新・クマックマのダラダラダイアリー

新・クマックマのダラダラダイアリー

今日も元気に、のび~のびと!

ためしにインターバル走をしてみる

 

インターバル走といっても、結構ゆるいほうだったと思うのですが、

それでもかなり疲れました。。。

 

1.インターバル走(10/4実施)

  光が丘公園の400メートルトラックがあったので、

  ひとまず走ってみました。

  ペースとかがよくわからんかったので、

  「1キロ走って5分休む」のペースでやってみました。

    タイムは、こんな感じでした。

    1回目(4:42/1km)

    2回目(5:05/1km)

    3回目(4:43/1km)

    4回目(4:50/1km)

  全力(というか80%くらい)で走っても、息があがるもんだなと。 

 

2.インターバル走(10/9実施)

  光が丘公園の400メートルトラックにて。

  今回は、「1キロ走って3分休む」のペースでやってみました。

   タイムは、こんな感じでした。

    1回目(4:28/1km)

    2回目(4:41/1km)

    3回目(4:51/1km)

    4回目(4:51/1km)

  インターバルを5分にしても、3分にしても、

  今のところは(タイム的には)そんなに変わらない感じが。

 

1分のインターバルくらいで、キロ4:30で走れるようにしないと、

スピードはつかないのかな、と。

 

土のトラックがあるという立地条件をフルに使えば、

週1でもできないことはないかと思います(だいたい練習は1時間で終わるし)。

次回は、1km(2分30秒のインターバル)を5回はやりたいところです。

 

久しぶりにゆっくりでないペースで10km超を走ってみる

この日は、ゆっくり走ることを意識せずに

久しぶりに自分の走りたいペースで走ってみました。

(今までは、暑さとか距離とかを気にして、ペースを落とし気味にしてました)

 

参考になったのは、ベジタブルマラソンのゲストランナーだった

サイラス・ジュイさんのインタビュー記事、および松本翔さんの書籍です。

 

まずは、ベジタブルマラソンのゲストランナーだったサイラス・ジュイさんの

インタビュー記事(要約)

「タイムを気にするよりも、(自分の)ピッチを気にしたほうがいい」

 

同じく、ゲストとして来られいていた松本翔さんの書籍(要約)

「キロごとのタイムを気にしすぎると、頭も疲れちゃう。

 それと、頑張って目標タイムを目指しすぎると、フォームも崩して

 結果としてケガもしてしまう」

 

それでも、走り始めはどうしても遅く入ってしまうんです。。

でも、走ってる途中に、少し頭がクリアになってきて、

「ゆっくり走ってると、無駄なところに力が入っちゃうのかも」と思うように

なってきました。

それで、途中でばててもいいんで、ピッチを気にして走るようにしました。

 

この日のコース自体にアップダウンが少なかったのもあると思うのですが、

結構気持ちよく走れるんですよね。

結局、基本はキロ5:30以内でまとめることができました。

(坂が増えるところはさすがにキロ5:30は超えましたが)

f:id:sandplover_petro:20171008212904j:plain

 

f:id:sandplover_petro:20171008212938j:plain

 

もちろん、このペースのままでハーフマラソンを走り切れはしないでしょうが、

いいピッチで気持ちよく走れるという部分ではヨイ走りだったのではないか、と。

 

でもそうなると、悩みもひとつありまして。。。

抑えめに走るっていうのがあんまりできなくなるんですよね。

ゆっくり走っても、普段の力が変なところに抜けてしまい、

効率の悪い走りになってしまいますし。。。

 

 

第26回ベジタブルマラソンin彩湖に参加してみる

2017-2018シーズンのマラソンはじめとして、

前から興味があった「ベジタブルマラソン」に出てみました。

場所は、ウチから思いのほか近い彩湖(車があれば20分で着く)。

 

8月は「手足口病がー」とか「仕事がー」という理由で、

9月は「天気がー」とか「予定がー」といった理由で

ろくすっぽ走れていませんでした。

なので、目標は以下としました。到ってフツーです。

 

