新・クマックマのダラダラダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

2008年末の上越&奥会津旅行(4)

りょこう おいしいたべもの
この日泊まったのは、
会津の玄関口である柳津温泉。

赤ベコの発祥地としても有名。

泊まったところは、

花ホテル滝のや

というホテル。
PC280639_01














地元テレビ局で取材されてたり、マンガのモデルになったりとかでも
有名な旅館らしい。

一言で言うと、サービスがすっごくよかった
今まで自分もそれなりに温泉宿に泊まってきたのだけど、
サービスっていう意味ではココがイチバンなのではないか、と
思ってしまうくらいだった。

これが、夕食。
部屋食だったので、一品サービスしてくれた。
料理の量も、ちょうどよかったし、
小皿とかご飯のおひつとかも、
「おおっ!」っていう感じのかわいさがある。

PC272791






PC272792







PC272799







ついつい見逃しがちだけど、料理ってこういう
心配りっていう部分も大事だと思う。
なんというか、豪華というわけじゃなくて
「食べる人を嬉しくさせる」っていう感じ



温泉は、多少ぬるめ。
沸いてる温泉自体がぬるいのが、その理由。

個人的には、ぬるいお湯のほうが
ながーく漬かっていられるので好き

屋上には、露天風呂があった。
旅館の主人曰く「あとづけ」なのだが、
カップル貸切(特に夏)なんかは、すっごくいいと思う

もちろん、冬のひとりでも十分にヨイ。
入るまではすっごく寒いけど、風情がありまくる。
冬の露天風呂は、やっぱりタマランものだけども、
行く度にデジカメを持って行き忘れるのが玉に瑕


温泉には、じっくり漬かったためか、
バタンキュウ状態。朝までぐっすりと休めた。

朝ごはんは、フロント横にある和室で。
こたつで食べれるのが、無性にウレシイ☆

目玉焼きを、固形燃料(よく1人前の鍋とかを作るやつ)で
焼いてきてくれるのにすっごくビックリ
こういう心配りって、うれしくなっちゃいます。


PC280636_01

















最後に気がついたのが、部屋の鍵。
貰ったときには気づかなかったのだけど、
裏側に、赤ベコの絵が書いてあった
よくわからないけど、すっごく嬉しくなった。

PC282822






最初は何気なく選んだ宿だったけど、
これっだったら、夏場にもう一度、というか定期的に行ってみたい。

今回の旅行で、ホントにいい宿見つけました☆