新・クマックマのダラダラダイアリー

エスタディオクマックマ

おー!って思ったことをブログに書いてきます。

Excelマクロのとっても基本的な本を手にしてみる

 

久しぶりに、「何となく書評」っぽいことをしてみようと思います。

 

今回は、Excelマクロについての本です。

 

 

 

1.本を読むことになった背景について

 

どこの世界に行っても、Excelマクロを毛嫌いする会社さんは

数多くあるものです。

 

Excelマクロは現場で勝手に管理してくれ。

 情シス部門ではExcelマクロが分かる人いないから」

という、空いた口が塞がらないことにもよく直面します。

 

最近よくある脱Excelの流れに乗っている会社さんならば、

それでもいいと思います。

 

でも、そういう会社に限って「Excelはこれからも使いますよ」と

いうパターンがほぼほぼなんです。。。

 

これからもExcelを使っていく会社であるならば、

Excelでの作業を効率化するExcelマクロは避けて通れない道のはず。

それを「ブラックボックスになりやすい」という一言で

避けて通れないはずの道をいとも簡単に避ける会社さんが多いんですよね。

(その言い訳は、情シス部門のスキル不足にあることが多いのですが。。。)

 

情シス部門の人って、「わからなかったら勉強すればいい」という人が

思いの外少ないんですよね。

「分かる人にやらせよう」というのは全然いいほうで、

「分からないからその方法は捨てます」というのは潔いとかではなく

安直すぎる。。。

 

そんな状況を打破するには

情シス部門のスキルをあげるよりないんです。

Excelマクロなんて、ノンプログラマーでもだいたいできるんですよね。

小難しいものを作らなければ。

 

 

2.おあつらえ向きっぽい本が!

前置きが長くなったのですが、

自分もそういった事態に直面している1人なんですよね。

お客様のマインドを少し変えることを試みないといけなくなったんです

(でないと、業務改善なんてできるわけがない)。

 

「とりあえず、参考書渡すから読んでみて!」という感じで

お客様に渡すために書籍を探していたんですが、

おあつらえ向きなのが見つかりました。

 

 

「眉唾モノだったらそれでいい」と思って買ってみたんですが、

眉唾じゃありませんでした。

 

言ってることが結構納得行くんですよね。

変数はバリアント型なんてそのとおりで、プログラム組む人でなければ

そんなに気にすることじゃないんですよ。

 

Excelの最終行を抽出するのは多少パワープレーな気もするのですが、

業務次第ではもってこいかと。

 

これを教材にすれば、Excelマクロに対するコンプレックスは

少しは消えるんじゃないのかな、と思えるものでした。

 

この書籍で言うところのExcelマクロの目的は、あくまで「ツール」です。

なので、とっても基本なことしか書いていないのは事実です。

エラー処理とかも書いてなかった気が・・・。

 

ただ、とっかかりはそれでいいと思うんですよね。

「とりあえず、Excelマクロというものを使えればいい」という感じです。

 

もっとExcelマクロのスキルをつけていきたい方は、

自身で調べればいいんです。

 

現在は、なんとでもなる環境が現在はそろっています。

要は、やる気次第です。

 

また、Excelマクロに触れたことのない社会人1年生とか2年生には

おあつらえ向きなテキストになるかもしれません。 

 

値段は2,000円くらいします(紙の書籍で)。

そんなにお安くはないのですが、Kindleで買うよりは紙で買ったほうが

良いタイプの書籍かと思います。

 

あとは、情シス部門の人が読むかどうかですね。

こればかりは、当人のやる気次第になるので…。

 

VPSサーバにMongoDBをインストールしてみる(1)

f:id:sandplover_petro:20210117005046j:plain
 

2021年の目標というわけではないのですが、

自分自身への記録として残そうかと思います。

※あと2回くらいは続くかな。

 

1.なんでまたいきなりMongoDB?