  1. キロ6分で走ること。
  2. 2時間10分以内で走り切ること。
  3. 故障等のトラブルを起こさないこと。
  4. 歩かないこと。
  5. 参加賞の「おやさい」を忘れずに受け取ること(笑)。

 

 

コースは、彩湖を4周するコース(1週目に調整が入ります)。

ざっと、こんな感じでした。

1週目:まあいい感じでした。キロ5:30~5:45。

⇒6.5km付近で、ゲストランナーのサイラス・ジュイさんに抜かれる。

 まるで弾丸だった。もんげー速かった。

 

2週目:引き続き、まあいい感じでした。キロ5:35~5:55。

⇒変わったところは特になし。いたって快調♪

 

3週目:少し足が出なくなってきました…。キロ5:45~6:15。

⇒少し右足ふくらはぎに違和感を感じるようになる

 

4週目:完全に失速。20km地点で歩いてしまう。。。キロ6:12~7:20

⇒歩いたので多少は体力温存できたためか、

 違和感が少しあった右足ふくらはぎは攣ることなくゴール…。

 

以下、今回の手元の記録(距離が多少少ないけれど、誤差の範囲内かと)です。

まずは、スタート~10kmまで。

f:id:sandplover_petro:20171001195418j:plain

 

次に、11km~ゴールまで。

見事なほどの失速です。。。

f:id:sandplover_petro:20171001195500j:plain

 

自分の失速もさることながら、記録を見て

細かいアップダウンが以外にあったようでビックリでした(321メートルあったらしい)。自分でも実感わかなかったんで、一応こちらも貼りつけときます。

f:id:sandplover_petro:20171001195612j:plain

 

で、正式タイムは

2時間6分2秒(ネットタイムは、2時間5分22秒)。

歩くことがなければ、ネットタイムの2時間5分切りは狙えたのかもしれません。

ちなみに気温は、22℃だったようです。案外暑かったのかもしれません。

 

というわけで、今回の目標は達成できたのでしょうか???

  1. キロ6分で走ること。⇒OK(ちょうどキロ6分)
  2. 2時間10分以内で走り切ること。⇒OK(ネットタイムは2時間5分22秒)
  3. 故障等のトラブルを起こさないこと。⇒多分OK(筋肉痛のみ)
  4. 歩かないこと。⇒NG(19~20kmにかけて2回歩いてしまった)
  5. 参加賞の「おやさい」を忘れずに受け取ること(笑)。

というわけで、参加賞の「おやさい」を触れるのを忘れてました(笑)。

 

結構色々入ってました☆今までで最も家族に喜ばれる参加賞でした!!!

 

帰りがけに「キロ表示がしっかりしてない」とか「野菜が思ったより重いから、来年は参加しない」とか言ってる初老のランナーさんがいました。

別に自分は大会運営側の回し者とかじゃありませんが、一応わたくしめの感想を。

 

大会運営自体は、しっかりしていたと思います。

以下、大会に参加した印象を。

 

1.給水が彩湖1週につき3ポイントくらいあるのは正直嬉しいです。

  バテたなりに、計画をもって給水できました。

2.キロ表示は、見てないほうが悪いレベルかと思います。

  1kmごとにちゃんと表示されていました。たまに、木に隠れがちな

  ところもありましたが、そこは公園内なので仕方がないレベル。

  今まで数回のハーフを走ってきた中で、最もしっかりしていたように

  思えます(彩湖なのでキロ表示はしやすいのかもですが)

3.野菜は、重いといえば重いです。それが嫌なら来ることはないのか、と。

  そもそも、マラソン参加賞の趣旨がわかってきているはずなので。

  ウチなんか、初めから「野菜頑張ってもらってきてね(笑)」と言われて

  ましたし。

4.冷凍ミカンサービスが、地味にうれしかったです☆

  あの冷たさが、レース後にはたまりません!!

