新・クマックマのダラダラダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

2017年の走り始めをしてみる

はしる

年末年始は、結局足の痛みがぬけなかったため

地元での走り始めはできませんでした。。

ゆえに、体重も増加してしまう悪循環に陥ってしまいました(涙)。

 

なので、仕事始めの週が終わったら早速走りに出かけました。

休んだとはいえ、左足の甲の痛みは気になったので

そこを気にしながらの走りでした。

 

という感じで走っていると、いきなり自転車に乗ったおじいちゃんに

話しかけられました。以下、会話のやりとり。

おじいちゃん:「キロ何分ペースで走ってるの?」

クマックマ:「だいたい5分半くらいですかね」

おじいちゃん:「普段何キロくらい走ってるの?」

クマックマ:「10~15kmくらい走ってます」

おじいちゃん:「こぶしマラソン出るの?」

クマックマ:「出ますよ~!」

おじいちゃん:「そうなんだ。私は75になるんだけど、昨年10kmの関門で止められちゃったんだよね。で、今年は10kmの部に申し込んだのだけど『申込』ボタンを押したら申込終了って言われちゃって・・・。ひどいもんだよね」

クマックマ:「・・・そうなんですか。。。はがき申込とかのほうがわかりやすくてヨイですよね」

おじいちゃん:「だよね。じゃ、コンビニ寄るからがんばって走ってね!」

 

3月末に開催されるこぶしマラソン(練馬ハーフ)は、

なかなかなクリック合戦だったことは記憶していた。

こんなやりとりをしていたのが、3~4km地点。

タイムが如実に遅くなってるのがその証拠かな、と(笑)。

アプリの記録はウソつかないことを、改めて実感しました。

f:id:sandplover_petro:20170107191447j:plain

 

f:id:sandplover_petro:20170107191646j:plain

 

そんなに悪いタイムではないけれど、6~9kmくらいの間は

左足親指の筋っぽいところが痛かった。

走りながら冷静に考え、「フォームが悪いせいかも?」という結論に達した。

フォームを直してみて10km以降の登り坂に挑んでみたところ、

痛みはあまり感じなかった。

 

変えた点はこんな感じ。

  • 左足に力を入れることを意識しすぎていた(ダッシュするときのような感じになっていた)ので、無駄な力が入らないようにした。

これが本当に効いたのかはわからないけれど、次回以降の走りで効果があればヨイな、と。

 

もしかしたら、皇居あたりでやっているイベント的なもの(フォームチェックもしてくれるようなもの)に参加してもよいのかもしれない。実際、有効なストレッチも皇居ランの大会で教えてもらったものだし。