新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

大学時代のスペイン語教材「Zarabanda」の動画とテキストを発見!

突然ですが、

わたくし、大学ではスペイン語第二外国語にしていました。

 

クラスに入ってみたら、英語圏での生活経験ありだったり

スペイン語圏での生活経験ありだったりして、

まあとっても大変だった記憶があります。

 

大学時代のスペイン語は、どんな授業スタイルだったかというと、

海外で作られたスペイン語入門用番組のVTRを見せられ、

いきなり一時停止され

「今なんて言ったか、めちゃくちゃでも何でもいいから、聞こえたままに言ってみて。あ、テキスト見ないでね。」

といいリピートする感じ。

 

英語圏にいたりとか、スペイン語圏にいたりした人には

どうったことはなかったかもしれませんが、

このクラスでは底辺の語学力であった自分にとっては苦行そのもの。

なので、学校の語学センター的なところに行き

テープを借りて、必死こいて聞いてた覚えがあります。

 

という感じでかなりきついことには違いなかったのですが、

スペイン語の力だけはなんとなくついていたようです。

(これがもとになり、大学卒業以降は、

 他の言語も耳で聞いたことがすんなり入ってきやすくなったのが

 不思議なところ)

 

卒業旅行では一度も行ったことがないスペインで

そこまで苦労せずに半月ほど暮らすことができ、

 

働き出してからも翻訳なしでサッカー記事を斜め読みできるレベルまで

達することができています。

 

その動画を最近ずっと探していたのですが、

Youtubeでやっとこ見つけました。

(はやいうちにDLしておかないと)

 

BBCが作成したスペイン語初級者向け番組で

「Zarabanda」というやつです。

とりあえず、第1回目のリンクを張ってみました。


Zarabanda 1

 

内容は、大学時代のスペイン語の先生曰く「陳腐なメロドラマ(笑)」。

映像の突っ込みどころは満載で、今となっては40年以上の番組になるのですが

語学の基本ってあんまり年数は関係ありませんし、

まぁ再び勉強するにはよいのかな、と。

 

ちなみに、大学時代に使っていたテキスト(というかスキットが書いてあるプリント)はさすがに紛失してしまっていたので、

Amazonで購入しました(USAの書店に在庫があったらしい)。

Amazonの力はスゴイものだな、と改めて痛感しました。

テキストが届くのは半月後になるようですが、今から楽しみです♪

 

成増から池袋を往復してみる

雨が止んだすきに、

成増~池袋間を往復してみました。

もちろん、ジョギングで(笑)。

 

川越街道沿いをひた走るコースなので

道に迷う心配はないし、コンビニもちょいちょいあるので

いざという時には休憩もできます。

 

さらには、今まで走ってたようなアップダウンがない(結構平坦な)ので、

それなりに走れるコースと判断し、走ってみることにしました。

往復で16km(10マイル)くらいあるので、10月のハーフに向けては

ちょうどよい距離の練習になるかな、と。

 

それに、今まで暑さにかまけて11km以上走れてなかったので、

「本当に11km以上走れるのか」を見極めるための試験走行という

意味合いもありました。

 

結果、16.82kmを1:31:47というタイムで走れました。

信号待ちで7分止まったものの、結構調子よく走れたのでは、と。

キロ平均が5:27ってのもちょいびっくりでした

(12kmまでは、キロ平均5:18くらい)。

いくら平坦だったからといっても、出すぎな気もしないではありませんでしたが、

それは信号待ちでちょいちょい休んでたのもあるのかもです。

 

12km以降のキロ平均が20秒程度(12kmまでと比較して)、

15㎞以降のキロ平均が40秒程度(12kmまでと比較して)落ちているのが

課題かな、と。

ま、これに関しては15km以上走ったのがほぼ4か月半ぶりだったので

仕方がないといえば仕方がないのかも。

f:id:sandplover_petro:20160922215659j:plain

f:id:sandplover_petro:20160922215805j:plain

成増~和光周辺のちょっとしたアップダウン(坂道)を走ってみる

気温が31度だったものの、

走らないことには体のなまりが抜けないので、

夕方にランニングしてみました。

 

