新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

DAZNでNFLのダイジェスト放送を見てみる

Jリーグの放送で何かと騒がせたDAZN

 

ダウンロード不可 and 視聴可能日が短いといった

不満事項は多々あるものの、スカパーより見れるというのが現状

(テレビの大画面では見てないので、画質等はよくわからない)。

むしろ、ACLの放送権も日テレからぶんどって欲しいくらいである。

 

そこで、今まで見れていなかったサッカー以外のスポーツを

DAZNで見てみることにした。

 

DAZNではいろいろなスポーツを放送しているが、

その中でも自分が見たかったのはNFL

 

DAZNでのNFL放送は、1節につき5試合。

すごく多いというわけではないが、NFLに関してはライトな層の自分には

十分と言える。

 

NFLは、1試合をまともに見たら3時間くらいかかってしまう。

そのため、ハイライトで見ることにした。

 

「ハイライトだから、どうせ10分くらいでまとめられてるんじゃないの?」と

思っていたのだが、そこは大きく予想が外れることに。

1試合につき、40分程度あったのだ(画像右下が、ダイジェストの時間)!

 

純粋にプレーしているところだけを集めているので、

正直展開は速い。結構集中していないと、2つのプレイくらいは普通に見逃す。

とはいえ、仕事から帰ってきた後(または子供の世話の合間)に、

まとまった時間(3時間)を作ることはほぼ不可能。

 

ただ、「できるだけ多くのチームの試合を見たい」と思っている自分にとっては、

とても重宝するダイジェストだと思う。

 

NHKの放送予定がどうなっているかはわからないけれど、

今年は少しはNFLを見れる時間が増えるのではないかな、と。

タブレットでこんな風に見れるのは、手軽に見えてヨイと思う)

 

あと、実況アナウンサーによる選手説明とかは、すべて差っ引かれている。

そのため、選手名鑑がないと誰が誰だか全然わからない。

そこんとこがキツイかな、と。

 

2017年9月初のランニング。。

手足口病の余波や、その他イベントに忙殺されたため、走る時間がなかなかとれない日々。。

 

やっとこ時間が取れたので、平日夜に走ってみました。夜は涼しくなったんで、まぁ走りやすいこと☆

 

こんな感じのランニングなのでした。


f:id:sandplover_petro:20170920234322j:image

 

平日は、たとえ5kmであっても、

週2回は走りたいとこです。

谷川岳に登ってみる

日本100名山のひとつ、谷川岳に登ってみました。

 

本格的な登山は、2017年に入ってから初めてでした。

(というか、2016年も登山っていうほどの登山はしていない)。

 

谷川岳には2012年あたりに登ろうとしていました。

ただ、その日は谷川岳ロープウェイが混みすぎていたので、

谷川岳に登る気が失せてしまいました。

そのため、そばにある白毛門という山に登りました。

(その白毛門からは、キレイな谷川岳がたんまり見えました)

 

今回の谷川岳登山は、

「5年越しでその夢をかなえた」ことになります。

 

この日も、いつもの師匠どんぐりさんについていきました。

 

この日は列車での移動だったため、谷川岳ロープウェイの最寄り駅

「土合」に向かいました。

土合駅は、下りホームがすごい地下(462段+α)にある駅です。

普段は人っ子一人いないような駅(周囲に民家なし)なので、

乗降客なんていないのです。

ただ、休日+青春18きっぷの有効期間内ということがあり、

この日は結構な人数が降りていました。

 

462段を登り切った後に、この看板がありました(笑)。

 

そんな感じで、土合駅を出発したのが、8:50ごろ。

坂道を歩いて20分ほどで、谷川岳ロープウェイの駅(土合口駅)に着きました。

ロープウェイは、ほぼ待つことなく乗れました。

乗車時間は15分ほど。

一緒に乗車した方たちの話(かなり面白い)を聞いていたせいか、

あっという間の15分でした。

 

登り始めから熊穴沢避難小屋までは、約40分ほど。

林の中を歩く感じでした。

木道はあるけれど、壊れかけているものも多くありました。

やっぱり、訪れる人数が普通の山とは違うのでしょう。。。

 

10分ほど休憩をとったあとに、山頂に向かいました。

ここからは、ゴツゴツした岩場が現れてきます。

それと同時に風も少々感じるようになってきて。。。

 

進行方向左側には、万太郎山という別の山がキレイに見えました。

緑色のコントラストがホントにきれい☆いつかは登ってみたいところ。

 

ちなみに目的地の谷川岳は、下の写真の一番奥になります。

 