あれは2016年のことになるのですが、

仕事で一度だけNoSQLを使ったことがありました。

 

MongoDBというものなのですが、それまでNoSQLの製品名は

聞いたことがあっても、実際に触れたことがなかったので

「高速で大容量の検索ができる」と言っても

いまいちピンとこないのが現実でした。

(その時はとにかく使わないといけなかったのですが)

 

※MongoDBについての超概要は以下がわかりやすいです。

openstandia.jp

 

その後結構なすったもんだはあったものの、

なんとかシステムリリースにこぎつけました。

 

さらにしばらくしてから、

シャーディング(ざっくり言うと「他サーバにデータを分割し、

あたかも1つのDBであるかのように扱う」というもの)の導入可否のために

いろいろベンダーさんとやりとりするなんていうことも

経験させてもらいました。

 

転職後は、なかなか尖った技術にあたることもなく

2021年まで来たのですが、つい先日に「MongoDBが

トランザクション対応した」という話を聞きました。

 

そう、MongoDBってトランザクション対応していなかったんです。

そのため、前職の上には相当ネチネチと突っつかれましたが。。。

 

それはそうと、せっかく尖った技術に触らせてもらったのに

アップデートすることもなく今まで来てしまっていました。

OracleとかでもJSON型の対応はしていることだけは掴んでいたのですが)

なので、「ちょっと試してみようかな」と思い立ったというわけです。

 

 

2.環境を構築(VPSサーバにCentOSをインストール)

「まずは環境を構築しないといかん!」ということで、

ここ数ヶ月(というか半年くらい)使っていなかった

VPSサーバ(ConohaVPS)を使うことにしました。

 

ここ数年は個人でもVPSサーバをかなり安価で使えるようになったので、

勉強するにはもってこいの環境ができるようになっています。

※15年くらい前にこんないい環境が揃っていたら

 自分ももっと真面目に色々やっていたんだろうな・・・。

 

www.conoha.jp

 

VPSサーバをブラウザ上で色々できるということは、

実行できる環境もWindowsPCである必要はないということになります。

なので、昨年に買ったChromebook でも普通に構築できるということに

なるのです!コロナ禍でなければ、スタバとかコメダとかに行って

色々やっていたんだろうな、と。

しかも、自分が使っているプランだと

月額600円(+消費税)でどうにかなっちゃうんです。

※ていうか、余計なお菓子とかを控えめにすればよいだけの話なのですが。

 

ほんの15年くらい前までは、ちょこっと試すにしてもそこそこの

値段のPCを買わないと話にならなかったんですよね。

小さいPCは出ていましたが、HDDの容量が小さいがために

まともな事はできなかったですし。。。

 

また、今のように通信費も安くなかったので、

外で作業するだなんて夢のまた夢という状態でした。。。

15年前と比べると、ほんとに世の中が変わってきたんだなと

つくづく思います。 

 

というか、15年前にどうこうはとりあえず置いといていいんです!

今回は、LinuxCentOS 8.3 で構築してみることにしました。

 

CentOS 8.x は2021年末でサポート終了になるという

ショッキングな話があったことは、インストールしてから知りました。。。

 

でも、これはあくまで実験用のVPSサーバなので、

ひととおり試して 次バージョン(CentOS stream)を試せばいいので。

こういったことを考えると、ほんとに便利な時代になったよね、と。

 

3.MongoDBをインストール

そして肝心のMongoDBインストールに入りました。

バージョンは、MongoDB 4.2.11 です。

(自分が携わったときは、MongoDB 2.x でした。

 時代の流れは早いということを実感。。。)

 

 

英語ドキュメントに書いてあるコマンドを打てばそれでOKなのですが、

CentOSで色々コマンド打つのに必要なVIエディタのコマンドを

結構忘れかけていたので、思い出すのに時間がかかりました。。

※やっぱ日頃からコマンド打ってないとイカンですよね。。。

 

リポジトリを作成し(インストールで使っていくファイル)、

yumコマンドを打ってインストール!

yumコマンドを使えばインストールが一発で終わり、

なおかつ必要なフォルダ(ディレクトリ)も色々作ってくれるんで

色々忘れかけている自分にとってはとにかく便利なコマンドです。

 

インストールは無事終わり、起動、稼働状態の確認等を行い、

MongoDBの中に入れることも確認しました。

 

以下のサイトが、とても参考になりました!

tadtadya.com

 

使っているVPSサーバは、使うときだけ電源ONにしておきたいので

使用終了時は shutdown now(今電源落とす!)という

コマンドを最後に実行しました。

 

4.次はなにをする?

