新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

小雨の降る中少しだけジョグをしてみる。

10月になったとはいえ、

まだまだアツい日が続いています。

 

と言ってみたものの、

走ってみたら小雨が降り出しました…。

 

そのおかげか、なかなか心地よいジョグにできました。

 

コースはこんな感じ。最近の基本コース。
f:id:sandplover_petro:20191006111324j:image

 

1キロあたりのタイムはこんな感じ。

f:id:sandplover_petro:20191006111409j:image

 

アップダウンはこんな感じ。


f:id:sandplover_petro:20191006111537j:image

 

少し下り坂になりかけたとこで、

ぐいっとスピードがあがってる感じかと。

 

9月は風邪を引いたりしてたんで

ほぼ走れずじまい…。

今月以降はある程度走りたいところです。

 

"Resumen de Girona FC vs Rayo Vallecano (3-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノは、プリメーラからの降格仲間であるジローナとアウェイで対戦しました。

 

ジローナは、大砲(ストゥアーニ)がいらっしゃるのが一番の脅威だったのですが、その予感が当たりまくってしまう結果になりました。

 

ラージョの左サイドバックは、移籍してきたばかりのルナが入りました。アキエメ移籍、ティトは右サイドで使わざるを得ない(右サイドのアドビンクラが代表に招集されている)という事情はあったにせよ、ほとんどぶっつけ本番だったはず。

 

試合開始直後は、エンバルバが右サイドを疾走しセンタリング→ゴール中央で待ち構えていたこれまた新戦力(ほぼぶっつけ本番)のデカい系FWウジョアがヘディング。このシュートは惜しくもGK正面。

 

そうこうしてるうちに、ラージョはいつの間に左サイドを崩されてジローナの大砲ストゥアーニに先制を許します。マークについていたのはCBカテナ。さすがに荷が重いか?てか、バだったらもっとひどい体たらくだったとは思いますが。

 

前半終了直後、左サイドバックのルナがライン際を駆け上がってセンタリング→中央でトレホが体ごと押し込む形になりかける→力のないボールは残念ながらポスト郵便。。

 

後半もストゥアーニに蹂躙されかけたものの、どうにかこらえていた感じ。しかし、55分にエリア内でCBカテナが豪快に引っ掛けてしまいPK。これを決めたのがまたしてもストゥアーニ。。

 

この後、中盤で左サイドバックのルナがいい感じでジローナからボールを奪います。このボールを逆サイド(右サイドの大外)にいたエンバルバに展開します。ジローナは虚を突かれたかたちになり、エンバルバは何故かドフリー。エンバルバは右足で豪快にゴール!これで、1-2となります。

 

しかし、終盤には以前パコ・ヘメス時代によく見た光景が待っていました。遮二無二攻めてボールを取られてカウンターという最悪の自体に。。CBカテナは0-2になった時点(58分)で交代し、中盤のマリオ・スアレスも78分でベンチに下がっていたので、まともに守れるのはCBサベリッチくらいのもの(CBのティトは使い物にはならない…)。

 

ジローナのストゥアーニにとっては願ったり叶ったりの状況ってわけだったようで、89分のカウンターを難なく決めて試合を終わらせました。マークについていたCBサベリッチは、ストゥアーニの動きを見失い万事休す。

 

終わってみれば1-3の敗戦。ラージョは意外なことに2019-2020シーズン初の敗戦になりました。ま、パコ・ヘメス監督のラージョにしてみれば、負けるときはこんなもんかと。見慣れたラージョが戻ってきた感じです、ハイ。

 

ハイライトを見る限りでは、左サイドバックのルナ、CFウジョアはそこそこ使えそうな感じ。右サイドバックのアドビンクラがペルー代表から戻ってきたら、しばらくはティトと併用されるかたちになるかと思います(アドビンクラも守備は怪しいので、スタートは右アド&左ルナにしといて、ヤラれてる方にティトを入れて守備を固める感じになるのか、と)。

 


Resumen de Girona FC vs Rayo Vallecano (3-1) - YouTube

9月のプチ坂道ジョグをしてみる

 

9月になったので、

「少しは涼しくなったかな」と思い、

少し坂道があるコースを走ってみました。

↓こんな感じ。
f:id:sandplover_petro:20190917093913j:image

 

調子に乗って、少しアップダウンがあるとこを

選んでしまったので、9月といえども結構暑かったです。。

↓成増近辺は案外坂道が…。

f:id:sandplover_petro:20190917094152j:image

 

キロあたりのスプリットはこんな感じ。

ま、前半は坂なのでこんな感じか、と。


f:id:sandplover_petro:20190917094359j:image

 

ランタスティックのアプリからいろいろ試し、

スマホからでもそこそこの情報は取得できることが

わかりました。

アプリからは、以下のような画像が作れるらしいです。

f:id:sandplover_petro:20190917094529j:image

"Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノは、難敵デポルをホームに迎えての一戦でした。デポルの柴崎岳が試合に出ていたようですが、ハイライト動画からは確認できず(確実にいたんでしょうけど)。

 

前節左サイドバックをやらされているティトが出場停止となったため、左サイドバックには第1節と同じようにアキエメが入りました(アキエメはこの試合を最後にバルセロナBへと移籍…)。

 

ラージョは、30メートルほどの距離からよく曲がるFKを決められて先制されてしまいます。GKアルベルトの動きがおかしかったのも、相当ボールが落ちていたことで納得。

 

しかし、ラージョは前半のうちに逆転に成功します。

左CKから、そんなに上背はないのに昨シーズンに加入して以来ヘディングでのゴールを重ねているMFマリオ・スアレスがまたしてもヘディングで得点!

