新・クマックマのダラダラダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

Dr.コトーのようなおはなし

先週末は、サッカー三昧だった。
そこで足を怪我しちゃって、も~大変。
ま、こんな感じの週末&日曜だったんですわ。

★土曜日
オールコート(11人制)サッカーをやる@大宮の荒川河川敷。
20分1本の練習試合×5本
※ここで、左足(くるぶし下)を負傷。。。

★日曜日
フットサルをやる@戸田
時間は2時間
※対戦相手のレベルが少々低かったので結構楽にプレーできた。
でも、終わってみたら足はさらに痛くなっていた。。。

★月曜日
会社の最寄り駅から会社に行くのにも難儀するくらいの
足痛に襲われる(>_<)

こんな痛いのは、3年前に右肩を亜脱臼して以来。
いやあの時も痛かった。忘れもしない、2003年6月13日。
母島(小笠原)を旅行中に右肩を脱臼してしまったのです。。。

ここから、しばし「Dr.コトー」のようなオハナシを。


肩を脱臼し、外れた腕を支えつつ、
ヨレヨレになりながらふもとの診療所へ。
診療所の女医さんは、「まだ外れてから時間もたってないから、
腕入れちゃおうね」と即決。
そして30分もしないうちに、強引に腕を入れちゃったんだよね。

その時は、女医さんが「腕入れるのは痛いよ~。
大の大人でも泣くから、覚悟してね♪」とニコニコしながら
言われてしまった。
泣く一歩手前まで行ったけど、我慢強さがウリなだけに
我慢してしまった。

その時に女医さんに「よく平気な顔してたね…」と
誉められたんだか呆れられたんだかワカラナイ事を
言われた記憶がある(^^ゞ

というわけで、命の恩人的な診療所がコチラなわけである。
おかげで今も肩に異常はほとんどなし!
自分にとっての、Dr.コトーみたいな存在です。


にしても、あの時の女医さんは今いずこ、今いくよ、今くるよ…(違!)。
冗談はさておき、もしその女医さんがいたら、改めて御礼が言いたいものです、ハイ。



で、ハナシを元に戻す。
この日は運の悪いことにこの日は会社の創立記念式典&
パーティー(立食)。。。
結構おいしそうな料理もあったのだが、2時間立ちっぱなしの
状態に耐えられず泣く泣く早退(涙)。

土曜には、再びフットサルの予定。。。
それまでには、足を直さないと(汗)。