とりあえず、MongoDBのインストールまでは終えましたので

今度はインストール後の各種設定をやろうと思います。

VPSサーバの起動は、conoha VPS の画面から出ないと

 できないので、それは忘れずにしないと) 

 

次回はなるべく早くやりたいと思っています。

次の日か、はたまた一週間後か。。。

 

気が向きましたら、次回もお付き合いくださいませ。

レゴブロックのラプンツェルで違う遊びを模索してみる

レゴブロックで新しい遊び方、、、

またはなんか違う遊び方を模索してみました。

 

1.ラプンツェルのカツラが取れた図

 →頭にパスカルが乗ったのがご愛嬌w


f:id:sandplover_petro:20210109111826j:image

 

2.ラプンツェルとユージーンが何となく

 2人羽織をしている図

 →もうひとりいたら阿修羅になりそうw


f:id:sandplover_petro:20210109111916j:image

 

3.ラプンツェル大道芸人を目指している図

 →人間にしたら、出初式のはしごを

  人の頭に乗せてるイメージでしょうか。

  というか、中国雑技団?!


f:id:sandplover_petro:20210109111957j:image


f:id:sandplover_petro:20210109112031j:image


f:id:sandplover_petro:20210109112019j:image

 

レゴの遊び方は無限大ですね(違)。

 

2020年の目標達成結果報告(J2降格がなくて救われたレベル)

 

f:id:sandplover_petro:20210103230326j:plain

※この写真と本文の内容は、一切リンクしませんw

2020年の計は、1勝8敗。。。

J2降格がなかったのでよかったようなものの、

これはこれで惨憺たる結果だったと言えます。

(コロナ禍が響いてできなかったのが6つほどあるとはいえ)

 

この惨憺たる内容を、振り返っていこうと思います。

 

1.年間走行距離480km

  年間330kmに終わりました(68.75%)。

  3月以降は新型コロナウイルスの影響をもろに受けてしまい、

  ちっとも走れませんでした。。。

  11月以降は在宅勤務が多くなったこともあり、多少は走る

  時間を作れるようにはなりました。

  (11月は42km、12月は53km)

  とはいえ、大半が5km以内でした・・・。

  5km以上走った場合でも、マラニックのようなかたちが大半でした。

  2021年はこの形式が増えるのかもしれません。。。

  

 

sandplover-petro.hatenablog.com

 

  

 

2.フルマラソンに出る

  2月に青梅マラソンには出たものの、それ以降は新型コロナウイルス

  ためにマラソン大会が軒並み中止。。。

 

3.ブックログをつける(最低6冊)

  当ブログに書けたブックログは1冊のみ。。。

  これは、お恥ずかしい限りです。。。

  本は読んでもブックログをつけなかったら、それは記録には

  なりませんしね。。。   

sandplover-petro.hatenablog.com

 

この目標とにたようなことはできたのですが(浦和レッズの試合レビュー)、

それは年初に立てた目標ではないですからね・・・。

言ってみたかっただけです。。。

 

sandplover-petro.hatenablog.com

 

 

sandplover-petro.hatenablog.com

 

 

 

 

4.いろいろアップデートしてみる

  これに関しては、nocodeという技術をかるく触れてみて、

  nocodeのツールのひとつである「glide」を使って

  いくつかアプリを作ってみました。 
sandplover-petro.hatenablog.com

 

  

 

5.娘をサッカースタジアムに連れていく(2年連続)

  こちらも新型コロナウイルスのため、達成できず。

  このコロナ禍でリスクを追うわけにいかないですしね。。。

 

6.山に行く(年イチでも!)