距離は10km程度、タイムは56分に行かないくらい(信号待ちを除く)。

キロ5:53という記録だったようです。

 

成増から和光にかけては、選ぶコースによっては

小さい(またはそこそこの)アップダウンが続くコースでもあります。

10末に間違ってアップダウンがあると予想される

厚木ハーフを申し込んでしまったわたくしとしては、

アップダウンが続くコースも少しは走っておかないと、と思い立ったので

あります。

 

アップダウンが続くということもあるので、

タイムにはそこまでこだわらずに走ることに(30度も超えていたし)。

 

足が止まることはなかったのですが、登り坂はなかなかキツイところも

あったりしました(6~10kmあたりでしょうか)。

ここをキロ5:40とかで乗り切れればだいぶ楽になるのですが。

 

f:id:sandplover_petro:20160903231827j:plain

うわさのスポーツ動画配信チャンネル「DAZN」を見てみる

「2017年から10年間、J1、J2、J3リーグを全試合生放送する!」

とぶち上げて、スカパーJSATから放送権を奪い取った

黒船と言えば、イギリスのパフォーム・グループ。

 

そのパフォーム・グループが運営するのが

スポーツ動画配信チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」です。

f:id:sandplover_petro:20160831222012j:plain

 

DAZNは、国内外の色々なスポーツを月々1,780円(税別)で見れます。

スポーツ好きにとってはもってこいな動画配信チャンネルといえます。

主な海外サッカーは、こんな感じでしょうか。

そして、MLBなんかも見れます。

さらには、アメフト(NFL)なんかも見れるのです!

 

話を聞いてると「もんげー!!!」の一言なのですが、

そうは問屋がおろさなそうです。

 

心配なこと、気になること、ダメそうなことを4点書いてみました。

 

1.テレビで見るのが意外と厄介

   基本がネット配信なので、

   ご家庭のテレビで見るには、スマートテレビや Amazon FireTVなどで

   ないと見れない模様。Chromecast には対応していないようです。

   ネットに親しんだ層であればヨイと思うのですが、

   年配の方(ネットに普通に詳しくない)方にとってはかなりきつそう。

   結構な年配になるウチの親は、国内サッカーをよく見るのですが、

   今さら FireTVとかに慣れてもらうのは正直難しいです。

   新しい機械(FireTV)とかに慣れることができないと、

   「今の新しい機械(FireTVとか)にはついていけないから、

    サッカーをもう見なくていいよ」という流れになりかねません。

   Jリーグは、そこまで考えてDAZNと契約したのかはとっても疑問です。

 

2.再生画面に早送りボタンがない

  下は、PCからDAZNの配信を見た時の画像です(スマホタブレット

  ほぼ同じ)。

f:id:sandplover_petro:20160831222316j:plain

  停止ボタン、30秒巻き戻しボタンはありますが、

  早送りボタンがありません。これが、何気に面倒。

  早送りしたいときに、確実に見たいところを外しそうな気が。

  現に、わたくしは結構操作に苦労しています。。。

  

  あと、いったん停止したところから再生する機能がないんです。

  これも何気に痛い。

 

  ま、ここらはアプリのアップデートに期待をかけるよりないのですが。

 

  それと、あとは画像の荒さも不安です。

  「回線の速度によって適切な画像を」とか言ってますが。。。

  家のWi-Fiを使って8インチのタブレットとかスマホで見ている分には、

  画像はそんなに止まることもありません。画像が荒いとも感じません。

  ただ、PC(13インチ)くらいからは、画像の荒さを結構感じます。

  たぶん、この荒さはFireTVとかを使っても感じてしまうのかな、と。

 

3.なんかDAZNの宣伝文句がうさんくさい

   DAZNは、「NFLを全試合ライブで配信!」と言っていたそうなのですが、

   フタを開けてみると「他のカテゴリとの都合で、ライブ配信は全試合の

   3割くらい。残りは録画で」ということになったそうです。。。

   自分はGAORAに入るヘビーなNFLファンでもなかったのでまだヨイのですが、

   同じことが他協議に波及することはありえそうです。

   2017年のJリーグにしても「J1はライブ放送するけど、J2とJ3は諸般の

   都合でライブ放送できません。J3は、毎節3試合のみ放送に変更します」

   とか普通に言い出しそうな気がしていて・・・。

   運営面にも、結構まじめに不安を感じています。

 

