新・クマックマのダラダラダイアリー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

アップダウンが少ない小江戸川越ハーフマラソンに出場する

はしる

小江戸川越ハーフマラソンを走ってきました。

申し込みから数時間で定員オーバーになってしまう人気レースのひとつ。

 

10月に走った厚木ハーフとは打って変わって

平坦なコースがメインなのが、小江戸川越ハーフマラン。

なので、ひそかにプライベートべストは狙えるのでは?!という感じで

会場入りしました。

 

スタート・ゴールの会場は、川越水上公園。

県営プールがあるところとなります。

なので、ロッカーはたんまりありました。なので、手荷物預かりは不要。

ここはポイントが高いです。

 

で、ゼッケンはなんとキリ番!ロッカーで他の選手に「いやぁ、キリのいい番号だね、すごいねぇ」と珍しがられちゃいました(汗)。たしかに、過去十数回レースに出ていますが、キリ番なんてなかなか巡り合えるものじゃないですからね。

 

さて、ゼッケンをもらってから愕然としたのがスタート位置。

自分は目標タイム1:55くらいで出しといたはずなのですが、

あてがわれたのはほぼ最後尾のGブロック・・・。

これで、グロスタイムを4分ほど損しちゃいました。。。

(てか、一番先頭のAブロックから出ている人が、7kmくらいで自分に抜かれるのは

 勘弁してほしい・・・)。

 

スタートしてから始めの1kmは、なんと7分くらい。。。

正直、このままだとどうしようもないので、

ひたすら選手を抜くモードに切り替えました。

当然、後ろからくる速い人には抜かれるのですが、

「1人に抜かれたら2人を抜く」という気持ちで走りました。

そしたら、5~18kmくらいは、ほぼキロ5:20以内で走れました。

 

途中に、4個所くらい陸橋を渡るところがあったのですが、

普段からそれなりに坂のアップダウンがある板橋とか和光とか朝霞を

走っているんで、なかなか快適に走れました。

(坂で抜くくらいの気持ちで走れたのが、大きいのかなと)

 

とはいえ、18kmを超えるとさすがにペースが落ちてきました。。。

足がだいぶ動かなくなってきたのですが、あとからタイムを確認したら

どうにかキロ5:30台で耐えることができていました。

これは、地味ですが案外大きいのかなと。

 

そして、思ったよりヘロヘロにならない状態でゴールしました。

 

気になるタイムは、

グロスタイムでは 1:56:21だったものの、

ネットタイムでは 1:52:12でした!

(2016/11/27時点での、ハーフマラソンのプライベートベスト達成!)

 

コースの記録はこんな感じでした。

手元の時計では5:20くらいで刻むことが多かったと記憶してたんですが

 

スタート~10km

f:id:sandplover_petro:20161127150755j:plain

 

11km~21km

f:id:sandplover_petro:20161127150900j:plain

21km~ラスト

f:id:sandplover_petro:20161127151023j:plain

 

沿道の声援ですが、結構多かった気がします。

7~9km地点では、沿道の小さい子が「どうぞ!」と書いて

ラムネとかを配ってくれていたので、迷わずいただいちゃいました。

 

18km地点でも、高校生(だと思う)が差し出してくれていたチョコを

もらいました。「食べよう食べよう」と思っているうちにゴールに着いたので

こちらはレース後に真っ先にいただきました。

 

1km地点くらいで「さつまいも」を配ってくださっている方たちも

いらっしゃいました。気持ちはすっごくうれしく、すっごく食べたかったのですが

さすがに1kmでは手を伸ばすわけにもいかず。。。

というわけで、今回は泣く泣くさつまいもはパスしました。

 

こんな感じで、いろいろなエピソードがありました。

これが、ロードレースのだいご味でもあるんですよね。

 

給水所は4か所あったのですが、疲れる前に取るスタンスで臨んだので

今回は「14kmくらい」と「19kmくらい」の2か所のみとしました。

普段の練習で15kmくらい走ってるときは給水なしでいくので

ちょうどいいのかな、と。

 

あと、沿道の声援でひとつ笑えるのがありました。

20km地点くらいで「ここからなら、歩いても10分くらいでゴールだよ」って

いう声をかけてくれるおじさんがいました。

気持ちは嬉しいんですが、「あと10分だったら歩いてしまおうか」という

誘惑に少し負けそうになりました(笑)。

 

高低差が少なく、11月末であれば走りやすい時期でもあるので

この大会はタイムを狙うのにとてもよい大会かもしれません。

スタートの位置さえ気をつければ・・・。