 

あと、ゲストランナーのサイラス・ジュイさんと、松本翔さんのすごさを

知らずに臨んだのが悔やまれるところです。

 

サイラス・ジュイさんって、ケニアのものすごい方だったんですね。

家に帰ってからネットで調べたら、面白いインタビューがありました。

とても参考になるところ(なかなか実現できないかもですが)があったので、

できるだけ頑張って取り入れていきたいものです。

(次ゲストランナーでいたら、写真撮ってもらおう(ボソッ))

ケニア人ランナーのサイラス・ジュイ選手に、日本で走る理由を聞いてみました。 | BROOKS

 

あと、松本翔さん。

東大時代に学連選抜で箱根を走られていた方だったそうです。

「どっかで名前聞いたことあるな~」と思っていたのですが。。。

今後は、陸上のアンテナも張らないといけませんね。

 

 

 

もうちょい自分のレベルが上がったら、月に何回か代々木公園で行っている

練習会にも参加したいものです。

 

あとは、10/22のあつぎマラソンに向けて練習するのみです!!!

(というか、衆議院選挙と重なるんで中止になるかもですが・・・)

 

湖池屋の株主総会に行ってみる

最近、株主総会なるものに行ってなかったので、

久しぶりに株主総会に参加してみました。

 

この日参加した総会は、ポテトチップスの湖池屋さん。

開催場所は、池袋のメトロポリタンホテル。

本社機能がな成増にあることを考慮すると、

まぁ妥当な開催場所かと。

 

普段は、自分の会社の社長さんすら見る機会がないので

他社の社長さんの話を生で聞けるのは、色々な意味で貴重。

 

受付でお土産(湖池屋製品4種類)をいただきました。

プライドポテト、ドンタコス、新商品っぽいもの、

それと定番のポテトチップスをいただきました🎵

株主初めてそれなりに経つけれど、今まで貰い損ねていた

湖池屋製品を頭に思い浮かべてしまいました。。。

 もったいないことをしてたんだなぁ、と。

 

総会会場前では、新商品たちが株主をお出迎え☆

 
f:id:sandplover_petro:20170927121049j:image

 

総会自体は、そんなに紛糾することもなく無事終わりました。

 

以下、質疑応答の内容を。

(だいたいこんか感じだったか、と。内容の保証はしかねます)

 

1.馬鈴薯調達のリスクヘッジは?

 →現在は北海道産が8割を占めているけど、九州のほうから調達しようとしている。

 

2.日清食品の株保有比率がかなり高くなってるけど、これって日清食品の子会社に

  なったということ?

 →そういうわけではない。「日清食品グループ」という認識でいる。

  日清食品と組むことのデメリットより、メリットが大きいと認識している。

 

3.株価が購入しづらく(購入単価が50万程度)なっているが、

  株分割とかは考えているのか?

  →現状は具体的な計画はない。ただ、「そろそろかな」という認識はある。

 

4.実店舗での展開は考えているのか?

  →面白いなと思うし、構想自体は賛成。ただ、具体的計画はない。

 

5.ポテトチップスの袋の裏側に、料理のレシピとか書いたらどう?

  →ポテトチップスを粉々にして、シーザーサラダに振りかけると美味しいところまでは

   わかっている。機を見てやっていきたい。

 

6.日清食品とのコラボ商品は、尻切れトンボになったの?

  →ポテチショックの影響でストップしていたのは事実。

 

7.ピンキーは、どうなっちゃったの?

  →ライバルが相当に強い。。。ジリ貧なのは確か。

   なかなか厳しい面もあるが、現在策を練っている。

   工場の生産ラインの減価償却は終えているので、思い切ったことを

   やってかないといけない。

 

8.湖池屋の広告宣伝費はどれくらいかけてるの?売上の3%とか?

  →利益を確保できる範囲でかけている。現状、1.5%以下。

 

9.株主に「事前にこういうCMやる」とかいう報告はないのか?株主を軽視している。

  →CMは、放映直前でないと正式決定できない事情がある。株主を軽視していることは

   断じてない。

 

10.新役員の選任理由を。あとは、選任された際には決意表明とかしてほしい。

   →日清食品と流通で協働するため、現取締役の後釜、アドバイザー的立ち位置など。

    決意表明の時間はないが、選任後に一言もらう予定となっている。

 

11.明治の「カール」のように販売しなくなった商品の販売権をもらうことはしないのか?