4.実況が英語版のものが圧倒的に多く感じる

   海外スポーツが多くを占めるので、実況は外国語がなんだかんだで多いです。

   英語での実況だったら、ヒアリングの勉強がてらでもヨイと思うのですが、

   そんな方はそこまで多くはないはず。

   となると、日本語実況は必要になるかもしれません

   (日本のレベルの低い実況で聞くよりも、わからないながらであっても

    英語実況で聞いたほうがヨイという意見も当然あると思いますが)。

 

結構ここまでDAZNに否定的なことばっか書いてしまったので、

少しはいい面とかも、期待する面も4つほど。

 

1.月々の料金はブランチより高いとはいえ、

  2,000円かからない値段でここまでスポーツ中継が見れるのは、

  やっぱりスバラシイことだと思います。

 

  基本はサッカー好きなので、どうしてもサッカーに特化しちゃうんですが、

  なでしこリーグとか、JFL、スペイン2部(セグンダ)とかの放映権も

  獲得しちゃうと、DAZNの契約数がどかっと増えるかもしれませんね。

  (どうせならば、Xリーグも放送しちゃえばいいのに)

 

  まじめな話、JFLとかは現地で見ていて面白いんで、

  DAZNにはそういった面白さを伝えて、スタジアムに足を運ぶ起爆剤に

  なってほしいものです。ま、利益面を考えると難しいかもしれませんが。

 

2.普及に関して

  インフラ面がやっぱり鍵なんでしょうかね。

  DAZN自体のサーバ増強はもちろんのこと、

  移動中に見る際に使う通信料や、家のWi-Fi環境(通信速度を速くする)が

  大きなカギになるかと思います。

 

3.年配の方への配慮

  年配の方に対して「お茶の間でDAZNを見ることの敷居を下げること」も

  必要になるかと思います。見るためのハードルさえ下げれば、

  きっとDAZNを使ってテレビでスポーツを見る気もおきると思うんです。

  老若男女にうける仕組みは難しいとは思いますが、

  Jリーグとかがそういうセンスが全然ないので、

  DAZNに(過度な)期待をしてしまう次第なのであります。

 

4.すき間時間でさくっと見れる

  子育て中のわたくし的には、タブレットでさらっとスポーツを見れるのは

  結構うれしいものです。子供が寝静まった時に、

  テレビをつけるのは、別の部屋とはいえ少し気が引けるので。

  ここらへんは、DAZN自体の狙いとマッチしていそうですね。

 

 

京急リラッ久里浜駅に行ってみる

京浜急行リラックマがコラボしたというので、

ちょっと遠いですが、久里浜に向かいました。

 

なにやら、京急久里浜駅京急「リラッ」久里浜駅

なったとかいうことで。

 

今までラッピングトレインはあっても、

ラッピング駅はなかなかなかったので、ついつい気になっちゃいまして。

 

今回は、青春18きっぷを使った関係で、

JR久里浜駅から、京急リラッ久里浜駅に歩いて移動しました。

 

本来ならば表から入るべきなんでしょうが、JR久里浜駅から近い

裏口から入りました。

 

「お!リラッ久里浜!」というシーンをすくなからず想像していたわけですが、

裏口(南口)は、一般表示のままでした。。。

さすがの京急さんも、裏の看板まで変える予算はなかったんだろうな。。。

 

で、今度は表口に回ってみると、、、

ありました!京急「リラッ」久里浜駅の看板が!!!

コリラックマの姿はないのですが、リラックマキイロイトリがしっかりお出迎え。

ちなみに、京急リラックマぬいぐるみは、山手線コラボの時とは違い

駅長バージョン一択のようです(山手線のときは、駅長と鉄道マニアの2パターン)。

 

で、早速改札内へ♪

 

ホームに入ると、階段そばにどっかで見ただらけたクマが(ほめ言葉です)。

デザインが2パターン用意してありました!