 

その後は、左サイド深くに侵入したMFエンバルバがあげたクロスを、MFアルバロ・ガルシアがキープ。トラップしてから素早い動きで左足シュート。これがゴールとなります。プリメーラでもそこそこやっていたアルバロ・ガルシアだけに、ここらへんは格が違ったのかもしれません。

 

後半は、左サイドからえぐられるシーンが。アキエメが多分狙われているんでしょうけど、WOWOWのせいでフルタイムの画像が見れないので詳細はわからず。てか、こんな体たらくでアキエメはバルセロナBに行って良いのか、と。カテゴリー的には1つ落ちるし、ハクはつくとは思うのですが。ま、有名になったらラージョ的には「アキエメはオレが育てた」という感じになるはずです(ホントに育ててるし)。

 

そうこうしているうちに、ラージョは3点目を取り試合を決めます。左サイド深い位置から(多分)MFアルバロ・ガルシアがセンタリング。中央でFWピオバッカリが結構鋭いシュートを放ちます。このシュートがポストにあたり跳ね返ってきたところを、フラフラとゴール前に侵入していたMFポソがシュート!!

 

ラージョは相変わらずのディフェンスっぷりなんでしょうが攻め勝つという「パコ・スタイル」で勝利しました。

 

 

 


Resumen de Rayo Vallecano vs RC Deportivo (3-1) - YouTube

"Resumen de Real Sporting vs Rayo Vallecano (1-1)" を YouTube で見る

ラージョ・バジェカーノはアウェイで難敵スポルティングと対戦。youtubeでのダイジェストを見たのでメモ書き程度に。

 

セットプレー後のゴタゴタから、スポルティングのボルハ・ロペスに先制を許します。反射神経がたまに驚異的になるGKアルベルトでもどうにもならず。多分シュートの瞬間が見えてないんじゃないか、と。

 

その後、スポルティングが追加点をあげたように見えましたがオフサイド。右サイドバックのアドビンクラが怪しかったもののオフサイドという判定に至ったようです。

 

ラージョは右サイドから縦パスに、9番のアンドレス・マルティンが抜け出します。アンドレス・マルティンは右足でGKとポストの間を打ち抜き同点に追いつきます。

 

スポルティングが一人退場になりラージョがイケイケのように思えたものの、この日左サイドバックに入っていたティトがやらかしてしまい一発レッド…。次節はさらに難敵のデポルなのにどーすることやら。

 

てなわけで、ラージョ・バジェカーノは2節連続の引き分けに終わりました。

 


Resumen de Real Sporting vs Rayo Vallecano (1-1) - YouTube

ウエーブシャドウ3で初走りをしてみる(帰宅ラン)

 

すったもんだ?の結果に購入した、

ミズノのウエーブシャドウ3 。

(すったもんだの経緯は、以下の記事を読んでくださいませ)

sandplover-petro.hatenablog.com

 

買ったはよいものの、残業が続いたり雨が降ったりで、

「帰宅ラン用に持っていっても走れない」間の悪さが続いていました。

 

しかししかし、やっとこ走る機会に恵まれたので

5キロそこそこではありますが、走ってみました。

※ウエーブライダー3は2019/6/1発売ということもあり、

 まだレビュー記事もあんまり見かけないので、

 すっごく簡単ではありますがそこはかとなく書きつくろうことに。

 

雨も降っておらず、なおかつそこそこ早く帰れたので

「帰宅ラン」をする気満々で家路につきました。

 

でもって、途中駅(小竹向原)で下車し、トイレで着替えてから

早速ウエーブライダー3を履いて、走り始めることに。

 

コースはこんな感じ。

f:id:sandplover_petro:20190714224108j:plain

 

高低差は、こんな感じ。

f:id:sandplover_petro:20190714224311j:plain

0.5km~2.5kmくらいは、脇道っぽいルートになります。

車通りはないから走りやすいのですが、意外と暗い。。。

 

2.5km以降は川越街道なので、信号待ちもちょこちょこ発生。

なかなかペースに乗りづらいのですが、こればかりは仕方ありません。。。

 

3.0km~4.0kmあたりが、最速のペースになっています。

これは、前に走っていたランナーの方に引っ張られたためです(;^_^A

 

でも、この日一番ウエーブライダー3の真価(と思われるもの)を

発揮したのが、この地点になります。

前に走ってたランナーさんは結構ハイペースで走っていたのですが、

諦めずに走っていると思ったより足が出る出る。

こっちが意図しない感じでも進んでしまう感じがしました。

 