  こちらも未達。

  新型コロナウイルスがあったので、外出自体を極力控えていたので。。

 

7.オリンピックを何でもいいから見に行く

  こちらも未達。

  オリンピック自体が延期になりましたしね。。。

 

8.娘を西武ドームに連れていく

  5.と同様の理由で未達。。。

  

 

Withコロナが叫ばれて久しいですが、

2021年の予定はどう立てようか。

1月5日が仕事始めなので、それまでに書き記していければと思います。

 

対して期待せずにお待ち下さい!

2021-01-02:板橋区の保育園探しアプリのアップデートをしました(1次選考終了時の欠員情報更新)

板橋区の保育園探しアプリ、更新してみました。

前回の更新で、令和2年度の更新は一旦終了となるはずだったのですが、、、

更新することにしました。

 

itabashi-nurserylist.glideapp.io

 

更新内容;

 

 

1.令和3年4月入所(1次選考終了時点)の欠員情報更新

年末に、板橋区から「令和3年4月入所分の1次募集終了時点の

入所最低指数」が公表されました。

この指数については今回は触れませんが、この情報には

1次選考時の欠員情報もありました。

 

これって2次募集をする方にとってはとても大事な情報になります。

欠員がある保育園の中から、入所可能な保育園を選ばないと

いけないので。。。

 

「この情報をどう更新するか」ということを年末年始で考えました。

かっこいい形で更新するのもよいのですが、年末年始で探される方も

いらっしゃると思ったので、「特記事項」に埋め込む形にしました。

 

2.欠員情報の見方(こうやって調べてください!)

肝心の欠員情報ですが、こうやって見ます。

1.アプリを開き、画面右下の

 「板橋区内保育園リスト」をタップします。

2.その後、画面右上の「虫めがね」アイコンをタップします。


f:id:sandplover_petro:20210103010304j:image

 

3.テキスト検索画面が表示されるので、

 「◯歳欠員」と入力してください。

 ※「◯」は、検索したい年齢を入力してください。


f:id:sandplover_petro:20210103010319j:image

 

4.【特記事項】欄に、欠員のある年次と欠員数が表示されます。

 

f:id:sandplover_petro:20210103004244j:plain

 

 

3.予想値とのズレが発生しているケース

実際の欠員数と、画面中央にある予想値とで

数値のズレが発生していると思います。

(かなりの確率で発生しているかと)

 

その場合は、【特記事項】に書いてある数値を信頼してください!

 

ズレが発生していると思われる理由を少し推測しました。

多分、こういった理由かと思います。

 

現時点で在籍している方が何らかの事情で退園されたりしたケースになります。

例えば、4歳児クラスの定員が14で、3歳児クラスの園児数が10人だったとします。

この場合、予想では4歳児クラスの入園可能数は4名となります。

しかし、現在の3歳児クラスの生徒がなんだかの理由で2名退園した場合、

4歳児クラスの入園可能数は6名になります。

こういった変化が、多くの保育園で発生しているのではと思います。

 

 

4.欠員の発生状況のばらつき

当然のことながら、応募時点で応募の多い保育園があったり、

入りやすい年次、そうでない年次があります。

 

例えば、1歳児は当然のことながら激戦区で、

空きがある保育園は2つとなっています。

一方、4歳児や5歳児となると、相当数の欠員があります。

 

年次だけではなく、立地条件(駅チカであること)などの

条件も当然あります。

 

「保育園が足りない!」と叫んでいるテレビ局は政党がよくいますが、

彼らがこういったばらつきを把握して叫んでいるのかはよくわかりません。

ただ、「年次によるばらつき」、「その他条件によるばらつき」は

当然のことながら発生します。

数そのものが足りないのもあるのですが、需要にあった保育園が

足りていないことのほうが重要な問題なのかと思います。

 

少し横道にそれましたが、

当アプリを有効利用いただくことで、少しでも効率よく

みなさまの需要にあった保育園を見つける際の助けになれれば幸いです。

 

 

 

という感じではありますが、

よろしかったらぜひスマホ

アクセスして試してみてください!