   →現実的ではない。カールのような食感をした食品を再現できないか、は調査している。

 

12.湖池屋では、株主懇親会的なものは行わないのか。日清食品ではこの種のものがあり、

   ざっくばらんに話ができ、試食コーナーもあり、とても満足できた。

   →前向きに検討する。

 

9.とか12.の質問は、単なる自己満でしょう。。。

ていうか、CMの事前報告なんて、社員にだけやっとけばよいものじゃないか、と。

 

ちなみに9.の質問者のかたは、回答をきいたあとで

「なんでわからんのかね、この会社は」というリアクションを

とってっました。。。

現役社会人のわたくしに言わせれば、質問者の方がわかってなさすぎ。。。

 

12.は、ある程度はわかります。お腹いっぱいになりたいっていうのとか、

「オレは社長と話してきたんだぞ、どや!」という感じで周りに言いふらすのが

目に見えてるんでねぇ。。。ま、9.よりは全然カワイイ内容です。

 

とにもかくにも、湖池屋のみなさま、お疲れ様でございました。

これからもコンビニでポテチを見かけたら、第一候補とさせていただきますので

引き続き美味しいお菓子を作ってくださいね。

 

 

DAZNでNFLのダイジェスト放送を見てみる

Jリーグの放送で何かと騒がせたDAZN

 

ダウンロード不可 and 視聴可能日が短いといった

不満事項は多々あるものの、スカパーより見れるというのが現状

(テレビの大画面では見てないので、画質等はよくわからない)。

むしろ、ACLの放送権も日テレからぶんどって欲しいくらいである。

 

そこで、今まで見れていなかったサッカー以外のスポーツを

DAZNで見てみることにした。

 

DAZNではいろいろなスポーツを放送しているが、

その中でも自分が見たかったのはNFL

 

DAZNでのNFL放送は、1節につき5試合。

すごく多いというわけではないが、NFLに関してはライトな層の自分には

十分と言える。

 

NFLは、1試合をまともに見たら3時間くらいかかってしまう。

そのため、ハイライトで見ることにした。

 

「ハイライトだから、どうせ10分くらいでまとめられてるんじゃないの?」と

思っていたのだが、そこは大きく予想が外れることに。

1試合につき、40分程度あったのだ(画像右下が、ダイジェストの時間)!

 

純粋にプレーしているところだけを集めているので、

正直展開は速い。結構集中していないと、2つのプレイくらいは普通に見逃す。

とはいえ、仕事から帰ってきた後(または子供の世話の合間)に、

まとまった時間(3時間)を作ることはほぼ不可能。

 

ただ、「できるだけ多くのチームの試合を見たい」と思っている自分にとっては、

とても重宝するダイジェストだと思う。

 

NHKの放送予定がどうなっているかはわからないけれど、

今年は少しはNFLを見れる時間が増えるのではないかな、と。

タブレットでこんな風に見れるのは、手軽に見えてヨイと思う)

 

あと、実況アナウンサーによる選手説明とかは、すべて差っ引かれている。

そのため、選手名鑑がないと誰が誰だか全然わからない。

そこんとこがキツイかな、と。

 

2017年9月初のランニング。。

手足口病の余波や、その他イベントに忙殺されたため、走る時間がなかなかとれない日々。。

 

やっとこ時間が取れたので、平日夜に走ってみました。夜は涼しくなったんで、まぁ走りやすいこと☆

 

こんな感じのランニングなのでした。


f:id:sandplover_petro:20170920234322j:image

 

平日は、たとえ5kmであっても、

週2回は走りたいとこです。

谷川岳に登ってみる

日本100名山のひとつ、谷川岳に登ってみました。

 

本格的な登山は、2017年に入ってから初めてでした。

(というか、2016年も登山っていうほどの登山はしていない)。

 

谷川岳には2012年あたりに登ろうとしていました。

ただ、その日は谷川岳ロープウェイが混みすぎていたので、

谷川岳に登る気が失せてしまいました。

そのため、そばにある白毛門という山に登りました。

(その白毛門からは、キレイな谷川岳がたんまり見えました)

 

今回の谷川岳登山は、

「5年越しでその夢をかなえた」ことになります。

 