こっちは、駅入口の看板と同じバージョン。

 

一方、こっちはおなじみの団子を食べてるバージョン。

 

今回は、コリラックマの出番があまりないのがさみしいところですが、

まぁ、そこは仕方ないかと。

 

そして、駅名表示です。

ここまでくると、結構な存在感ですよね(笑)。

 

こちらはしれっと「リラッ」が入っています。

リラックマのイラストに気を取られていると、見逃しかねないほどの存在感(笑)。

 

少し拡大してみます。

リラッ」が少し見えてきましたね。

 

そして、さらに拡大すると

リラッ」がよく見えるようになりました。

※注意:この画像は望遠レンズを使ってわざわざ撮っちゃいました。

 

にしても、京急さんはよく考えました!

 

ホントはリラックマ列車も見たいところですが、

いるようでいない(運航ダイヤは公開されてますが)ので、

まあ会えなくても仕方がないかな、と。

 

次は、どこの鉄道会社がコラボするのでしょうか???

にしても、今回のアイデアが結構秀逸だっただけに、

次の鉄道会社は、結構敷居が高くなっちゃったかもしれません。

 

久しぶりの10km超え

久しぶりに、10kmオーバーを走り切りました。

気温は25℃だったらしく、前回のラン(29℃)よりはマシかな、と。

 

止まったのは信号待ちのみ(3分に満たないくらい)。

平均ペースも5:30だったので、悪くはないかなと。

坂道(9.0km付近。400メートルくらいの坂を、20メートルくらい駆け上る)での

平均速度はさすがに落ちる(キロ5:55)が、その他は思いのほかスムーズ。

 

結果、キロ5:30でランを終えることができました。

気温25℃とはいえ、暑いことには変わりはないので

この日はまぁまぁ走れたかな、と。

 

f:id:sandplover_petro:20160829233717j:plain

 

次は、15kmくらいは一回走っておきたいもんです。

 

2016-2017シーズンのマラソン大会エントリー予定(ハーフメインでいこうかな、と)

さてさて、そろそろ2016-2017のランニングシーズンが始まります。

 

昨シーズンは、ハーフを(ほぼ)2回走ったので(タイムはともかく)、

今シーズンは、4回くらいはハーフの大会に出たいな、と。

 

ハーフのタイムですが、少々厳しいとは思うのですが

過半数のレースで、2時間以内にできるようにしてきたいと思っています。

(全部というのは難しいと思うので)

 

で、究極の目標が、30kmマラソンを走ること。

タイムはともかく、まずは走ってみるっていう感じでしょうか。

2017年4月の思川マラソンあたりを狙っております。

 

で、現状のレース予定ですが、こんな感じで申し込んでおります。

10/30(日)あつぎマラソン(ハーフ ※確定)

11/27(日)小江戸川越マラソン(ハーフ ※確定) 

 11月に出走予定をしていた勝浦10マイルは、交通費の都合等を考慮し

今回はパス(ぜひリベンジしたかったのですが)。

 

その代わりに、勝浦10マイル並みに厳しいアップダウンがあると

思われるあつぎマラソンに(間違って)エントリーしちゃいました。

あつぎマラソンは、2:00でハーフを走り切れるという参加条件があるので

もしかしたら関門で引っかかってしまうかもしれませんが。

 

あとは、小江戸川越ハーフは、家から割と近いので行くのが楽なのです!

なので、まずはエントリー♪

 

2017年に入ってからは、ねりまハーフ(たぶん3月)、深谷ハーフ(たぶん2月)、杉戸新春マラソン(1月)、それに加えて思川マラソン(30km、たぶん4月)を狙おうかな、と。

 

なお、リベンジを果たしたい春日部マラソン(たぶん5月)は、ちょいと慎重に考えます。。。12月は、大会には出ずにトレーニングに専念したほうがヨイかもです。

 

ま、どこまでいけるかはわかりませんが、

頑張るだけ頑張ってみようと思います。