そして、頂上までの中間地点である「天狗の溜まり場」に到着。

熊穴沢避難小屋からは約30分ほど。

天狗の溜まり場には、結構たくさんの方がたまっていたので、写真だけ撮って

通過しました。

 

山頂付近の山小屋「谷川岳肩の小屋」を通過し、天狗の溜まり場から15分程度で

頂上のひとつ「トマノ耳」(1963メートル)に到着しました。

案の定、頂上はガスっていました。。

画像は、もうひとつの頂上「オキノ耳」です。

※注意;谷川岳は「双耳峰」といい、頂上が2つあります。

 

頂上が曇っていたこともあり、オキノ耳まで行く気はあまりなかったのですが、

師匠のどんぐりさんにうながされ、とりあえずオキノ耳まで歩くことに。

 

そして、たどり着いたオキノ耳はというと・・・。

案の定曇ってました(笑)。

トマノ耳からオキノ耳までは、10分程度でした。

 

オキノ耳から肩の小屋に戻る途中に、ゴンドラで一緒になった

愉快な3人組とすれ違いました。

 

愉快な3人組のひとり:

「あ、ゴンドラで一緒になった方ですよね?頂上まであとどれくらいですか?」

 

 

クマックマ:

「あと5分くらいですかね~!頑張ってくださいね♫」

 

 

  愉快な3人組のひとり:

  「ありがとうございます~!では、また帰りのゴンドラで(笑)」

 

 

  クマックマ:

 「了解です!お待ちしてます(笑)」

 

 

12:30頃に、肩の小屋に到着しました。

いつも通りのジェットボイルで山ご飯をしまして、13:20くらいに下山開始。

 

下りはそんなに休むこともなく、往路を引き返しました。

谷川岳ロープウェイの天神平駅についたのが、14:50ころ。

下山で多少渋滞にはまったので、1時間半くらいかかってしまいましたが、

まぁこんなもんかと。

 

行きには落ち着いて見れなかった白毛門や朝日山もしっかりみえました。

(手前がたぶん白毛門、奥の雲をかぶってるのが朝日山)

 

しばらく山らしい山に登っていなかったせいか(2015年7月以来の

日光白根山以来登ってなかった)、

思いがけず頂上付近でバテてしまったのが残念です。。。

ただ、下りはまぁ普通に下れたのでなんとなくペースを思い出してきたのかなと。

 

これで、日本100名山のうち5つを登ったことになります。

両神山大菩薩嶺会津駒ケ岳、日光白根山、そして谷川岳

のこり95個。次はどこに登りましょう?

   

 

おとなの手足口病

 

8月のお盆休み前後に、昨今の事例に漏れず、1歳になる子供が手足口病にかかってしまいました。

 

お盆休みが終わる頃に回復したのですが、

こんどはワタクシメが。。。

 

お盆休み最終日から喉の痛みがひどくなり、翌朝に近くの内科に駆け込みました。

 

体温は38.6度、体はだるい、関節が痛い、喉はありえないくらいに痛いという感じだったからか、

 

医師の方は「喉が赤くて咳が出ないんなら、肺炎の疑いもあるね。とりあえず、熱を下げる薬を出します」と淡々と話して終了。その日のうちに、熱はそれなりに下がりました。

 

しかし、翌日は足の裏が火傷をしたようにあたくなり、歩くのもきつくなりました。。

夕方には、手にも発疹が出てきて「これはいよいよおかしいぞ」ということに。

大人はかかる確率が10%という『手足口病』の可能性が濃厚になってきました。

 

翌日、別の内科に行ったところ、足裏と喉を見た先生が、

開口一番「うん、手足口病だね。お子さんいる?いたら、先週くらいに発症したんじゃないの」と。こちらは、「Yes!高須クリニック」といわざるを得ない状態に。。。

 

さらに、「手足口病はウイルス性のため、抗生物質はあまり効きません。ていうか、前のドクターは、なんでこの薬を出したのやら…」とモヤモヤしだす始末。。。こっちも一緒にモヤモヤしちゃいました。

 

ここのお医者さんからは、「手足口病は、とにかく『辛抱!』」という金言と処方箋をいただいて家に帰りました。

 

ま、発疹は熱が下がってからでてくるものなので、前のお医者さんは見つけるのが困難だったかもしれませんが、手足口病かなぁからいは言ってほしかったところです。。

 

ともあれ、喉がすごく痛い(物を飲み込むのが困難)のと、足裏が痛いのは、どう転がっても変わらないので、とりあえず治るまでは気楽に行こうと思ったのでありました。

 