この日も、いつもの師匠どんぐりさんについていきました。

 

この日は列車での移動だったため、谷川岳ロープウェイの最寄り駅

「土合」に向かいました。

土合駅は、下りホームがすごい地下(462段+α)にある駅です。

普段は人っ子一人いないような駅(周囲に民家なし)なので、

乗降客なんていないのです。

ただ、休日+青春18きっぷの有効期間内ということがあり、

この日は結構な人数が降りていました。

 

462段を登り切った後に、この看板がありました(笑)。

 

そんな感じで、土合駅を出発したのが、8:50ごろ。

坂道を歩いて20分ほどで、谷川岳ロープウェイの駅(土合口駅)に着きました。

ロープウェイは、ほぼ待つことなく乗れました。

乗車時間は15分ほど。

一緒に乗車した方たちの話(かなり面白い)を聞いていたせいか、

あっという間の15分でした。

 

登り始めから熊穴沢避難小屋までは、約40分ほど。

林の中を歩く感じでした。

木道はあるけれど、壊れかけているものも多くありました。

やっぱり、訪れる人数が普通の山とは違うのでしょう。。。

 

10分ほど休憩をとったあとに、山頂に向かいました。

ここからは、ゴツゴツした岩場が現れてきます。

それと同時に風も少々感じるようになってきて。。。

 

進行方向左側には、万太郎山という別の山がキレイに見えました。

緑色のコントラストがホントにきれい☆いつかは登ってみたいところ。

 

ちなみに目的地の谷川岳は、下の写真の一番奥になります。

 

そして、頂上までの中間地点である「天狗の溜まり場」に到着。

熊穴沢避難小屋からは約30分ほど。

天狗の溜まり場には、結構たくさんの方がたまっていたので、写真だけ撮って

通過しました。

 

山頂付近の山小屋「谷川岳肩の小屋」を通過し、天狗の溜まり場から15分程度で

頂上のひとつ「トマノ耳」(1963メートル)に到着しました。

案の定、頂上はガスっていました。。

画像は、もうひとつの頂上「オキノ耳」です。

※注意;谷川岳は「双耳峰」といい、頂上が2つあります。

 

頂上が曇っていたこともあり、オキノ耳まで行く気はあまりなかったのですが、

師匠のどんぐりさんにうながされ、とりあえずオキノ耳まで歩くことに。

 

そして、たどり着いたオキノ耳はというと・・・。

案の定曇ってました(笑)。

トマノ耳からオキノ耳までは、10分程度でした。

 

オキノ耳から肩の小屋に戻る途中に、ゴンドラで一緒になった

愉快な3人組とすれ違いました。

 

愉快な3人組のひとり:

「あ、ゴンドラで一緒になった方ですよね?頂上まであとどれくらいですか?」

 

 

クマックマ:

「あと5分くらいですかね~!頑張ってくださいね♫」

 

 

  愉快な3人組のひとり:

  「ありがとうございます~!では、また帰りのゴンドラで(笑)」

 

 

  クマックマ:

 「了解です!お待ちしてます(笑)」

 

 

12:30頃に、肩の小屋に到着しました。

いつも通りのジェットボイルで山ご飯をしまして、13:20くらいに下山開始。

 

下りはそんなに休むこともなく、往路を引き返しました。

谷川岳ロープウェイの天神平駅についたのが、14:50ころ。

下山で多少渋滞にはまったので、1時間半くらいかかってしまいましたが、

まぁこんなもんかと。

 

行きには落ち着いて見れなかった白毛門や朝日山もしっかりみえました。

(手前がたぶん白毛門、奥の雲をかぶってるのが朝日山)

 

しばらく山らしい山に登っていなかったせいか(2015年7月以来の

日光白根山以来登ってなかった)、

思いがけず頂上付近でバテてしまったのが残念です。。。

ただ、下りはまぁ普通に下れたのでなんとなくペースを思い出してきたのかなと。

 

これで、日本100名山のうち5つを登ったことになります。

両神山大菩薩嶺会津駒ケ岳、日光白根山、そして谷川岳

のこり95個。次はどこに登りましょう?