たしかに「最後の踏ん張りどころで頑張れる」シューズであることは

間違いないのかなと思いました。

ただ、その分ゆっくり走るのがなんとなく難しい気が。。。

 

まだまだシューズとトモダチには全然なっていない状態なので

これから走りこむことでどんどん感覚は変わってくると思います

(トモダチにもなれると思います)。

 

ゼビオの店員さんが言ってた「一歩上を目指すシューズ」という表現は

すごく適格だなと思いました。

まずは走りこんで、ウエーブシャドウとトモダチになることを

夏の目標にしようかと思います。

 

 

とはいえ、今のところはウエーブライダーにも懐かしさを感じます。

LSDとかにウエーブシャドウ3を使っちゃうのはもったいない気もするので、

ウエーブライダー21とかを買ってもよいのかなと思い始めています

(予算が許せばなのですが)。

 

このシューズは型落ちになるので、ネットでは通常の半額くらいのお値段に

なっています。

 

昼ごはん代を節約すれば、どうにか出せなくもない金額なので

LSD用には真剣に購入を考えようかと思い始めています。

 

ランニングシューズを買い換えてみる(ミズノ ウエーブシャドウ3)

 

前回ランニングシューズを買ったのは、約2年前でした。

その時の記録はコチラ。

sandplover-petro.hatenablog.com

 

その時に買ったのは、ミズノのウエーブライダー20というシューズでした。

約2年経ち、走行距離も500kmを超えたことがわかったので、

そろそろ新しいシューズに替えようかと思い立ちました

(ゼビオの株主優待20%引き券の有効期限が迫っていたことも大きな要因)。

 

向かった先は、神保町のゼビオへ。

いつも使っているミズノ以外にも、聞いたことのあるブランドから

聞いたことのないブランドまで、様々ありました。

 

迷うこと十数分で、おなじみのミズノのシューズにすることに。

ここから、二つのシューズで長考に入りました。

履いてみたりすること数十分で、現在履いているシューズの

正統進化である「ウエーブライダー 22」を選びました。

 

 

このシューズ、左右で違う色をしているんです。

人目を惹くデザインがいいですね。

 

本来であれば、「じゃ、ここから走った感想を」という話になるのですが、

そうは問屋が卸しません。

 

実は、このシューズの色に惹かれすぎ、シューズの大きさを誤って購入して

しまったんです。。。現在使用中のウエーブライダー 20 は26.5cmなのに、

今回のウエーブライダー 22 は26.0cmを選んでしまっていたのです。。。。

 

ゼビオは「購入一か月以内でレシートあり、未使用であれば返品・交換OK」

とのことだったので、数日後に迷わず神保町のゼビオへ。

 

店員さんに事情を説明したところ、拍子抜けするくらいスムーズに処理が

進みました。もっと言われるかと思ったのだけれど。。。

 

しかし、ここでまた予想外の出来事が。

自分が購入した色の26.5cmがたまたまないことが判明したのです。

「他の店舗には十分在庫があるから、3~4日くらいで取り寄せできる」との

ことだったのでした。

 

しかし、ここで目に入ってしまったのが、数日前にも候補にあがった

「ウエーブシャドウ3」というシューズ。

 このシューズは、初心者からのステップアップに最適とのこと。 

 

 

前回の来店時にも目をつけてはいたのですが、きつく感じたので

購入を見送っていました(そりゃ、0.5cm小さいのだからきつくて当然か・・・)。

今回、思い切って履いてみたファーストインプレッションが「軽い!」でした。

しかも、勝手に足が前に出そうな感じもしました。

店員さんいわく「最後の最後で足が前に出るシューズだよ」とのこと。

 

軽いという事は、長い距離を走るほど体への負担が多くかかるものなのですが、

そこはインナーソールを別途購入することでリスクを軽減させました。

「26.5cmではつま先の空き具合が心もとない」という店員さんのアドバイス

あったので、今回のサイズは27.0cmにしてみました。

(今日選んでいただいた店員さんは、すごく親切でいろいろ教えてくれて、

 すっごく感じよかったです☆)

 

見た目は、こんな感じ。

上から見る限りでは黒でジミなのですが、靴の下部が虹色に!

f:id:sandplover_petro:20190702225434j:plain

 

前はこんな感じ。

ズバリ、地味ですw

 

後ろから見ると、こんな感じ。

なんとなく、地味な感じが。。。

f:id:sandplover_petro:20190702225501j:plain


内側は、こんな感じ。

全然地味じゃないですねw

足の甲が低い感じになっているということでしょうか。

f:id:sandplover_petro:20190702225509j:plain

 

靴の裏側。

左側がウエーブライダー 20。右側がウエーブシャドウ3。

ウエーブシャドウ3は、いろいろ細かくなってる気がします。

 

今回は、返品という予想だにしない事例が発生しましたが、

普通にいいものが買えたのではと思います。

 

梅雨時ではありますが、なるべく早く試走をしてみたいもんです。