ちなみに、おとなの手足口病は、子供の5割増で痛いとか。。。おそろしや、おそろしや。。

 

 

 

2017-2018シーズンのマラソン大会出走予定

2017-2018シーズンの

マラソン大会出走予定を軽くまとめてみました。

 

2017/9/30(土)ベジタブルマラソン in 彩湖(初出場)

⇒あつぎハーフの調整を兼ねて出場することに。

 参加賞は野菜らしい。

 

2017/10/22(日)あつぎハーフマラソン(2年連続2回目)

⇒前回は16kmから失速するも2時間以内で完走。

 今年は1時間55分以内を目標に。

 

2017/11/19(日)勝浦鳴海10マイル(2年ぶり2回目)

⇒前回は登り坂で撃沈し。。。

 今年は1時間25分以内を目標に。

 楽しみは、レース後のタンタン麺♪

 

2017/12/3(日)板橋ハーフマラソン(初出場)

⇒荒川河川敷沿いのコース。

 11月末の小江戸川越ハーフマラソンの出場が危ういので

 とりあえずこっちにエントリー。

 

2018/1/6(土)30kmレース(出走予定)

青梅マラソンに備えて、

 鶴見川での30kmレースに申し込むかも。

 

2018/1/28(日)杉戸新春マラソン(出走予定)

⇒出走すれば6年連続6回目の出場となる。

(今までは、4.1295kmで2回、10kmで3回出走)。

 

2018/2/17(日)青梅マラソン(出走予定)

⇒今シーズンの一番の目的、30kmレース。

 坂が多いとこではあるけれど、まずは応募のクリック合戦に

 勝てるようがんばります!

 ※出走できなかった場合は、翌週に開催されるはずの

  ふかやハーフに申し込む予定。

 

2018/3 ねりまこぶしハーフ(出走予定)

⇒2017年の途中棄権のリベンジは、何が何でも果たします!

 

とりあえず、こんな感じでしょうか。

スケジュールの都合で、小江戸川越マラソン、小川和紙マラソン、

ふかやハーフマラソン、加須ハーフマラソンに出れないのは

結構痛手ではあるけれど・・・。

 

30kmレースは、もう1レースくらい出たいところ。

2018年4月に開催される(はずの)小山思川30kmが狙い目かも?!

 

 

ランニングシューズを買い換えました(ミズノ ウェーブライダー20)

現在使っているランニングシューズ(ウェーブライダー19)の

走行距離が500kmを超えました。

そのためか、だいぶいろいろな個所にボロが出てきてしまっていました。

(買ってから1年くらいしか経ってないのに・・・)

 

かかとが擦れまくっていたり、

 

一部がけっこう擦れてしまったりとか。。。

 

まだまだ十分に使えるとは思うのですが、

故障のもとにならないように、このたび新しいシューズを買いました。

 

前と同じミズノの「Wave Rider (ウェーブライダー)」シリーズの20代目

ウェーブライダー 20」です。

 

 

気がつけば、このシリーズがすっかり気に入ってしまったらしいです。

 

色は先代と同じような感じなのですが、

つま先が細くなっているように感じました。

 

右が先代のウェーブライダー19で、

左が今回購入したウェーブライダー20。

 

お店で見た感じでは、ウェーブライダー20は他のシューズより

多少がっしりしたように見えていたのですが、

先代と比較すると細くなっているのがわかりました。。

 

でも、履き心地は変わらず。

お店で試し履きしたときに「そうそう、この感じ♪」と

思わず言っちゃったくらいなので(お店のお姉さんは、笑ってましたが)。

 

1年間で500km(レースを含む)走ってたということは、

1か月平均で約40km走ってたということになるので

それなりに走っていたことに気がついた、

夏の日なのでありました。

 

リハビリがてらに走ってみる

3月に練馬こぶしハーフマラソンを途中棄権し、

4月はなんだなんだで痛みが抜けず、

5月はカゼひいたりはやり目を患ったり。。。

てなわけで、走ることがほぼほぼできませんでした。

 

6月になり、はやり目のほうは全快したとの診断も受けたので

久しぶりに走ってみました。

 

ただ、すごく久しぶりに走るので

まずは様子見ということで軽いジョグに。

 

10kmに満たない距離、かつキロ6分というのんびりしたペースでしたが

足はほぼ痛くならずに走り切れました。

f:id:sandplover_petro:20170605001920j:plain

あとは、何とかして平日に1回は走れるようにすれば

ヨイのかな、と(5kmくらいでもヨイので)。