンリオキャラクター探しをしてみる

先日、初めて多摩センターに(業務で)

足を踏み入れました。

 

サンリオピューロランドの根城と

聞いてはいたのですが、

なかなか驚かされました。

 

とりあえすず、京王多摩センター駅の中を。

 

駅のホームの時計は、

キティちゃんがいました。
f:id:sandplover_petro:20210601214209j:image

6のとこにいるんですが、ちょっと見にくいかも?!

 

電光掲示板のとなりにも

キティちゃんがいました。

こちらは立体です。
f:id:sandplover_petro:20210601214250j:image

 

駅のホームの黄色い線の内側には

マイメロディが!
f:id:sandplover_petro:20210601214334j:image

 

エレベーターには、

キティちゃんとマイロメディが揃い踏み!
f:id:sandplover_petro:20210601214431j:image

他にもポムポムプリンなんかもいました。

 

夜には、サンリオピューロランド

ライトアップされてました。


f:id:sandplover_petro:20210601214517j:image

 

このネタであと1回くらいは

書けるかもしれません。

 

 

 

東武東上線ときわ台駅で古レール構造物と遭遇する。

東武東上線ときわ台駅

 

「古い駅、街並みを田園調布を参考にして

作られた」というのは聞いていたのですが、

 

まさか駅に古レール構造物があるとは

思ってませんでした。


f:id:sandplover_petro:20210530220346j:image

多分しばらくは残ると思われるので、

レールに何が書いてあったかとかは

次回来訪時に見ようかな、と。

 

 

それと、なかなかかわいらしい

シルバニアファミリーが。

よく見てみると、ときわ台駅を模したものでした。
f:id:sandplover_petro:20210530220444j:image

 

うちの子はシルバニアファミリーが気になったのか、

結構じーっと見てました。

 

駅に歴史あり、っていうシンプルなことを

改めて思い出しました。