新・クマックマのダラダラダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

会津駒ヶ岳に登ってみる

やまのぼり
どっか涼しい山に行きたい、ということで
2000メートル級の山に初挑戦してきました。

目的地は、福島県の桧枝岐村にある会津駒ヶ岳
会津駒ヶ岳は日本100名山のひとつ。自分にとっては
通算2つ目の100名山になります。

朝の4時半くらいに、山登りの先輩であるどんぐりさんに
迎えに来てもらい、いざ出発!

車中で飲んだ炭酸が効いて、車酔いするハプニングはあったものの
9時前に無事に登山口に到着しました。

P7201067


最初の1時間は多少きつくも感じましたが、
めっちゃ厳しいってことでもなく乗り切れました。

途中では、木道の整備をしてくださっている地元の方を
見かけました。ヘリで荷降ろしをしているところも見ました。
このような方がいらしゃるおかげで、ウチらは無事に山を登れるんです。
頭が下がりますm(__)m

で、登りしてから2時間半くらいすると
視界が一気に開けてきました。目指す会津駒ヶ岳もしっかりと見えてきました。
行く手には雪も見えます!
P7201072


頂上への途中にある駒ノ小屋を見つつ、会津駒ヶ岳の頂上を目指しました。
写真の左下に見えるのは駒ノ小屋。
写真では全然見えてませんが、肉眼では富士山も見えました☆
P7201077



そして、会津駒ヶ岳の頂上に到着!
視界はほとんどありませんでしたが、立派な標識が立っていました。
P7201078


そして、この先にある中門岳(ちゅうもんだけ)へ向かいました。
中門岳は、写真に見える雪の先にあります。
にしても、7月にちょっとだけ雪山を感じられるとは!!!
P7201080


実際に近づいてみると、意外と雪が積もっていて
ちょこちょこと足を取られてしまいました(汗)。
P7201092


そして、中門岳の頂上(と呼ばれているところ)へ到着!
登山口から3時間半くらいでした。
頂上には、高層湿原が広がっていました~。
ちょっと天気は悪かったものの、幻想的な雰囲気でした☆
ここらへんは、一休みするには狭かったので、ご飯は駒ノ小屋へ戻ってとることに。
P7201084


駒ノ小屋への帰りは、燧ケ岳や日光白根山男体山をじーっくり見ながら
帰ってきました。燧ケ岳、いつか行ってみたいものです。
P7201096


それに、関東平野からは見ることのできない日光白根山
バッチリ見えました☆かなり感動モノ。中学の林間学校で登ってはいますが、
いつかこちらも登ってみたいものです。
P7201097


駒ノ小屋に戻ってきて昼食をとっていると
珍しくピーカンになりました。登ってきた会津駒ヶ岳がすっごくキレイに見えました。
池に映る会津駒ヶ岳もまたイイものです!!
P7201099


帰りは、ひたすら道を下るのみ。
途中の水場はすごく冷たく、疲れをいやしてくれました(コースからちょっと外れるので
それなりに体力は消費しますが)。
P7201101


そして、懸念のシャリ切れも足の痛みもなく、
登山終了!!!
おそらく、前半に飛ばしすぎなかったのが勝因だったのかと思います
(これは多分にどんぐりさんのペースコントロールのおかげか、と)。

今度は、目標のひとつである「山小屋泊」を秋までにしたいところです。