(デスクトップに保存しておくと、アクセスも楽です)


f:id:sandplover_petro:20210103010427j:image

 

スマホアプリ「ラジオFM」で海外のFM放送を聞いてみる

 

2020年は在宅勤務が多くなり、

それなりに家でBGMを欠けながら仕事することも

多くありました。

 

そんな中で感じたのが、仕事のBGMになるラジオ局の

少ないこと少ないこと。。。

 

radikoで聴けるFM曲では、唯一 InterFM がその基準を満たしていると

思っていました。しかしその InterFMが、TOKYO FM に買収されてしまうことが判明。

 

その流れを受けてか、InterFMの番組からどんどん魅力が削がれ、

仕事のBGMには適さない局になってしまうという最悪の事態が発生することに。。

 

というわけで、InterFMの代わりになり得るモノを探すことになりました。

 

 

そこで見つけたのは、ラジオFMというアプリ。

AndroidiOS もあるようです。


f:id:sandplover_petro:20201230203419j:image

 

アプリの名前に冴えはあまり感じられないのですが、

国内外のFM曲をかなりフォローしているアプリです。

 

「とりあえず、インストールしてみるか?」ということで

スマホにインストールをしてみました。

 

起動時は、こんな感じ。 

広告が入るので「アプリに移動」をタップします。


f:id:sandplover_petro:20201230203438j:image

 

そして、このようなホーム画面が起動します。

フォローしている国はかなり多め。

日本のFM局はそんなに聴いたことがないのですが、

当然のことながらいくつかはあるようです。


f:id:sandplover_petro:20201230203452j:image

国名をタップすると、州ごとに検索できるようになります。

以下の画面は、ハワイ州で検索したときの結果です。
f:id:sandplover_petro:20201230203523j:image

 

そうすると、結構検索されてびっくり!!!

あとは、相性の良さそうな曲をセレクトするだけです。
f:id:sandplover_petro:20201230203534j:image

 

いくつか聴いてみて、Hawaiian 105 Kine という

FM局がイチバンしっくり来ることがわかりました。

最近の在宅勤務中は、このFM局がBGMとなっています。


f:id:sandplover_petro:20201230203548j:image

 

仕事中ではないのですが、個人的に好きなスペインのFM局もよくかけています。

 

そこまで多機能なアプリではないので、正直言って機能的に目新しいところは

ありません。でも、これで十分かと思います。

 

なかなかカラフルな壁掛け時計がやってくる。

クリスマスプレゼントとは全く関係ないのですが

ウチに壁掛け時計がやって来ました!

 

今まで使っていたデジタルの置き時計が動かなくなり、

スマホ時計だけだとなんか心もとなく、

これを機に「もともと好きなアナログ時計が欲しい」という

結論に至ったので、リーズナブルなものを購入しました。

 

 

他に、フクロウとツバメのデザインもあったのですが、

「部屋に明るいものがあってもいいかな」と思い、

時計自体がインパクトになるデザインを選びました。

 

結構カラフルな時計なんですが、

遠くから見るぶんにはこれくらいがちょうどよいです。

 

白い壁に掛けてみたら、こんな感じになりました。

想定通り、部屋のインパクトになってくれそうです。

 

とても軽いので、カレンダーを掛けてる

ピンでも十分なんとかなります。

 

f:id:sandplover_petro:20201227234305j:image

 

秒針がないのは仕方がないとして、

電池を入れるとこにカバーがないのはどうかと思いました。

とはいえ完璧を求めすぎてもアレなので、そこは目をつぶろうかと。

 

信頼性を考慮すると日本の有名メーカー(セイコーとかシチズンとか

リズム時計とかカシオ)を選ぶのが安全だったのですが、

あんまり学校のような生真面目な時計を買うのも面白みに欠けたので、

今回はデザイン重視にしました。